2014年11月27日にプレイステーション3版とXbox 360版が、2015年初頭にプレイステーション4版とXbox One版が発売となる『バイオハザード HDリマスター』。その発売を記念して、3体の超リアルなゾンビが、本作プロデューサー・平林良章氏とともに週刊ファミ通編集部にやってきた。

●昼下がりの編集部は大パニックに!

 2014年11月27日にプレイステーション3版とXbox 360版が、2015年初頭にプレイステーション4版とXbox One版が発売となる『バイオハザード HDリマスター』。その発売を記念して、3体の超リアルなゾンビが、本作プロデューサー・平林良章氏とともに週刊ファミ通編集部にやってきた。その模様をお届けしよう。

▲中央左で『バイオハザード HDリマスター』のパッケージを持っているのがプロデューサー・平林良章氏。ゾンビとともに記念写真を撮影する編集者一同だったが……。
▲理性を失った(最初から失っていた?)ゾンビたちが暴れ始めた! 逃げ惑う編集者と平林氏に見境なく襲いかかり、阿鼻叫喚の状態に!
▲黙々と仕事をする新人編集者・堅田ヒカル。その背後に忍び寄るゾンビたち。
▲堅田が気づいたときには時すでに遅し。今後は新人ゾンビとして編集部を徘徊することに。
▲週刊ファミ通編集長・林克彦も餌食に。ゾンビにとっては人類皆平等に食料扱いだ。

●プロデューサーが語る『バイオハザード HDリマスター』の魅力

 遠くから林編集長の絶叫が聴こえた気がするが、それはさておき……。なんとか生き延びた平林氏に、本作の魅力を語っていただいた。

▲聞き手は週刊ファミ通編集者・ででお(写真左)。無類の『バイオ』好きなうえ、リアルなゾンビを間近で見た直後なので興奮気味。

――まずは、本作の発売日を迎えたお気持ちをお聞かせください。

平林 HDリマスター版のタイトルとしては、約1年という長い期間をかけて開発してきましたが、ようやく皆さんにお届けできることで感慨深いです。原作のコンセプト通りの恐怖を体験できる作品として、ぜひ多くの方にプレイしていただければと思います。ニンテンドー ゲームキューブ版の原作や、プレイステーション版の初代『バイオハザード』をどちらもプレイしたことがない方も多くいらっしゃると思いますが、HDリマスター版は“古きよきもの”ではなく、“サバイバルホラーの傑作”を純粋に楽しんでいただけるものに仕上がっております。昔ながらのラジコン操作でも楽しめますし、近年のアクションゲームに慣れている方は、アナログスティックを倒した方向にキャラクターが動く直観的な操作でもプレイできます。

――原作などをプレイしているプレイヤーも、新たな操作感覚で新鮮な気持ちでプレイできそうですね。

平林 はい。ただクリアーを目指すのもいいですが、難易度を選択できるほか、敵が見えなくなる“インビジブルモード”を始め、上級者向けの遊びも用意しています。エンディングを見て満足している方も、ぜひチャレンジしてほしいですね。

――かなり手ごたえがありそうですね! 原作ではスルーしていたので今度は挑戦してみます。ところで、限定版の特典もかなり豪華ですね。

平林 はい! 通常版ももちろんお買い得価格ですが、『バイオハザード HDリマスター コレクターズ・パッケージ』や、イーカプコン限定の『バイオハザード HDリマスター LIMITED EDITION』には“こだわりすぎた”同梱物がセットになっています。まず、『LIMITED EDITION』についてくる“「S.T.A.R.S.」特製手帳セット”は、S.T.A.R.S.の部隊マークがエンボス加工されたカバーはもちろんですが、中に入っている手帳は2015年にそのまま使えるうえ、ラクーンシティのマップがプリントされていたり、『バイオハザード』シリーズで何かが起こった日付には、“飼育員の日記”などの内容が印刷されているんですよ。

