参加者全員に贈られたのは「仕事をしろ」

 ドワンゴ"格ゲ部"主催の“第一回企業対抗ウルトラストリートファイターIVトーナメント”がドワンゴ本社で2015年8月30日に開催。激闘の末、スクウェア・エニックスが大会の優勝を飾った。ここでは、公式リポートをお届けする。

 以下、リリースより。


第一回企業対抗ウルトラストリートファイターIVトーナメント
28社の頂点に輝いたのはスクウェア・エニックス!

 夏休み最後の日曜日となった2015年8月30日(日)、ドワンゴ"格ゲ部"主催の『第一回企業対抗ウルトラストリートファイターIVトーナメント』がドワンゴ本社で開催されました。

 総勢28社による3on3星取り戦形式のトーナメントで行われ、長時間に及ぶまさかの(!?)ハイレベルな闘いが繰り広げられました。

 というのも、前評判では大会名からして企業PRイベントと思われていたようですが、当日蓋を開ければ・・・世界大会や全国大会での優勝経験者に上位入賞経験者、そしてウル4のプロデューサー陣も参戦というガチガチのラインナップ!

 参加者は、対戦前に自社PRと対戦相手との名刺交換を行い、その慣れた姿からしてごく普通の社会人かと思いきや・・・プレイが始まるやいなや次々と正体を現すガチ勢、さらに隠れた強豪プレイヤーたちの登場に、視聴者の興奮もヒートアップ!

 激闘の末、株式会社スクウェア・エニックスが第一回大会の優勝を飾りました。優勝チームにはトロフィーのほか優勝称号の「素晴らしい戦士」、声援を送ってくださった視聴者の皆さまに「夢のパンチ」【97WR6Z3Z2FVMJJ】、参加者全員に「仕事をしろ」が贈られました(コードは現地のみ公開)。

 また、決勝にいたるまでに予期せぬ数々のドラマも生まれました。運営であるはずのドワンゴによる進行妨害、ウル4制作陣の早期敗退、同業者同士の負けられない戦い、サーバ会社 vs デザイン会社、視聴者ほぼ全員を味方につけた京浜金属、あわや乱闘からの接吻、そして感動のフィナーレまで・・・。

 絶えず熱気に包まれた、笑いあり涙ありの8時間は12万人超のニコ生視聴者とともに大盛況のまま幕を閉じました。

※今回のイベントは、ドワンゴの業務外活動の同好会による企画で、格ゲ部(36名所属)の"杉ザン"部長から格ゲー仲間への声がけを中心に、続々と参加者が集結。結果的に参加者が勤めている会社が今回の28社となりました。
 ちなみに、大会会場のドワンゴ本社に来場されたのは、84名(28社×3名)の参加者のみならず、148名もの応援が駆けつけ、計232名の"大人の文化祭"状態、オフィスが遊び場と化しました。第二回も開催する予定です。ぜひご期待ください!

■大会結果

<優 勝>
 株式会社スクウェア・エニックス

<準優勝>
 KLab株式会社

<3位タイ>
 ガジェット通信(有限会社未来検索ブラジル)
 テコラス株式会社

<5位タイ>
 株式会社enish
 株式会社VOYAGE GROUP
 株式会社マグノリアファクトリー
 株式会社YOUDEAL

■番組ページ

・番組名:『第一回企業対抗ウルトラストリートファイターIVトーナメント』
視聴ページ

※視聴者数合計:約12万7千人(タイムシフト及びチャンネル生放送含む)
超ドワンゴ格ゲ部 チャンネル