初心者だらけの講習会! 『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』BOOT CAMPリポート

2014年11月22日~23日、東京・品川のソニー・コンピュータエンタテインメントにて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』の操作方法やプレイのノウハウを、“BOOT CAMP”と銘打ち、懇切丁寧に初心者に教える体験イベントが催された。

●軍隊のCAMPに見立てられた、オシャレな会場!

 11月22日~23日、品川のソニー・コンピュータエンタテインメント社内にて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(以下、『新生FFXIV』)の初心者向け体験イベント、“『新生FFXIV』BOOT CAMP”が開催された。
 これは、プレイステーションファンのための公式コミュニティサイト“プレコミュ”会員を対象にした、“プレコミュイベント”として企画されたもの。『新生FFXIV』に興味はあるものの、MMORPGであるためになかなか踏み出せない人に対してプレイステーション4で『新生FFXIV』をプレイする機会を持ってもらい、新米部隊の訓練に見立ててみっちりとプレイのノウハウを伝授するという内容だ。訓練といってもストイックさはまるでなく、和気あいあいとして懇切丁寧。ゲストとしてニコニコ動画の人気実況者、ガッチマン氏、しゃけとりくまごろう氏、百花繚乱氏らが登場し、要所で楽しげなトークをくり広げた。


eorzeabootcamp/01

▲取材に向かったのは4回ある訓練のうちの最初の1回。20人ほどの参加者に対し6人の教官がつく形で、行き届いた指導を受けていた。

 22日に行われたBOOT CAMPの司会は、ゲスト教官&特別訓練生として参加者とゲームプレイをともにしたガッチマン氏としゃけとりくまごろう氏。ふたりが『新生FFXIV』で語られる物語や世界観、ゲームシステムなどについて解説したあと、メイン教官を務めるスクウェア・エニックス『新生FFXIV』宣伝チームの“アニー先輩”こと白杉氏が登場。参加者は本作の最少パーティ数である4人ごとに班分けされ、各班の教官とともにプレイエリアへ向かった。


eorzeabootcamp/02 eorzeabootcamp/03

▲ひと月の半分以上は『新生FFXIV』にログインするという上級者のガッチマン氏。今回のパーティプレイでは、ふだんはあまりしないというタンク(ナイト)を担当。

▲対して、しゃけとりくまごろう氏は『新生FFXIV』初心者。女の子キャラのヒーラー(白魔道士)を担当した。

eorzeabootcamp/04 eorzeabootcamp/05

▲イベント冒頭で、プレイヤーの分身となるキャラクター、種族、4人パーティでプレイする際の役割(タンク、ヒーラー、DPSといったロール)などについて簡単に解説。

▲今回のBOOT CAMPのお題は、「プレイの基本をマスターし、ダンジョン“サスタシャ浸食洞”をクリアすること」だ。

eorzeabootcamp/06 eorzeabootcamp/07

▲“サスタシャ浸食洞”は通常、ゲームスタートから10時間ほど進めたあたりで訪れる最初のダンジョン。4人パーティを組んで挑むことになるバトルコンテンツだ。実際にプレイにあたる参加者に対し、白杉氏(中央)がコントローラーを持ち、『新生FFXIV』における基本的な操作方法を実際に手元を見せながら解説した。

▲班ごとにひとりつく教官は『新生FFXIV』宣伝チームの皆さんが務めるというので頼もしい。わからないことがあればその場で解決できるというわけだ。

 班に分かれた参加者はまずお互いに自己紹介をし、パーティを構成するタンク(1名)、ヒーラー(1名)、DPS(2名)から好きな役割を選択。その後は教官の指導に従って手慣らしをし、クエスト形式でパーティプレイに慣れることができる“ギルドオーダー”というコンテンツに挑戦。以降は各班の進み具合に合わせて、今回の目的地である“サスタシャ浸食洞”へ突入していった。


eorzeabootcamp/08 eorzeabootcamp/09

▲ひとりに1台、大型モニターを使った贅沢なプレイ環境。

▲迷彩柄のテントや吊るされたランプで、会場の雰囲気はブートキャンプらしさがバッチリ。

eorzeabootcamp/10 eorzeabootcamp/11

▲脇に置かれた黒板には、各班のメンバー名とロールが記されていた。

▲ギルドオーダーの受注方法からプレイ進行の事細かなことまで、メイン教官の白杉氏らが手厚い指導。

eorzeabootcamp/12 eorzeabootcamp/13

▲ゲスト教官のガッチマン氏がタンクを務める班では、道中に出現する複数の敵に対して倒す順番を知らせる番号が振られるなど、ベテランプレイヤーならではの親切な指導も。全員が息を合わせて自分の役割をまっとうしていた。すべての初心者プレイヤーのお手本になりそうだ。

▲これがガッチマン氏のクロスホットバー(バトルで使用するアクションなどを自分の好みで配置する操作用のパレット)。氏は上級者なので、使用できる範囲の追加アクションもきっちりセットしていた。

eorzeabootcamp/14 eorzeabootcamp/15

▲先のように理路整然としたパーティプレイをしている班がある一方、しゃけとりくまごろう氏の班は比較的おおざっぱなプレイスタイル。目の前にいる敵を好きなように攻撃し、宝箱が出るたびに全員が一喜一憂。とても盛り上がっている!