――それ、めっちゃ欲しいです! 会議中もさりげなくパラパラめくって楽しめそうですね(笑)。

平林 楽しみかたは自己責任でお願いします(笑)。また、『コレクターズ・パッケージ』に同梱の““洋館”設計者 G・トレヴァー Floor Map”も注目の一品です。単なるマップポスターではなく、設計者とクライアントのやり取りがメモ書きとなって書かれているんです。プレイした方はご存じの通り、この洋館にはさまざまな仕掛けがあるのですが、設計図や仕様書を渡された建築家にはクライアントが何を意図しているのかわからないので、建築家が説明を求めたりすることが多かったことがわかるポスターになっています。ちなみにこのポスターはリバーシブルになっていて、裏面にも設計者のメモ書きが描かれていたりします。さらにこだわっている部分になりますと、クライアントの犬が設計者のジャマをした際、設計図に水をこぼしてできたシミも再現していまして、そういったシミなども表と裏でつながっているように見えるんです。

▲こちらは『バイオハザード HDリマスター コレクターズ・パッケージ』。同梱物の詳細は公式サイトをチェックしよう。

――こだわりがハンパないですね! 手帳は実用性も高そうで……。

平林 実用性を重視したうえで、作品の世界観を感じられるグッズにすることが重要だと考えております。手帳セットに入っている“LAMY(ラミー)製 ボールペン「S.T.A.R.S.別注モデル」”もそのひとつで、ラクーン市警で実際に使われていることをイメージしたデザインになっているんです。

――なるほど。ちなみに、プレイステーション3のディスク版には、数量限定で特別映像ダウンロードコードがついてくるんですよね。この中身はなんでしょうか?

平林 ふたつありまして、ひとつは“扉”です。本作には200種類以上の“扉”が出てくるのですが、そのひとつひとつをひたすら開けていく映像なんですよ。

――扉ですか(笑)。いい意味で“おバカ”な映像ですね。お酒飲みながらひたすら眺めたいです。もうひとつの映像は?

平林 クラシカルな『バイオ』の遊びかたとして、“ナイフプレイ”を推奨する映像になっています。これを観れば、どうやってナイフ1本で生き延びられるかがわかるものになっています。

――ナイフプレイは僕もやりました! 本作でも挑戦してみます!

平林 これを読んでいる皆さんも、本作をぜひ手に取ってプレイしてみてください!

▲話が盛り上がってきたででおと平林氏だったが、背後に迫る影が……。
▲その後、彼らがどうなったかは不明である。

●こだわりのゾンビメイクを手掛けたのは“AMAZING SCHOOL JUR”

 今回の記事での特殊メイク担当は、有限会社自由廊の特赦メイク・特殊造形 アーティスト養成学校“AMAZING SCHOOL JUR”。現役で活躍するプロのアーティストが講師としてすべての授業を分担しており、より実践的なアドバイスを受けることができるとともに、講師によるデモンストレーションの機会も多く、プロの技術に直接触れることができる特殊メイク・造形学校。また、特別講師として、現在ハリウッドの第一線でプロとして活躍しているアーティストを招いて授業などを行っている。興味のある方は公式サイトをチェックしてほしい。


バイオハザード HDリマスター
メーカー カプコン
発売日 PS3版、Xbox 360版:11月27日発売、PS4版、Xbox One版、PC版:2015年初頭発売予定
価格 パッケージ販売はPS3版のみ、PS3版は3990円[税抜](4309円[税込])、PS3版、Xbox 360版のダウンロード版は各3694円[税抜](各3990円[税込])、PS4版、Xbox One版、PC版のダウンロード版は価格未定、PS3版の『バイオハザード HDリマスター コレクターズパッケージ』は4990円[税抜](5389円[税込])、PS3版の『バイオハザード HDリマスター LIMITED EDITION』は11111円[税抜](12000円[税込])
ジャンル アクション・アドベンチャー / サバイバルホラー
備考 プロデューサー:北林達也、平林良章