PS4/PS3『夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日のオレが幼馴染と(略)』 完全新作オープンワールド学園恋愛アドベンチャーが登場!

ディースリーパプリッシャーは、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日のオレが幼馴染と(略)』を、2015年に発売することを発表した。

●シャッターチャンスを逃すな!(注:補導されたりもします)

 
 ディースリーパプリッシャーは、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日のオレが幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに 何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方。~』(以下、『夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日のオレが幼馴染と(略)』)を、2015年に発売することを発表した。

 
 本作は、日本のどこかにある小さな島“夢ヶ島”、そして夢ヶ島唯一の学園“夢ヶ島高等学校”を舞台にした、オープンワールド学園恋愛アドベンチャーゲーム。転校生である主人公は、300人もの登場人物が存在する夢ヶ島で人々と恋愛や友情を育みながら、つぎの転校までの3ヵ月間の学園生活を自由に過ごすことになる。

<以下、リリースより>

ようこそ自由の島、自由の学園へ。
 日本のどこかにある小さな島“夢ヶ島”、そして夢ヶ島唯一の学園“夢ヶ島高等学校”に20XX年7月7日、ひとりの転校生が訪れます。すでに決まっているつぎの転校までの3ヵ月間、プレイヤーはこの夢ヶ島高等学校(略称:夢高)の2年生として過ごすことになりました。

 
 転校初日からプレイヤーの運命は高速で廻り始めます。なれなれしいけど助かるタイプのお調子者、津崎繁幸(通称シゲ)との出会いに始まり、個性豊かな29人のクラスメートたちが2年B組の教室で待っています。

 
 そして美しく成長した幼なじみ、三日月めぐとの予期せぬ再会。めぐはどこかに連れて行こうとしていますが……いったい?

 
 めぐに連れられるがまま、廃部の危機にある報道部に唯一の男子部員として強制入部。気がつけばカメラマンになっていました。4人の女性部員たちは、かわいいけど一癖二癖ありそうな人たちばかりです。

 
 ぶっきらぼうな部長、薫子と、やる気なさそうな副部長、弥生の3年生コンビ。とにかく敵意をむき出しにしてくる男嫌いの1年生、珠希。どうやら味方は、2年のめぐだけのようで……。

 
 どこか懐かしい風景にあふれたこの島での学園生活は、恋愛と友情とスクープと不思議な出来事に満ちあふれ、自由を満喫できることでしょう。限りあるひと夏の学園生活をどのように過ごすか、すべてはプレイヤー次第です。

 
 300人もの登場人物が夢ヶ島に存在し、150人もののクエスト関係者がプレイヤーのスクールライフに関与してきます。女性報道部員たちとの関係は深まるのか。それともクラスメートたちとの友情物語となるのか。3ヵ月後に訪れる別れの時、君は果たしてどんな結末を迎えるのか……?

 
■夢高報道部の女の子たち

 
 夢ヶ島高等学校報道部の活動内容は、夢高や夢ヶ島でのさまざまなニュースをみんなに伝えることだ。しかし慢性的な部員不足に陥っていることは否めず、7月中に部員5名の確保ができないと部活として認められずに同好会への格下げが予定されていた。プレイヤーの入部によって部としての体を成した報道部だが、9月の文化祭(夢高祭)での部員個々の取材に基づく研究テーマの発表を控え士気が高まっているのか、そうでもないのか微妙な空気。とにかくカメラ片手にスクープを狙って取材しかないのである。

何事にも一生懸命な報道部の要 数年ぶりに再会した幼なじみ
2年C組 三日月 めぐ(声:三上枝織さん)

 主人公の幼なじみで3歳~5歳くらまで毎日いっしょに遊んだほどの間柄だったが、父親の療養のため転居した。天真爛漫な性格で、男性女性両方から好かれて友だちも多いが、世話好きな性格がいき過ぎて時折お節介になることも……。熱くなると周囲が見えなくなって人の話を聞かなかったり、早合点してしまうのがタマにキズだが、本人は几帳面な性格との自覚がある様子。責任感が強く「他人に迷惑をかけたくない」、「自分で何とかする」という気持ちが強いしっかり者。しかし、その結果ひとりで問題を抱え込んでしまうことも……。

