『新生FFXIV』「音の“静と動”」ファンフェス2日間のスペシャルライブをリポート 〜エンディングでは吉Pも涙

2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

●1日目はしっとりとピアノの独奏

 2014年12月20日から21日の2日間、東京ビッグサイトで行われた、“ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル 2014”。本稿では、両日のラストに行われたスペシャルライブをリポートする。

 ファンフェス1日目のスペシャルライブは、ピアノソロによるステージ。演奏者は、クラシックからジャズまで幅広いジャンルで活躍するKeikoさん。先日の2014年12月17日に、『新生FFXIV』初のアレンジアルバム『From Astral to Umbral〜Arrangement Album〜』が発売されたが、ピアノアレンジパートのアレンジと演奏を手掛けたのも、このKeikoさんだ。今回のステージでは、アレンジアルバムに収録されている6曲+αが披露された。ステージの模様を写真とともにお届けしよう。

▲サウンドディレクターの祖堅正慶氏。ふだんはラフな恰好の祖堅氏だが、今回はクラシカルな雰囲気のせいか、スーツ姿で登場。

▲冒頭は“白アシエン”の衣装を身に纏い、Keikoさんが登場。マスクで視界が狭まっているにもかかわらず、完璧な演奏を披露した

▲『静穏の森〜黒衣森フィールド〜』と『水車の調べ〜グリダニア〜』の2曲を終えると、純白のドレスに衣装替え。容姿端麗!!

 曲間のMCでは、アレンジアルバムのレコーディング秘話も明かされた。今回のアレンジアルバムに限らず、『新生FFXIV』のサウンドトラックはBDM(Blu-ray Disc Music)を採用しており、96KHz/24bitという、CDの何倍もいい音で収録することができる(CDは、44.1KHz/16bit)。ピアノアレンジは、この超高品質での収録に加え、5.1chサラウンドを3系統も用意しているほどのこだわりようだ。さて、このピアノアレンジが収録されたのは、横浜市・青葉台のフィリアホール。レコーディングする際にとくに注意を払うのがノイズだが、電源や照明はとくにノイズが混入しやすい要素だという。こうした音楽用のホールの場合、機材に供給する電源と照明用の電源は分けられていることが多く、通常は気にならないレベルなのだそうだが、エンジニアの浜田純伸氏が「客電がついていると空気の流れが悪くなる」と指摘。そのため、ホールの照明を一切落とし、Keikoさんの手元を照らすLEDライトだけで演奏をこなしたとのこと。祖堅氏は「これでよく弾けるなあ」と感心したという。

▲『西風に乗せて〜ラノシアフィールド〜』と『偉大なる母港〜リムサ・ロミンサ〜』の2曲が終わると、ステージに祖堅氏が登場。ピアノの脇にトイピアノ、足元にダンボールをセットし、膝には鈴を付けて演奏を始めた! 披露したのは古アムダプール市街のインスタンスダンジョンで流れる楽曲。ダンボールをバスドラムに見立てて、蹴り上げて「ドン!」と音を出すというユーモアに、会場からは笑いがこぼれた。

▲祖堅氏の“ちらかし”の後は、『灼熱の地へ〜ザナラーンフィールド〜』と『希望の都〜ウルダハ〜』の2曲を披露。ピアノの音だけが会場に響き渡る、荘厳な空気で会場が満たされた。

▲アルバム収録曲のすべてを演奏し終えると、Keikoさんが祖堅氏を会場に呼び込み。なんと、ふたりの連弾で『Torn from the Heavens / 天より降りし力』が演奏されることに! 祖堅氏は照れながらも、迫力ある演奏を披露。ふたりでフレーズを分けたり、途中でふたりの手がクロスしたりと、ユーモアも織り交ぜた、素晴らしい演奏となった。

■1日目セットリスト■
静穏の森〜黒衣森フィールド〜
水車の調べ〜グリダニア〜
MC
西風に乗せて〜ラノシアフィールド〜
偉大なる母港〜リムサ・ロミンサ〜
Intermission(腐敗遺跡 古アムダプール)
MC
灼熱の地へ〜ザナラーンフィールド〜
希望の都〜ウルダハ〜
MC
Torn from the Heavens / 天より降りし力(連弾)

●2日目はイケイケのロックステージ!!

 ファンフェス2日目のスペシャルライブは、1日目とは対照的なロックのステージ。アレンジアルバムのために結成された“THE PRIMALS”が登場し、アルバム収録曲を中心に、計9曲(アンコール含む)を披露した。

▲アシエンの装束を纏い、ステージに現れた“THE PRIMALS”。メタルの重々しいリズムでアレンジされた『原始の審判〜蛮神イフリート討伐戦〜』でステージが始まった。

▲『忘却の彼方〜蛮神シヴァ討滅戦〜』では、女性ボーカルふたりをステージに呼び込み。ふたりともスクウェア・エニックスの社員で、左側がオンラインサービス推進部の池谷茜さん、右側がローカライズ部の村田あゆみさん。

▲ハードなシャウトを披露した村田さん。コーラスの部分は池谷さんが担当。

▲続く『雷光雷鳴〜蛮神ラムウ討滅戦〜』では、池谷さんがメインボーカルを務めた。

 『雷光雷鳴〜蛮神ラムウ討滅戦〜』が終わると祖堅氏が、『新生FFXIV』に登場する蛮神“以外”の存在としてモグル・モグXII世を紹介。このモグル・モグXII世とのバトルで流れるBGMの歌詞翻訳を始め、なんと歌まで担当しているというマイケル・クリストファー・コージ・フォックス氏がステージに呼び込まれた。実際の楽曲では、4体のモーグリが入れ替わり立ち替わり歌う(そのうち3体がマイケル氏担当)構成になっているが、今日はその4体すべてをマイケル氏がこなすというムチャ振り!

