『FFXIV』声優田中理恵さんは毎晩アレキ零式2層を練習中! 14時間生放送より

 2015年8月22日に放送され、大好評のうちに幕を閉じた『ファイナルファンタジーXIV』の正式サービス2周年を祝う14時間生放送。声優の田中理恵さんが艶やかなコスチュームで登場した、スペシャルゲスト トークコーナーをたっぷりと振り返る。

●サベネアンビスチェ姿が眩しすぎるッ!

 2015年8月22日に放送された、『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)の14時間生放送。このなかで、『FFXIV』に縁のあるゲストを招いてトークをくり広げる、スペシャルゲスト トークコーナーが催された。ゲストが誰なのか直前まで伏せられていたなか、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏とコミュニティチームの室内俊夫氏が「画面に注目!」と前置きして招き入れたのは、双蛇党の党首カヌエ・センナと蛮神ガルーダの声を演じる声優の田中理恵さんだった。

 田中さんは『旧 FFXIV』からの熱心なプレイヤーであり、『FFXIV』関連のイベントに幾度となく出演されているため、ファンにはおなじみなのだが、今回はそのコスチュームがすばらしかった!

▲プレイヤー垂涎の装備、サベネアンビスチェ一式で登場した田中理恵さん。製作に3週間ほどかかったという力作で、かわいい猫耳と艶やかなツインテールもすべて自髪だとのこと。

 その姿から『FFXIV』の拡張パッケージ『蒼天のイシュガルド』を心から楽しんでいることがひと目でわかる。ガチプレイヤーだからこそとび出す鋭い質問は、「まるでカヌエ様がガルーダに豹変したかのよう」とよく例えられ、今回も吉田氏は戦々恐々の様子だった。ここからは放送でのトークや質問についてふり返ろう。

●『蒼天のイシュガルド』のメインストーリーを遊んで

田中理恵さん(以下、田中) ネタバレになるのであまり詳しいことは話せませんが、オルシュファンのことっていつぐらいに決定されていたんですか? ボイスの収録で知ってはいたんですけど……。

吉田直樹氏(以下、吉田) この話は、いままでできるだけ触れずにきていたんですけど(苦笑)。パッチ2.2と2.3のあいだでそれぞれのキャラクターの命運はすべて決めてありました。そこに向かってプレイヤーとの距離を決めていたので……。皆さんのご意見にあった、「人気が出たから」ということはないです。

田中 暁の血盟のメンバーはどうなっていますか?

吉田 ヤ・シュトラはプレイヤーに助けられていますが、さすがに矢を受けた人はどこかで倒れてしまっているかもしれませんね……。

田中 まだそのへんはグレーな感じですか?

吉田 グレーですかね……。収録するときに田中さんはカヌエ様の設定は聞くじゃないですか。でも、その周囲のことは完全封鎖されているんですよ。

田中 私はゲームをプレイする側でもあるので、全部知ってしまうと、やっぱり楽しみがなくなるので……。完全封鎖の状態で収録したこともあったのですが、以前、わからないときびしいなと思って、祖堅さん(サウンドディレクターの祖堅正慶氏)に「ざっと教えてください」とお願いして……。

吉田 これだけ毎回収録にご参加いただいている田中さんですら、まだ暁のメンバーがどうなっているかをご存知ないという……。

田中 そこは知らないです。

吉田 ですよね。これからですね。

田中 楽しみにしています。

室内俊夫氏(以下、室内) ほかには何かありますか?

田中 アイメリクはこれから、どのくらい登場するのかなという。

吉田 アイメリクはイシュガルドを引っ張っていかなきゃいけないキャラクターなので。ただ、そんなに簡単にはいかないかな。『蒼天のイシュガルド』のテーマである1000年間続いている人と竜との戦争を、今回の事象でそんなに簡単にみんなが割り切れるわけではないので。そのあいだに立つアイメリクの悩みであったり立ち位置は、今後注目していただきたいと思っています。

●『蒼天のイシュガルド』のメインストーリー以外について

田中 機工城アレキサンダーの零式が実装されるまでは、やっぱり極蛮神をプレイしていました。極ビスマルクもやったんですが、極ラーヴァナは相当周回しましたね。最初のうちは、ラーヴァナの武器を取らないとアレキのノーマルもきつかったので……。

吉田 1回挑戦したら、だいたい何周くらいさるんですか?

