暗闇の雲のバストは20メートル! ニコ超2日目“Wひろし”が語るエオルゼアのこだわり【ニコニコ超会議2015】

2015年4月25日、26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2015。その2日目の『ファイナルファンタジーXIV』ステージで、前年に引き続き、リードUIアーティストの皆川裕史氏が細かなエオルゼアのこだわりを語るステージが催された。今年はアシスタントディレクターの髙井浩氏を迎えパワーアップ。“Wひろし”となって開発スタッフから集めてきたゲーム内の裏ネタを披露したのだ。

●細かすぎるネタに驚愕!? “Wひろしのここが言いたい”

 2015年4月25日、26日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2015。その2日目の『ファイナルファンタジーXIV』(以下、『FFXIV』)ステージで、前年に引き続き、リードUIアーティストの皆川裕史氏が細かなエオルゼアのこだわりを語るステージが催された。今年はアシスタントディレクターの髙井浩氏をパートナーに迎えてパワーアップ。“Wひろし”となって開発スタッフから集めてきたゲーム内の裏ネタを披露したのだ。

▲リードUIアーティストの皆川裕史氏(左)とアシスタントディレクターの髙井浩氏(右)。

▲まず最初に練習としての“事件屋クエストの縦読み”というお題を披露。これは、クエスト名を縦読みすると、ある言葉になるというもの。皆川氏と高井氏はネット上で話題になっていることで知ったというが、コミュニティチームの望月一善氏は話題になる前にメインシナリオライターの前廣和豊氏から聞いていたという。

▲元ネタは“謎解く鍵は白天秤語る兄弟の秘め事”なのだが、クエストの数が増えたことによって微調整したとのこと。

 数多くの裏ネタが披露された本コーナー。ここからはダイジェストでそれぞれを紹介していこう。

◆ウリエンジェの武器

▲ウリエンジェの背負っている武器は、『旧FFXIV』時代の巴術師のもの。武器が本ではないことにも驚きだが、そもそも召喚系のクラスではなかったという。

◆シリウス大灯台の…

▲最後のボスのセイレーンが待つ部屋。戦闘中はついつい敵に集中してしまいがちだが、部屋を見上げると灯台らしい装飾が! この場所以外にも天井を凝って作っているとのこと。

◆ボツになったルノーカプセル

▲大迷宮バハムート:侵攻編2層に設置されているカプセル。現在は中でドラゴンが眠っているが、開発当初はルノーがカプセルに入っていた!

◆イミテイト・ミストビアドマスク

▲現在は秘宝の地図のトレジャーハントで手に入れられる頭装備だが、開発当初はアラガントームストーン:戦記で交換できるものだったという。しかし、インパクトがありすぎるという理由で実装は見送り。「自分はそのまま実装しちゃえばいいじゃんと言ったんですけど、反対意見多数で……(笑)。その後に単品で実装されて、これで戦記装備と合わせて金で染色できると思ったら、頭装備の染色対応を忘れていて怒りに行った記憶があります」と髙井氏。

◆配達士クエストの話

▲ウルダハでゲームを開始した人にはおなじみのワイモンド。このワイモンドに関する事件屋クエストの複線を、配達士クエストで回収している。配達士クエストでは、このワイモンドの例のほかにも、このキャラクターとこのキャラクターにじつはこんな絡みが、というようなものを多々用意しているという。

◆セニョール・サボテンダーのファンサービス

▲ゴールドソーサーエリアにいるセニョール・サボテンダー。このキャラクターをターゲットして、バフをふたつ付与するとあることをするという。さらにはサボテンダーを挟み込むように立つと、これまたとあることをしてくれる。このネタを披露した途端、プレイヤーがゴールドソーサーに殺到。

◆闇の世界が晴れる時?

▲クリスタルタワー:闇の世界のスタート地点からは、暗闇の雲が待つエリアが確認できる。最初は暗雲で覆われているが、暗闇の雲を倒した後にスタート地点まで戻ると、雲が晴れるという。細かすぎる!

◆暗闇の雲のスリーサイズなど

▲続けて披露された闇の世界ネタ。暗闇の雲の身長は40メートル。バストが20メートル、ウエスト13メートル、ヒップが21メートルと発表され、「ピンとこない(笑)」と望月氏。ちなみに顔のサイズが5メートルで足のサイズは5メートル。

◆下着について小一時間

▲下着の色が変わると生々しくなり、レーティングが変わるということで、開発中に下着の色について論争が巻き起こった。本音と建て前が混じった話し合いが行われたとのこと。

◆続・下着について小一時間

▲続けて話された下着ネタ。装備によってはチラッと下着が見えるものがあるが、そこで見える下着の色についても議論。さらにはシワの有無までも話し合われたという。

◆隠れモーグリ!

