『GUILTYGEAR Xrd-SIGN-(ギルティ ギア イグザード サイン)』で活躍するトッププレイヤーの小川さん&シャロンさんインタビュー。

●強者に聞け!

 こんにちは。格闘ゲーム好き編集者の豊泉三兄弟(次男)です。格闘ゲーム通信3回目は、新バージョンのロケテストが開催されてさらに盛り上がりを見せる『GUILTYGEAR Xrd-SIGN-(ギルティ ギア イグザード サイン)』です。今回もまたまたライターのH.Hさんに協力してもらい、あの小川さんとシャロンさんを取材! 小川さんと言えば『ギルティ』プレイヤーなら誰もが知っているであろう、暴君ですよね。そんな小川さんが、珍しく(?)マジメにインタビューを受けています。シャロンさんも古くから活躍するプレイヤーなので注目ですよ!

過去記事
※格闘ゲーム通信Vol.1
※格闘ゲーム通信Vol.2


■『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-』とは?

 アークシステムワークス開発の対戦型格闘ゲーム。2D格闘ながら、3Dを用いた映像表現がなされているのが特徴。あらゆる行動のスキをなくすことができる“ロマンキャンセル”を用いた自由度の高いゲーム性が魅力的なタイトルだ。2014年2月に『ギルティギア』シリーズの最新作としてアーケードに登場し、同年12月に家庭用が発売。2015年3月にはアーケード版に家庭用キャラのシン、エルフェルト、レオの3キャラを加え、併せてバトルバランスや操作性改善が施されたver1.10が稼動。今年7月にはアメリカで開催される世界最大規模の格ゲーイベント“EVO2015”のメイン競技タイトルに選ばれ、8月にはメーカー公式大型大会“あーくれぼ2015”が開催予定など、夏に向けて盛り上がりが加速している。

●今回お話をうかがったふたりの強者

小川
 メインキャラはザトー=ONE。言わずと知れたギルティ界の暴君。ザトーの特殊移動方法である飛行を用いた立ち回りと、同時操作するエディとの複合攻撃を駆使したコンボやセットプレイが得意。圧倒的な実力と本人の溢れんばかりの魅力で国内外に多くのファンを持つ。最近は海外大会への参戦を視野に入れており、さらにザトーをやり込んでいる。

 小川さんの使用するザトー最大の特徴は、エディを召喚することで2対1となる戦法。エディを自由に扱うためにはボタンホールドを用いた操作が必要であり、ザトーと同時操作する際には2キャラを扱う特殊な視点がプレイヤーに求められる。使いこなすには高い熟練度が必要とされるキャラクターだ。

■主な大会実績
格闘維新 GGXX#R部門 優勝
闘劇05 GGXX#RELOAD部門 優勝
GGXX#RELOAD全国大会 GUILTY GEAR GIGS 優勝
闘劇07 GGXXAC部門 優勝
闘劇08 GGXXAC部門 ベスト8
闘劇10 GGXXAC部門 優勝
闘劇11 AQUAPAZZA部門 ベスト4
闘劇2012 特別予選 ニコニコ超闘劇 AQUAPAZZA部門 準優勝
Northwest Majors VII(アメリカ) GGXrd部門 優勝

シャロン
 メインキャラはエルフェルト。『ギルティギア』シリーズで名を馳せる古豪。多種の格闘ゲームをプレイするゲーム好きで、『北斗の拳』や『ストリートファイターIV』シリーズでも大きな大会で結果を残している。一時期は格闘ゲームから離れていたが、『GGXrd』の稼動を期にアーケードに復帰。初期はラムレザルを使っていたが、最新バージョンでは家庭用から参戦したエルフェルトを使用して活躍している。

 シャロンさんの使用するエルフェルトは、ドレスタイプの衣装をまとい、2種類の銃を(ブーケやシャンパンも!)武器に戦う女子力が高いキャラ。時間差で爆発する手榴弾タイプの飛び道具を布石にした立ち回りや、2種類の構えからの派生攻撃が特徴的。構え行動ではマスケット銃やショットガンを装備し、遠距離射撃やコマンド投げが使用できるなど、豊富な攻撃手段を持つ。

■主な大会戦績
闘劇04 GGXX #RELOAD部門 優勝
闘劇06 北斗の拳部門 ベスト8
カプコン公式 スパIV AE X スパIV 3D EDITION 春の陣 優勝
KSB前夜祭 3on3大会 GGXrd部門 準優勝
KSB2015 GGXrd部門 9位