田中 宝箱から出るものがぜんぜん出ないんですよ。「希望の武器はなかったんですよ」っていうくらいの出なさっぷりで。私が行ったときは、占星術師の武器が何回も出て。失敗したものも入れて、けっきょく40周以上はしていますね。

室内 田中さんって、何ジョブくらいされるんですか?

田中 戦闘職はまだ2ジョブですね。白魔道士と竜騎士がレベル60です。

室内 ラーヴァナ武器は、もう両方ゲットされたんですか?

田中 両方持っています。

吉田 ……田中さんの場合、「やっている」のレベルが、ジョブがカンストしているというだけじゃないんだよね。

田中 禁書装備で行っているので……。

吉田 お仕事がハンパじゃなくお忙しいのに。

田中 そんなことないんですけど、やっぱり『FFXIV』って、私の中で生活の一部なので。ログインして遊びたいというのがありますし、癒しでもあるので……。

室内 かねてからの疑問だったんですが、田中さんの1日の暮らしは、どうなっているんでしょう?

田中 早いときは5時半とかに起きて、まずモブハントをしに行きます。最近でこそ少し空いてきてはいますが、少し前だと夜のゴールデンタイムは、もうぜんぜん。モブが溶けちゃうんですよね。でも、早起きするといっぱい取れるんです。朝食の準備をして、眠くなければ仕事前にダンジョンや討滅戦に行くという。

吉田 仕事前にきっちりこなしていらっしゃいますね。

田中 いま禁書が大事なので! そのあと仕事に出て、18時~19時に帰ります。それで、夕飯を食べます。……21時半くらいからまたログインします。なぜなら22時からアレキ零式を毎日やっているので。

吉田 その30分前には正座待機みたいな?

田中 正座待機ですね。心を落ち着けて、薬品や食事の準備をして。うまくいけば22時から始めて、24時半から25時くらいまではずっと練習してます。

吉田 ちょっと待ってください。それ、睡眠時間が4時間とか4時間半になってますよ?

田中 そうなりますね、ハイ。

吉田 ……想像以上でした。

田中 たまにフレンドさんに「早起きだね」って言われることもあります。だから、「お互いにね」って言います(笑)。「何してるの?」って聞くと、「クラフターやってます。朝早く起きたほうが冴えてるんで」って。そんな会話をしつつ、私はモブハントへ行って……。

室内 すべてキッチリしているんですね。時間を決めて区切りをつけるって、けっこうたいへんなことだと思います。

田中 やり続けたいんですけど、リアルも大事なんです。

吉田 『FFXIV』をプレイしているお話もほぼリアルでしたね(笑)。これが開発チームだと逆のパターンです。僕らって、デスクワークをしているスタッフが多いじゃないですか。僕は打ち合わせが多いのでそうでもないんですけど、みんな会社からログインしっぱなしなんです。で、モブハントのアナウンスを見ると、いきなり仕事をやめて走って行ったりするんですよ。

田中 ああ、間に合わないんですよね。もうちょっとモブのHP増やして欲しいな、なんてね。

吉田 ゲーム会社のいいところは、ゲームやっていても怒られないこと。むしろスタッフに「『FFXIV』はちゃんとやれよ」と言っているので、怒れないです。

室内 モブハンならしょうがない。

田中 ……本当に、早起きは三文のなんとか、じゃないですけど。

室内 よく会う人は決まってらっしゃいますか?

田中 決まってないです。いなかったり、いたりですけど、いるときは「モブハン行かない?」って声を掛けて……。

吉田 きっと、「この人朝によくいるな」って思われてると思うんですけど。それでね、ピークタイムにもいらっしゃるから、「アレっ?」て(笑)。

室内 あいだの時間が抜けているとはいえ、5時台に見て、22時くらいにまた見るわけですから。

吉田 「もしかしたら、ずっと入っているのかな?」って。

室内 ちゃんとそのあいだは、ガッツリ仕事をされているわけですから。