▲モグル・モグXIII世討滅戦のエフェクトについて。戦闘中に出現する音符のエフェクトをよく見てみると、符頭がモーグリの形に! モグル・モグXIII世討滅戦以外にも、ミニオンで踊るときや、モグレターのポストなどにも使われている。

◆新ジョブのかくれんぼ

▲先日公開された開発ブログ【【URL:http://jp.finalfantasyxiv.com/pr/blog/000976.html】】でこのスクリーンショットが公開されているが、右奥に座っているキャラクターに注目してみると、じつは新ジョブの3人が!

◆ゴールドソーサーのバニーガールの中身は…

▲ゲーム中のバニーガールを見ているとしっかりモデル歩きをしているように見られる。じつはこれはモーションキャプチャーという演者の動きを取り込む技術が使われているのだが、バニーガールの中身が実際は37歳のモーション班の男性Kさんと判明! さらに3.0で追加されるジョブクエストのなかにセクシーなキャラクターが登場するのだが、それもKさんが担当しているという。知りたくなかった!?

◆もっとあるよ! ヒルディブランドの話

▲去年の“皆川裕史のここが言いたい!”で発表されたナシュのおっかけ。反響が大きかったことで、担当者が奮闘。その後の動きを見てみると、超大胆に! さらには、とある事件屋クエストでナシュの動きがおかしくなるのだが、おっかけの少年だけがナシュの様子がおかしいと気づくシーンも。

◆ジュリアンはパッチ2.4の時点でさりげなく登場している

▲ヒルディの母親のジュリアンは、じつはパッチ2.4で実装された事件屋クエストの中で登場していた!? オルトロスがウルダハの街中でナンパをするシーンで、その相手がじつはジュリアン。

▲そしてじつはパッチ2.1から登場していたことを披露。とあるクエストで登場する、事件の犯人だと言われていた黒い影の人物が、じつはジュリアンだったのだ。これには皆川氏、髙井氏、望月氏の3人が「ミステリーとしては反則(笑)」と声を揃えた。

◆俺は確かに見た……

▲三国の都市の中で、夜にごくまれに白いローブを着た首を持っていそうな少女の幽霊が現れるという。これを仕込んだのは前廣氏で、出現確率は1パーセント以下で2フレームのみの登場という。

◆クルザスに雪が降るざんす

▲もともとはクルザスは寒い地域だが雪がそれほど降らないという設定だったらしいのだが、「雪を降らせてよ」という吉田プロデューサーのひと声によって雪が降り積もるエリアになったという。

◆超緊急 NQひろしのPVの話

▲望月氏によって披露されたネタ。作品を作るときは、字コンテや絵コンテを起こして頭の中に叩き込むのが普通なのだが、髙井氏はそれをまったくしないという。これを披露されたことに対し、「面倒くさいんです。時間がないし、一発でいこうよみたいな(笑)。」と髙井氏。

◆フライングマウントでうまくフライングしすぎた話

▲フライングマウント初出しの動画を高井氏が撮影。しかし、ユーザーが望むような飛びかたをしようとした結果、当初、仕様にはなかった飛びかたをした動画が完成。その後、それを見た製作スタッフから高井氏は説教されるのだが、開発が進んでいざ蓋を開けてみると、その動画以上にいいものに仕上がっていたという。フライングマウントの高いデキは、髙井氏がスタッフを触発したおかげかも!?

◆床の話~真成4層編~

▲大迷宮バハムート:真成編4層の床には、分類学や生物学などで使うライフオブツリーという系統樹が描かれている。担当スタッフが、生物の頂点のバハムートが登場するマップでこれが出たらカッコいいのでは? という理由から製作されたという。

◆床の話~闇の世界編~

▲闇の世界の暗闇の雲と戦うエリアの床から出される紫色の光に注目。これはファミコン版で暗闇の雲が登場するシーンの背景を参考にしたレイアウトになっているとのこと。このネタを仕込んだのも、上記のライフオブツリーのネタを仕込んだ同じスタッフだという。