『スーパーヒーロージェネレーション』いよいよ最後のプレイアブルキャラクターが公開 “チャレンジステージ”の存在も明らかに

バンダイナムコゲームスは、2014年10月23日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『スーパーヒーロージェネレーション』について、新たなプレイアブルキャラクターや、“チャレンジステージ”を公開した。

●ゾフィーや仮面ライダービーストが登場

 バンダイナムコゲームスは、2014年10月23日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『スーパーヒーロージェネレーション』について、新たなプレイアブルキャラクターや、“チャレンジステージ”を公開した。

■全10ステージ、3段階の難易度に挑む“チャレンジステージ”
 メインステージの攻略を進めると開放される“チャレンジステージ”。これまで出会った敵のデータと戦えるシミュレーターで、戦闘の模擬戦に挑むことができる。ヒーローのレベル上げ、強化の為のヒーローポイントやCP稼ぎなどに向いたステージ。

▲(1)まずは挑むステージを選択。最初の難易度は“ノーマル”だが、クリアーすると“ハード”、“アルティメット”が開放される。

▲(2)出撃前にはヒーローどうしの会話も。

▲(3)出撃準備が整ったらゲームスタート!

▲(4)通常ステージ同様に、ミッションブレイクとボスブレイクが発生する。

▲(5)このステージの場合、まず大群で迫りくるショッカー戦闘員とのバトル。ザコと侮るなかれ。シミュレーターなので、強さも手強く調整されている。油断は禁物だ。

 ステージを進めていくと、ただのシミュレーターだったはずが、徐々に様相が変わり始める……。チャレンジステージに起きる異変とは!?
 メインステージとは異なる番外編的なシナリオ展開も楽しめる。

■新たに判明した参戦ユニットを戦闘シーンとともに紹介
 メインステージを進めたり、ヒーロークエストの条件を達成することで使用可能となるプレイアブルユニット。これまでの記事の中でさまざまなキャラクターが公開されてきたが、いよいよ最後の3体が明らかになった。

ゾフィー
出典作品:ウルトラマン
 光の国の“宇宙警備隊”隊長を務めるウルトラ兄弟のリーダー。ウルトラ戦士の中でもトップクラスの実力を持ち、仲間たちがピンチに陥ったときには必ず救援に駆けつける頼もしい存在である。

仮面ライダービースト
出典作品:仮面ライダーウィザード
声:永瀬匡さん
 “ビーストキマイラ”の力を借り、“古の魔法使い”と呼ばれる仮面ライダー。スタイルチェンジでファルコやカメレオなど動物の力を宿したマントを肩に纏い、さまざまな魔法を駆使して戦う。

ガンダムAGE-2 ダークハウンド
出典作品:機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
声:鳥海浩輔さん
 宇宙海賊“ビシディアン”に所属する髑髏のレリーフが特徴のガンダム。奇襲や格闘戦を得意としており、
銃身が長槍状になっている“ドッズランサー”など、特有の装備を持っている。



(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
(C)石森プロ・東映
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)円谷プロ
※画面は開発中のものです。