『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』“はじめてのセクシーコスチューム”など国内初回特典情報&雷道の情報が公開

コーエーテクモゲームスは、2015年2月19日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One、Xbox 360用ソフト『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』について、最新情報を公開した。

●いろいろと期待が膨らむ新情報、続々公開!

 コーエーテクモゲームスは、2015年2月19日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One、Xbox 360用ソフト『デッド オア アライブ 5 ラスト ラウンド』について、最新情報を公開した。

●雷道、復活!

 第一回“DEAD OR ALIVE”大会決勝でかすみに敗れ、デンジャーゾーンの爆発に巻き込まれ死亡したはずの“雷道”が復活し、本作に登場することが判明。躯体の一部を機械に改造されながらも、再びかすみの前に立ちはだかる!
 格闘スタイルは、かすみやハヤテと同じく「霧幻天神流」をベースとしつつ、相手の技をコピーする特殊な能力を駆使し、他流派の技をも使いこなす。

▲霧幻天神流・現頭首ハヤテから奪った奥義「裂空陣風殺」を放つ瞬間。

▲強さのみを求める凶暴さゆえに里を追放され抜け忍となった雷道。里との因縁は深く、対戦相手のあやねの実父でもある。ただし機械化による蘇生措置で、殺戮マシーンと成り果てた今、自身の娘と戦っていることなど知る由もない……。

▲里を影から背負うことを余儀なくされた不遇のくノ一、あやね。元凶である雷道との親子対決、彼女の攻撃にもはや迷いはない。

▲超忍、リュウ・ハヤブサとの一戦。新世代クオリティで復活する初代DOA「デンジャーゾーン」ステージで、爆発床に巻き込まれる雷道。第一回「DEAD OR ALIVE」大会において同ステージで爆死したと思われていた。

▲雷道VSハヤブサ。躯体に機械化処置が施され、強化された雷道を前に超忍リュウ・ハヤブサといえども後がない!

▲霧幻天神流・頭首ハヤテとの一戦。容赦なくハヤテに襲い掛かる雷道。巨体を活かした打撃や投げは強烈だ。

▲雷道VSハヤテ。かつて、雷道が里を襲撃し、一子相伝の奥義「裂空陣風殺」がハヤテから奪われた。抜け忍雷道との決着をつけるべく、今一度里の長ハヤテが対峙する。

▲身体の一部を機械に改造された副作用から過去の記憶が残されておらず、ただ本能のままに強さを求める殺戮のサイボーグと成り果てた。

▲雷道登場シーン。戦闘準備が整い、機械化された右目が怪しく光る。

▲落下中の相手に対し空中から「裂空陣風殺」を放ち追い討ちをかける雷道。

▲雷道勝利シーン。

◆『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』雷道トレーラー

●国内初回特典は“はじめてのセクシーコスチューム”/“はじめてのセクシーグラビア”!

 本作の初回特典には、マリー・ローズら4名分の“はじめてのセクシーコスチューム”DLシリアルと“はじめてのセクシーグラビア”もついてくる。彼女たちの水着姿を眺めて常夏気分を満喫だ!
 グラビアは“ムービーシアター”モードから再生できる。演出時のコスチュームや髪型は当然のこと、なんと濡れ具合までも設定可能! ゲーム内カメラを駆使してこだわりの一枚を撮影しよう!

●新コスチューム・新髪型紹介!

■新髪型
スクールコスチュームを着こなし、何やら談笑している様子のミラとティナ。それぞれの新しいヘアスタイルに注目だ。ミラ→ヘアピン、ティナ→ツインテール)

■新コスチューム
ミラ、Alpha-152ともに新しいコスチュームにて戦場で対峙。緊迫感漂うシーンだが、ミリタリースタイルのミラに対して、Alpha-152は…なんとセーラー服!?



(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved
※画面は開発中のものです。