ぶっきらぼうな報道部部長 巨大企業東海林グループの愛娘
3年A組 東海林 薫子(声:村川梨衣さん)

 報道部部長。実家は家族ぐるみで巨大企業東海林グループの経営者。真面目で責任感が強く成績も優秀。自分の悩みを人に打ち明けるようなタイプではなく、自分の話題で人とコミュニケーションをとることに抵抗を感じている。他人とある程度の距離を保ちつつ、実務は淡々と進めることが可能な、いわゆる“できる”タイプの人間で、自分から壁をつくり、馴れ合いやベタベタした関係を好まない。しかしコミュニケーションの柔軟性に難ありという自覚は持っており、変えたいと思っている様子。現状に満足せず、つねに先を見据えた向上心を持つが、合理性の伴わない努力はしない。

報道部副部長にして大神神社の長女で巫女の不思議ちゃん
3年C組 大神 弥生(声:長妻樹里さん)

 報道部副部長。島の人たちが心の拠り所としている大神神社の神主の家系の第一子で長女。そのため、島の人々からは一目置かれ、愛される存在。人当りがよく、やさしいと評判の娘だが、じつは何を考えているかわからない独特な感性を持つ不思議ちゃん。興味のある話には食いつき気味で入ってきて饒舌になったり、物怖じせず単刀直入だったり頑固な一面もある。珠希のことを「タマ袋さん」と呼ぶが、本人に悪気はない様子。

めぐ姉命で男嫌いな1年生 付けられたあだ名はタマキン
1年B組 島袋 珠希(声:洲崎 綾さん)

 報道部唯一の1年生。男嫌いで人見知りな性格は、ずっと昔から男子に「タマキン」と呼ばれ続け、男嫌いになったという。めぐを「めぐ姉」と呼び慕っていて、気を許した相手にのみ心を開く。独占欲が強いためか、めぐの幼なじみの主人公に敵対心を燃やし、攻撃的態度をとる。ひとりっ子の甘えん坊だが、過度の甘やかしは嫌気がさしていて子供扱いは嫌い。早く大人になりたいと考えているものの「大人になること=結婚して家庭を持つこと」と考えてたりと、基本的に思考は幼く論理性に欠けるところがしばしば。憎めないがウザイ、ウザイが憎めないといったキャラクター。弥生から「タマ袋」と呼ばれていてうんざりしている。

 
■クエスト依頼を集めて人の役に立て!
 本作には、150人以上の登場人物がいる。誰もが必ず何か困っていることがあったり、特別な仕事を君に頼みたいと思っているはずだ。クエスト保持者を見つけたら、どんどん話しかけていこう。

 
■シャッターチャンスを逃がすな!
 報道部カメラマンたるもの、いつ何時でもカメラをかまえてどんな被写体も逃がしてはならない。島の人々の生活を撮るのも社会派カメラマンとしての第一歩だ。

 
 しかし、迷惑行為をしてはならないのは言うまでもない。パンチラ写真を狙って、街中で匍匐前進したり、仰向けに寝そべっていては通報されるのは必至だ。

 
……そして、補導へ。


夏色ハイスクル★青春白書 ~転校初日のオレが幼馴染と再会したら報道部員にされていて激写少年の日々はスクープ大連発でイガイとモテモテなのに 何故かマイメモリーはパンツ写真ばっかりという現実と向き合いながら考えるひと夏の島の学園生活と赤裸々な恋の行方。~
メーカー ディースリー・パブリッシャー
対応機種 PS4プレイステーション4 / PS3プレイステーション3
発売日 2015年発売予定
価格 価格未定
ジャンル アドベンチャー

(C) D3 PUBLISHER
※画面は開発中のものです。