comceptは、初の大型自社タイトル『Mighty No. 9』について、発売日の変更および、日本国内での販売がスパイク・チュンソフトに決定したことを発表した。

●全機種ともにダウンロード版での販売

 comceptは、初の大型自社タイトル『Mighty No. 9』について、発売日の変更および、日本国内での販売がスパイク・チュンソフトに決定したことを発表した。

 本作は、稲船敬二氏率いるベテラン制作陣の手により、伝統的アクションゲームを現代のエンジンで復活させることを目的とした完全新作タイトル。ゲームのみならず、実写映像作品の制作が決定するなど、さまざまなメディアへの展開でも話題を呼んでいる。

 以下、リリースより。


 株式会社comcept(大阪市浪速区 代表:稲船敬二)は、この度、初の大型自社タイトル「Mighty No. 9」について、全世界における発売日の変更を決定いたしましたのでお知らせします。また、既に公表しておりますDeep Silverとの共同パブリッシングのもと、本作の日本での販売を、株式会社スパイク・チュンソフトにてお取扱いいただく運びとなりましたので併せてお知らせいたします。

【発売予定について】
従前より、北米2015年9月15日、全世界同年9月18日発売とお伝えしておりましたが、今般2016年第1四半期(1Q:1月~3月)へと発売予定の変更を決定いたしました。変更に至った理由として、本作がPC含め10機種におよぶハードでの発売を予定している中、各機種でオンラインプレイを可能にするネットワーク関連機能の調整に時間を要したことから、品質確保を最優先とし、改めて最適な発売時期を検討した結果、2016年1Q予定としたものです。なお、具体的な発売日につきましては、確定次第お知らせして参ります。

【日本での取り扱いについて】
日本での本作の販売は、共同パブリッシングを行うDeep Silverの提携先である株式会社スパイク・チュンソフトによるお取扱いが決定いたしました。ゲームの海外販売に際しては、現地での販売網の活用を目的とした提携がしばしば行われており、欧州を本拠とするDeep Silverは、既に『セインツロウIV リエレクテッド』や『Metro Redux』等の日本での販売において、同社と提携した実績を有しております。

【日本での販売方法について】
日本国内では、全機種ともにダウンロード版での販売となります。今回、本作の販売は全てDeep Silverを通じて行われ、販売に関する計画・方法の決定も同社に一任しております。一部地域におきましては、パッケージ版の販売を予定しておりますが、現時点で日本におきましては、上述の通りに計画されております。

■スパイク・チュンソフトについて
株式会社スパイク・チュンソフト
本社:東京都港区
代表取締役会長 中村 光一
代表取締役社長 櫻井 光俊
スパイク・チュンソフト公式サイト
<代表作>
ダンガンロンパ』シリーズ
喧嘩番長』シリーズ
不思議のダンジョン 風来のシレン』シリーズ
Dead Island』シリーズ
セインツロウ』シリーズ
メトロ』シリーズ
ウィッチャ-3 ワイルドハント
テラリア』など

■Mighty No. 9について
『Mighty No. 9』は、稲船敬二率いるベテラン制作陣の手により、伝統的アクションゲームを現代のエンジンで復活させることを目的とした完全新作タイトルとして全世界での発売を予定しております。また、ゲームのみならず、実写映像作品の制作が決定するなど多メディアへの展開でも話題を呼んでおります。

ゲームの対応ハードは、Xbox One, Xbox 360, PlayStation 4, PlayStation 3, Wii U, Windows, Linux, Macの8バージョンに加え、PlayStationおよびNintendo 3DS対応バージョンの発売を予定しております。