▲教官から感情表現を周囲に伝える“エモート”の使いかたを教わり、ゲームの進行そっちのけでおおはしゃぎするしゃけとりくまごろう氏。

eorzeabootcamp/16 eorzeabootcamp/17

▲かと思えば、しゃけとりくまごろう氏の班の竜騎士が大技である“リミットブレイク”を使いこなすなど、目覚ましい活躍も。

▲何度も危うい目に遭いながらも、見事サスタシャ浸食洞のボスを討伐し、ガッツポーズ。おつかれさまでした!

eorzeabootcamp/18 eorzeabootcamp/19

▲一方、別の班の黒魔道士も、ひと手間操作が必要な“ターゲットマーカー”を使いこなし……。

▲サスタシャ浸食洞のボス群に“プチメテオ”をヒット。これぞDPSの醍醐味! お見事です!

eorzeabootcamp/20

▲ガッチマン氏の班は予定時間よりも早くサスタシャ浸食洞をクリアしたため、“タムタラの墓所”にも挑戦。もはや初心者卒業ですね。

●卒隊式でまさかの訓練。“蛮神イフリート討滅戦”に挑戦!

 楽しい時間はあっという間に過ぎるというが、たっぷりとられていたはずの3時間はまたたく間に終了。「正直、サスタシャは難しいかなと思いましたけど、戸惑いながらも皆さんのプレイが上達していく様子を見てテンションが上がりました」と白杉氏が語るとおり、すべての班が目的を果たして卒隊式の時間となった。苦労したところを聞かれた参加者は、「MMORPGはけっこうやっているけど、タゲ取り(敵の攻撃対象を自分に引きつけること)が難しかった」(タンク)、「コントローラーを使うのが四苦八苦だった」(黒魔道士)などと感想を述べていた。


eorzeabootcamp/21

▲ヒーラーを担当した参加者は「MMORPGは人とのつながりが増えていくことが楽しい。(今回のイベントのように)顔を合わせてパーティプレイをするのは初めてだったので楽しかった」と述べた。

 ひと仕事終えた参加者が充実した表情を見せるなか、教官から最後のプレゼント。各班の代表者で新しく編成したふたつのチームに蛮神と呼ばれる強大な敵と戦う“イフリート討滅戦”への挑戦権が与えられたのだ。そこにガッチマン氏としゃけとりくまごろう氏も参加し、みんながワンランク上のバトルに身を投じた。


eorzeabootcamp/22 eorzeabootcamp/23

▲イフリート討滅のカギは、バトル中盤で出現する“炎獄の楔”をなるべく早く破壊し、その後発動する全体攻撃“地獄の火炎”を耐えしのぐこと。

▲しゃけとりくまごろうチームがスタート。このチームのタンクは女性。『新生FFXIV』はすでに始めているそうだが、ナイトに憧れて、ナイトでの立ち回りを勉強したくてイベントに参加したという。

eorzeabootcamp/24 eorzeabootcamp/25

▲楔への全力攻撃が遅れたためにパーティは全滅してしまったが、一度のリトライでスムーズに撃破。手に汗握るバトルに、しゃけとりくまごろう氏も「楽しいねー!」を連発していた。

▲2回戦目はガッチマンチーム。プレイの手を休めることなく実況を加え、チームメンバーに攻略のポイントを指示していく。

eorzeabootcamp/26 eorzeabootcamp/27

▲危なげなく楔を破壊し、竜騎士がリミットブレイクを打てばイフリートに更なるダメージが与えられる! と思われた瞬間、フワァっと全員を回復する“癒しの風”が吹く……。なんと、吟遊詩人がひと足先にリミットブレイクを打ったらしいのだ。思わぬハプニングに、会場から笑いが起きた。

▲見事イフリートを討滅。「なぜかリミットブレイクが使えないと思ったら、隣り(吟遊詩人)の人が回復していました」という竜騎士の感想に対し、「吟遊詩人のリミットブレイクはどんなものかなと思った。DPSだから攻撃だと思ったんですが……」と吟遊詩人が申し訳なさそうな様子。これには白杉氏が「きちんと教えていなかった教官のせいですね。吟遊詩人のリミットブレイクは少し特殊で、周囲の人を回復するんですよ」とフォローしていた。

 メイン教官の白杉氏から、「『新生FFXIV』は、皆さんが思い描く『FF』らしさがたくさん詰まったゲーム。いろいろな『FF』らしさがあると思うが、物語、世界観、バトルなど、さまざまなところで『FF』らしさを感じてもらえるはず。今回はバトルだけを取り上げたが、それ以外にも釣りを楽しんだり、オシャレを楽しんだり、家を建ててインテリアを集めたり、自分のチョコボを育てたりなど、いろいろなことができるので、今回楽しかったと思った方は、ぜひこれからも遊び続けてもらえるとうれしい」という主旨の挨拶がなされ、BOOT CAMPは締めくくられた。また、参加者は特製のバンダナと5種類のアートカードから好きな絵柄をひとつお土産としてもらい、さらに製品版を購入したうえで申請すると教官用のバンダナがもらえるという特典もあった。


eorzeabootcamp/28

▲会場には『新生FFXIV』プロデューサー兼ディレクター、吉田直樹氏のサイン入りプレイステーション4が飾られていた。影の教官としてひっそり見守っていた……ということかな?

 プレイ中の皆さんに話を伺ったところ、MMORPGは『FFXI』などで経験済みという方が半数ほどおり、『新生FFXIV』について詳しくは知らなくても、何かしらの機会に少し触れたことがある方が多いようだった。その経緯もあってか、各教官が「初心者として参加されたとは思えない優秀生ばかり」とお墨付きを受ける上達ぶり。何より、皆楽しげで終始笑顔が絶えなかったのが印象的で、サービス開始からほとんど毎日プレイしている記者でさえ、その輪に混ざりたくなるイベントだった。