『バトルフィールド』シリーズ最新作『バトルフィールド ハードライン』。軍隊ではなく警察をテーマにした本作の海外発売日が決定した。

●日本発売も早めでお願いします!

 FPS『バトルフィールド』シリーズ最新作『バトルフィールド ハードライン』の、海外での発売日が2015年3月17日に決定した。

 E3で正式発表するとともにβテストを開始するというかつてない滑り出しを見せながらも、完成度を高めるために発売日を2015年に遅らせることを決断した本作。いよいよ海外での発売日が決定し、どれだけブラッシュアップされたのかが気になるところだ。

 本作では、メインの開発チームにホラーシューター『デッドスペース』シリーズで知られるVisceral Gamesを起用。シリーズに新風を吹き込む“警察vs犯罪組織”というコンセプトを導入している。シングルプレイのストーリーモードでは、麻薬戦争が勃発したマイアミを舞台に、主人公の捜査官ニック・メンドーサが、パートナーの女性捜査官カイ・ミン・ダオとともに、ストリートから元締めへと辿っていく様子が刑事ドラマさながらに描かれる。
 一方マルチプレイでは、警察側と犯罪組織側に分かれ、普段の『バトルフィールド』の軍隊の戦いとは異なる、より高速で都市型の犯罪との攻防をフィーチャー。ガジェットなどもテーマに沿ったものが用意されており、かつてない『バトルフィールド』体験ができそうだ。