気分は“処刑人”! 『サイコブレイク』追加DLC第3弾『ザ・エクセキューショナー』をプレイ

新たなゲーム性を体験できる『サイコブレイク』追加DLC第3弾『ザ・エクセキューショナー』のプレイインプレッションをお届け。今度の主人公は、なんと“キーパー”!

●あの“キーパー”がプレイアブルキャラクターに!

01

 2015年5月27日より配信が始まった『サイコブレイク』追加ダウンロードコンテンツの第3弾、『ザ・エクセキューショナー』。キッドをプレイアブルキャラクターとして使用できる第1弾『ザ・アサインメント』、第2弾『ザ・コンセクエンス』とは異なり、このコンテンツでは本編で強烈なインパクトを残したクリーチャー“キーパー”が操作できる。しかも、シリーズ初の一人称視点で描かれる『ザ・エクセキューショナー』の戦いかたは、本編はもちろん、いままでの追加DLCとも大きく異なることになった。本編で苦しめられた敵キャラクターを操作し、襲いかかる敵を正面から迎え撃つという、“ザ・エクセキューショナー(処刑人)”の名に相応しい内容となっている。そんな本作のプレイリポートをお届けしよう。


●これぞ“処刑アクション”!

 『ザ・エクセキューショナー』のゲームジャンルは、言うなれば“処刑アクション”。タイトなゲームプレイが求められる本編とは打って変わり、派手で爽快なアクションが楽しめるようになっている。キーパーが駆使するのは、本編ではおなじみの有刺鉄線トラップやハンマーだ。すでに公開されているゲームプレイトレーラーでも明らかになっているように、チェーンソーなどの武器も使用可能。近接用武器は、いままでのシリーズにはない要素として、新たにアップグレードができるようになっている。プレイヤー=キーパーは、これらの武器を利用して、クリーチャーを撃破していくことになるのだ。敵の倒しかたも、通常武器での攻撃から、有刺鉄線トラップで足止めしてからの処刑など、じつに多彩。気絶した敵に実行できるフィニッシュ攻撃には、モーションがいくつも用意されているので、思う存分楽しんでほしい。


02

▲処刑アクションはいくつもあり、使用する武器も異なる。

 さらに『ザ・エクセキューショナー』では、ひるんだ敵をつかむというアクションが搭載されている。この“つかみアクション”により、本編とは違う新たな楽しみが生まれているのだ。たとえば、敵を軽々と片手でつかみ、ステージに設置された回転する刃へ投げ込んでしまえば、敵を一撃で倒せる。ホーンテッドに絶望を与える、この圧倒的な力の差! キーパーになったからこそできるアクションは、やり応えも抜群だ。


03

▲つかんだ敵は、任意の方向に投げることが可能。

●ボスVSボス戦が熱い! ジョセフ戦も!?

 『ザ・エクセキューショナー』において敵となるのは、ホーンテッドだけではない。チェーンソーを持ったボス“サディスト”などとも戦うことになる。本編の主人公であるセバスチャンは、距離を取りつつ銃を撃って対抗する方法が盤石だったが、『ザ・エクセキューショナー』のプレイヤーキャラクターはクリーチャー。どんな強敵とも、正面から勝負を挑める。サディスト戦で見られるハンマーとチェーンソーのつばぜり合いなど、見知った敵が相手でも新鮮な戦いを体験できるのは、本作の醍醐味だ。ちなみに、公式サイトのトレーラーでも見られるように、本編でセバスチャンの仲間として活躍したジョセフとも戦える。ジョセフのファンにはつらい(?)かもしれないが……。


04

▲一人称視点で、敵の凶暴性がより間近に感じられる。

 追加されたアクションは“つかみアクション”だけではない。本作で実装されたステップは、ボス戦では必要不可欠となる重要なアクションだ。サディストが振りかざすチェーンソーをバックステップで機敏に回避して、その隙にハンマーを叩き込むといった、いままでの鬱憤を晴らす絶好の機会がプレイヤーに訪れるだろう。


●一人称視点でも本質は変わらず!

 『ザ・エクセキューショナー』をプレイするうえで、操作性の変更などに不安を抱く人は多いだろう。だが、実際にプレイをしてみると、視点こそ変わったものの、本質は大きく変わらない印象を受ける。走る、しゃがむなどのアクションは本編と同一のボタンで行えるし、武器の切り換えも同様だ。つかみやステップなど新たに追加されたアクションはさておき、基本的には本編と同じ操作感でプレイ可能なことは間違いない。

 そもそも、なぜキーパーを操作することになるのか? 詳細は、未プレイの方のためにも秘密にしておくが、『サイコブレイク』の不気味で不可解なストーリーも健在だ。薄暗いヴィクトリアーノ邸の洋館に足を踏み入れ、奥へと進む理由は……ぜひ、その目で確かめてほしい。たったの500円[税抜]で遊べるし!




(C)2015 ZeniMax Media Inc. Developed in association with Tango Gameworks. PsychoBreak, Tango, Tango Gameworks, Bethesda, Bethesda Softworks, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. All Rights Reserved.