2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。今回は、選手育成モード“サクセス”の主要キャラクターたちを紹介する連載企画の野手編をお届け。

●親友の矢部君たち野手を紹介

 2014年で20周年を迎えるKONAMIの人気野球ゲーム『実況パワフルプロ野球』シリーズ。本シリーズの目玉ともいえる選手育成モード“サクセス”には、物語を彩る魅力的なキャラクターが多数登場する。今回の企画では、最新作『実況パワフルプロ野球2014』にも登場するおなじみのキャラクターたちを全3回に分けて紹介していく。第2回は、主人公の親友矢部君たち野手編をお届けする。

■サクセスとは?

 サクセスは、1996年にスーパーファミコンで発売された『実況パワフルプロ野球3』で初登場した選手育成モード。シミュレーションゲーム形式でシナリオを進めながら、イベントや野球の試合結果によって主人公キャラクターを育成していくことになる。限られた期間内で効率よく選手を成長させていくのが基本となるが、能力アップのイベントにはケガをするなどのリスクがつきまとう。こういったランダム性によって絶対的な攻略は存在せず、その絶妙なバランスが多くのファンに支持されるおもしろさを生み出している。クリエイター座談会(→こちら)でも話題が上がったように、同社の人気恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』に大きな影響を受けている。

■矢部 明雄(やべあきお)
右投右打/外野手

 初期の作品から登場しているメガネのアイツ。パワプロ君の相棒的存在で、口グセは「○○でやんす」。俊足で肩の強さもそこそこだが、チャンスに弱い。野球よりもアイドルやガンダーロボに情熱を燃やすオタクで、かわいい女の子を見ると基本的に一目惚れしてしまう。なお、姉妹作品でもメガネ一族として登場する。

■猪狩 進(いかりすすむ)
右投左打/捕手

 猪狩守の弟で、強肩、巧打、好守を誇るキャッチャー。才能溢れる兄に対して複雑な思いを抱いているが、いつかは超えるべき相手と考えている。スイーツに目がないという、かわいい一面も持つ。なお、交通事故に遭った後に改造手術を施され、“野球マスク”として活動していたこともあるとかないとか。

■友沢 亮(ともざわりょう)
右投両打/遊撃手

 高校時代は投手だったが、利き腕を故障して遊撃手となった。走攻守の三拍子揃ったスイッチヒッターで、サブポジションとして二塁手もこなす万能選手。大家族の長男で金銭面で苦労しているが、それが原動力にもなっている。硬派で実直な男だが、意外とミーハーな部分もあり、アイドル“ホーミング娘”のファン。

■六道 聖(ろくどうひじり)
右投右打/捕手

 常人離れした集中力と反応速度、バツグンのリードが特徴の女性キャッチャー。橘みずきが投げるクレッセントムーンの受け手として、高校時代にバッテリーを組んでいた。謎のヒーロー・野球マン3号となり、1号と2号と協力して、悪のコーチを倒したこともある。好物はとっても甘いきんつばで、私服は和服が多い。

■猛田 慶次(たけだけいじ)
右投右打/外野手

 チャンスに強く、ここ一番で実力を発揮する一発屋タイプ。実家が猛田工務店を営んでおり、頭に巻いたタオルがトレードマーク。自身も野球道具の改造を得意としていて、魔改造された道具のお世話になったプレイヤーも多いはず。今日も「トンテンカントンテンカン」と改造する音が響いている……。

●おまけ 猪狩守コレクション

実況パワフルプロ野球8
実況パワフルプロ野球9
実況パワフルプロ野球10
実況パワフルプロ野球11

一般社団法人日本野球機構承認 日本プロ野球名球会公認 (公社)全国野球振興会公認 プロ野球フランチャイズ球場公認 ゲーム内に再現された球場内看板は、原則として2014年プロ野球ペナントシーズン中のデータを基に制作しています。 データ提供 データスタジアム(株) (C)Konami Digital Entertainment