『ぎゃる☆がん だぶるぴーす』女の子がダブルピース昇天!? あの『ぎゃる☆がん』の続編が登場

つぎつぎと言い寄ってくる女の子たちを眼力(通称:フェロモンショット)で昇天させ、意中のヒロインへの告白を目指す“眼(ガン)シューティングゲーム”『ぎゃる☆がん』シリーズの最新作が、プレイステーション Vitaとプレイステーション4で登場する。

●プレイステーション Vitaとプレイステーション4でリリース

 つぎつぎと言い寄ってくる女の子たちを眼力(通称:フェロモンショット)で昇天させ、意中のヒロインへの告白を目指す“眼(ガン)シューティングゲーム”『ぎゃる☆がん』シリーズの最新作が、プレイステーション Vitaとプレイステーション4で登場する。本作では、主人公にメロメロ状態の女の子のほかに、悪魔化した過激な女の子も出現。あんなことやこんなこと、女の子たちのアプローチもパワーアップしている。また、シューティングパートの合間には、刺激的なアクションイベントや真剣勝負のボス戦など、前作以上の甘美で激しい展開が待っている。

【プロローグ】
 見習い天使・えころの放った天使の矢を浴び、一日限定のモテモテ男になった主人公・久時峰大(くどき ほうだい)。しかし、その矢の効力が切れれば明日からは永遠に彼女ができない体になってしまうという。それを回避するためには、日没までに運命の彼女を見つけ出し、告白を成功させなければならない。峰大は意を決して、ずっと想いを寄せていた幼なじみへの告白を決意する。そんな矢先、峰大の目の前を学園内でイタズラをしまくる悪魔・くろなが横切る。それを追っていたのは、いま告白を決意したばかりの幼なじみの姉妹、しのぶと真夜だった……。

◆登場する女の子の数は70人以上!

 本作の物語は、前作から1年後が舞台。新ヒロインや新1年生が登場するほか、2、3年生や女教師にも新キャラクターが多数登場。また、お騒がせ天使“えころ”に加え、悪魔“くろな”も登場し、総勢70人以上の女の子がプレイヤーを待っている!!

■神園しのぶ(かみぞの しのぶ)
声:上間江望
二年E組。峰大の幼なじみでプライドの高い上から目線の女の子。一見クールで切れ者に見られがちだが、かなりのへっぽこ娘。ときどき、ハイテンションになり、周囲をおどろかせる。妹想いでやさしくきびしいお姉ちゃんの一面をもつ。運動全般は得意だが、勉強は苦手。

■神園真夜(かみぞの まや)
声:橋本ちなみ
一年B組。峰大の幼なじみで心やさしいマイペースな女の子。やたら先走りする姉を支える、シッカリものの妹。幼なじみである峰大の影響で、ヒーロー特撮やロボットアニメが大好き。勉強は得意だが、人と話すことと運動全般が苦手。転校してきたばかりのため、制服は前の学校のものを着ている。

■くろな
声:藤田 彩
悪魔学校中等部の三年生。自信家で調子に乗りやすく、その反面ものすごく打たれ弱い。天使を小バカにしているが、本人もかなりのバカである。苦手なものは勉強。好きな物はイタズラ。後尾に「DEATH」をつけてしゃべる癖がある。

■えころ
声:堀江由衣
天使学校中等部の三年生。みずから“エリート天使”と名乗るが、卒業試験で大失態をやらかす羽目に。天界ではミリタリー研究会に所属。二丁拳銃を操る。基本的にマジメでいい子だが、先輩天使の影響か、学園では問題児扱いされることも……。悪魔とは非常に仲が悪い。

◆過激さアップのシューティングパート!

 女の子は前作以上にさまざまな愛情表現を見せてくれる。さらに、悪魔の力に操られた女の子(悪魔っ娘)は、より過激な愛情表現で迫ってくるのだ。

▲ラブレターによる攻撃(告白)から、抱きついて身動きを取れなくしてからの攻撃(キス)など、さまざまな攻撃(アピール)方法で、プレイヤーを惑わす少女たち!

▲肩部分に悪魔が憑依している少女。これが悪魔っ娘だ。

▲不適な笑みとともにグリグリと踏みつけるという攻撃(ご褒美)。

◆“透視ズーム”で、いろいろなものがスケスケ!

 本作では、眼力(フェロモンショット)もパワーアップ! なんと、ついに透視が可能に!! 新要素“透視ズーム”を使えば、銅像や壁など、障害物に隠れている女の子を見つけることができる。しかし、この力はちょっと強すぎて、ほかにもいろいろと透けてしまっているような……。また、ショットボタンの長押しにより、強力な“チャージショット”を撃てるように。女の子が複数迫ってきたときに活躍する。

▲銅像の向こう側は通常見えないが、“透視ズーム”でこの通りスケスケに。……って、銅像以外のものもスケスケ!?

▲透視ズームで女の子の情報をゲットできることもある様子。

▲チャージショットが当たると、女の子はフラフラ状態に。女の子が多い場合は、この状態にして一気に倒してしまおう。

◆きわどいアクションイベントも健在!

 各ステージの最後には、ヒロインのストーリーに沿ったアクションイベントが発生。ちょっぴりエッチな内容も健在!!

▲触手に捕らわれたヒロイン、しのぶを救おう。

◆進化したドキドキモード&ダブルピース昇天!!

 女の子をいろいろな角度から見つめて昇天させることができる“ドキドキモード”は、タッチパネルに対応。あんなところやこんなところを見続ける(タッチする)と、女の子のドキドキ度が上昇。制限時間内にドキドキ度をMAXにして女の子を昇天させよう。

 そして、本作では通常の昇天のさらに上をいく“ダブルピース昇天”を実装。キミのタッチで、すべての女の子をダブルピース昇天へ導け!

▲左上のハートゲージが溜まっていれば“ドキドキモード”へ。好みの女の子をタッチで選択しよう。

▲本作では最大で3人同時にドキドキモードに突入できる。いろいろな角度から女の子を見つめて(タッチして)昇天させよう。

▲本作の真骨頂・ダプルピース昇天! 満面の笑みで昇天!!

▲そのほかにも、さまざまな新要素が用意されているとのこと。ステージ選択画面らしきものや、女の子とのトーク画面など、気になる要素も。今後の続報に期待したいところだ。

 なお、『ぎゃる☆がん』の公式Twitterアカウント(⇒コチラ)も運用を開始。新情報をTwitterでチェックしよう。


ぎゃる☆がん だぶるぴーす
メーカー アルケミスト
対応機種 PSVPlayStation Vita / PS4プレイステーション4
発売日 2015年夏発売予定
価格 価格未定
ジャンル シューティング
備考 限定版は価格未定、ダウンロード版は価格未定 開発:インティ・クリエイツ

(C)INTI CREATES CO., LTD./Alchemist ※発売元はMAGES.
※画面は開発中のものです。