▲低音が渋いテノール付近の音域からファルセットまで、さまざまなキャラクターをひとりでこなすマイケル氏。ヘルメットの変更がキャラクター切り替わりの合図。

 ライブもいよいよ終盤。祖堅氏が『堕天せし者〜蛮神ガルーダ討伐戦〜』を演奏することを告げると、続けて「誰か“Now fall !!”って叫びたい人?」と客席に問いかけ。手を上げたファンがステージに引き上げられるという、粋な演出が!

▲数千人の前で叫ぶ「Now fall !!」はさぞや気持ちよかったに違いない。

 ラストはやはりこの曲『過重圧殺! 〜蛮神タイタン討伐戦〜』。“Bow down overdweller”→“under the weight”のコール&レスポンスで会場の盛り上がりはピークに。

▲THE PRIMALSのメンバー。ギターのGUNN氏。

▲ドラムのたちばな哲也(SPARKS GO GO / ultraUB)氏。

▲ベースのイワイエイキチ氏。

▲メンバーに紹介され、照れ隠し(?)の祖堅氏。

アンコールは会場からのリクエストで『混沌の渦動〜蛮神リヴァイアサン討滅戦〜』に。そのままの勢いで、本日2回目の『過重圧殺! 〜蛮神タイタン討伐戦〜』になだれ込み!!

■2日目セットリスト■
原始の審判〜蛮神イフリート討伐戦〜
混沌の渦動〜蛮神リヴァイアサン討滅戦〜
MC
忘却の彼方〜蛮神シヴァ討滅戦〜
MC
雷光雷鳴〜蛮神ラムウ討滅戦〜
MC
Good King Moggle Mog XII / 善王モグル・モグXII世
MC
堕天せし者〜蛮神ガルーダ討伐戦〜
MC
過重圧殺! 〜蛮神タイタン討伐戦〜

[encore]
混沌の渦動〜蛮神リヴァイアサン討滅戦〜
過重圧殺! 〜蛮神タイタン討伐戦〜

●感動のエンディングへ! 涙を見せるコアメンバーも

 ライブの興奮冷めやまぬまま、イベントはエンディングへ。吉田直樹プロデューサー兼ディレクター以下、イベントに参加した開発コアメンバーがステージに勢揃い。各人のコメントを紹介しよう。

鈴木健夫氏(リードデザイナー)
最初にファンフェスの話を聞いたとき、開発の作業がきつくて、本当にやれるのかと心の中では思っていた。また来年、再来年とファンフェスを実施できるようなタイトルに育てていきたい。

河本信昭氏(リードゲームデザイナー)
来てよかった。会場には来ていない100人、200人のスタッフたちといっしょに、一刻も早くパッチ2.5、パッチ2.51、そして拡張ディスクのバージョン3.0を届けようとがんばっています。みなさんの声を現場に伝えていこうと思います。

▲『旧FFXIV』のディレクターを務めていた河本氏は、感極まって言葉がなかなか出なかった。

皆川裕史氏(リードUIアーティスト)
ひとこと、楽しかったです。これだけの人にご支援をいただいて、パワーをもらいました。これから開発の追い込みですが、皆さんにエオルゼアで楽しんでいただけるようにがんばっていきたいです。

前廣和豊氏(メインシナリオライター)
ファンの方と交流させていただいて、皆さんの『FFXIV』への思いを受け止めることができました。

権代光俊氏(リードバトルプランナー)
皆さんに楽しんでいただけるように、これからもがんばっていきます。

高井浩氏(アシスタントディレクター)
昨日はピアノの演奏で泣かされ、今日は河本にうるっとさせられると思いませんでした(苦笑)。そして、みなさんのこの光景を見ていて、声が詰まる思いです。ゲームを通して、少しでも楽しんでもらえるように、がんばっていきたいです。

祖堅正慶氏(サウンドディレクター)
ステージ上から見るこの光景がロックフェスみたいです。『FFXIV』すげえなって。また明日から開発業務です。応援のほど、よろしくお願いします。

マイケル・クリストファー・コージ・フォックス氏(ローカライズ部シニアトランスレーター)
日本のファンフェスサイコー! フォーティーンサイコー!

吉田直樹氏(プロデューサー兼ディレクター)
おっさんになって涙腺が弱くなっているので、(声援を飛ばすのを)やめてもらっていいですか(苦笑)。THE PRIMALSのライブ中、ニコ生のコメントを見ていて、「よしだああああ」の弾幕を見て感極まってしまいました。サービスインのときも(涙を流して)恥ずかしいところを見せてしまいましたが、今回はこうもっちゃん(河本氏のこと)のせいですね(笑)。
 この歳になると素直に言う機会があまりないんですけど、プレイヤーの皆さんのことが大好きでゲームを作り続けています。みなさんとキャッチボールを続けながら、この先も一緒に歩めるゲームでありたい。よろしくお願いします。

▲河本氏の泣きじゃくる姿を見て、吉田氏にも思うところがあったのだろう。

▲最後は全員で手つなぎで。