『新生FFXIV』 新兵たちは光の戦士に……? 第6回目前! FFXIVチャンネル第5回リポート

“ファイナルファンタジーXIVチャンネル”は、新規プレイヤーの女性タレントたちがゲームを楽しみながら成長していく姿を通じて『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の魅力を視聴者に伝えていくという、ニコニコ生放送のプログラムだ。今回は新兵たちの卒業を前に、2015年2月27日に行われた第5回放送の模様をお届けしよう。

●着実に成長を遂げた隊員たち

“ファイナルファンタジーXIVチャンネル”は、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(以下、『新生FFXIV』)に触れたことのない女性タレントの皆さん“新兵”を起用して、彼女たちの成長を追いながら、『新生FFXIV』に触れたことのない視聴者にタイトルの魅力を伝えていくというコンセプトのニコニコ生放送のプログラム。

FFXIV』サービス1周年を記念する14時間生放送の1コーナーとして始まったこの放送も、第0.5回、闘会議を含め、すでに8回目。最初は移動すらおぼつかなかった新兵たちも、闘会議での第4回放送ではイフリート、タイタン、ガルーダの3蛮神に再挑戦し、危なげなく勝利を果たすまでに成長。さらには放送外でもどっぷりと『FFXIV』ライフを送っているようで、予想の上をいく成長ぶりに正直驚きを隠せない。

 ずっと彼女たちを見守り続けてきたアニー先輩こと『新生FFXIV』宣伝チーム白杉氏、彼女たちのよき上官であり、熱心なプレイヤーである秋乃けいさんも、放送中に、カメラの外で、口々に同様に語っている。

●新兵たちの成長が止まらない

 放送の最初は、恒例となった新兵たちの近況報告から。

小池美由隊員 モンクLv50

▲春休みに入ったという小池隊員は、休みの日はもっぱら『FFXIV』をプレイしているという。その結果、アイテムレベルがなんと114まで伸びている!

▲知り合いと極ガルーダ討滅戦挑み、見事クリア。最近はひとりでコンテンツファインダーに参加登録をして通っているという。コタケさん、ガチすぎでは?

葉月ゆめ隊員 ナイトLv50

▲今回はアルテマウェポンに挑むということで、予習をしてきたと葉月隊員。前回から装備は変わらないが、以前にファンから渡されていた新式装備を愛用している。

▲アルテマウェポンに挑むために、外郭カストルム・メリディアヌムに挑戦。まわりのプレイヤーが熟練者揃いで、タンクなのに後方支援にまわったとか。

小川暖奈隊員 吟遊詩人Lv50

▲強い武器が欲しくてマーケットを覗いたがギルが足りず、顔見知りのプレイヤーに武器をおねだり。がんばって働いて返すとコメントしていたが、はたして!?

▲リスキーモブに追われる様子。命からがら逃げつつも、スクリーンショットを撮る余裕を見せる。

夏江紘実隊員 白魔道士Lv50

▲4人の中ではいちばんアイテムレベルが低いが、小川隊員を見倣って(?)、「私を助けたいと思う人はぜひ(笑)」とコメント。

▲ちょこんと座っていたら、続々とララフェルが集まってきたという。もちろん、この後に合体してキングララフェルにはなりません。

 各隊員の報告が終わると、第3回の放送でガルーダの討伐に成功した新兵たちへのご褒美の話題に。白杉氏のオゴリでエオルゼアカフェに招待されるという内容だ。この放送までのあいだに新兵4人と秋乃さんで訪れた模様。そのときの様子を捉えた動画が流されたが、皆楽しそうなこと!

▲ガルーダを無事討伐できたことに乾杯。そして食事の注文ラッシュ。

▲食事代は19880円。リーズナブルなエオルゼアカフェでこのお値段はなかなかのもの。しかし、宛名の欄をよく見ると……。

▲「アニー先輩って書いているとお金落ちないんだよね」(二度目)と言って今回も自腹を確定させていた。

 続いては、公開直後だったこともありマンダヴィル・ゴールドソーサーについて。実際にミニゲームをプレイしながら紹介という想定だったが、予想以上の盛況ぶりで、エリア内での実演は自粛して資料での紹介となった。チョコボレースに始まり、トリプレトライアド、くじテンダー、各種G.A.T.E.などつぎつぎと紹介されたあと、報酬として用意されている装備やマウントが解説されると、新兵たちも「欲しい!」と色めき立っていたのが印象的だ。