舞台版『ダンガンロンパ』のテーマソングCDのアートワークが公開 江ノ島盾子と神田沙也加のツーショットは必見!

神田沙也加(Vocal)と、Billy(Guitar)によるユニット“TRUSTRICK”の11月12日発売となるコラボレートシングル『World’s End Curtain Call-theme of DANGANRONPA THE STAGE-』のアートワークが公開された。

●全収録曲も決定

 神田沙也加(Vocal)と、Billy(Guitar)によるユニット“TRUSTRICK”の2014年11月12日発売となるコラボレートシングル『World’s End Curtain Call-theme of DANGANRONPA THE STAGE-』のアートワークが公開された。
 本作は、神田がファンを公言する、ハイスピード推理アクションゲーム『ダンガンロンパ』の初舞台化作品“ダンガンロンパTHE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~”のテーマソングとなっている。本公演には神田も江ノ島盾子役で出演する。

 また、『World’s End Curtain Call-theme of DANGANRONPA THE STAGE-』のアートワークは、『ダンガンロンパ』を生み出したスパイク・チュンソフト監修の元、TRUSTRICKが自らディレクションをする徹底ぶりで、コラボレートシングルならではのさまざまな仕掛けが随所に散りばめられているという。
 商品は予約受付日に主要Webショップにて入荷予定分が即日完売してしまった状況らしいが、店舗ではまだ予約受付をしているところもあるので、ぜひチェックしてみてほしい。以下、リリースより抜粋。

▲『World’s End Curtain Call-theme of DANGANRONPA THE STAGE-』アートワーク

 楽曲は現在、一部がTRUSTRICK公式サイトレーベル公式サイトダンガンロンパTHE STAGE公式サイトにて試聴できる。

 また、未定となっていたTRACK2には、1stアルバム『Eternity』に収録されていた『TRICK or HOLIC』のハロウィン仕様のリミックスヴァージョンが収録される。こちらはTRUSTRICKのメンバーふたりが敬愛し、現在minus(-)他さまざまな活動で活躍する、ex.SOFT BALLETのKen.Moriokaによるリミックス。メンバーの熱望でこちらも豪華なコラボレーションが実現した。

 12月1日(月)にはデビューとなった今年1年の活動の集大成となる、渋谷CLUB QUATTROでのプレミアムワンマンライブ、TRUSTRICK PREMIUM LIVE 2014“Year’s End Curtain Call”を行うが、こちらは現在先行受付中。(10月13日(月)23:59まで実施)こちらは応募者多数の状況なので抽選になるが、ぜひチケットを手に入れてTRUSTRICKのLIVEを体感してほしい!

■リリース情報
◆TRUSTRICK
11月12日(水)発売
Collaborate Single (完全初回限定3868枚)
“ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~”テーマソング
World’s End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-
価格:1200円[税込] 、1111円[税抜]
収録曲
1.World’s End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE-
2.TRICK or HOLIC (Halloween Attack Mix)
3.World’s End Curtain Call -theme of DANGANRONPA THE STAGE- ≪off vocal≫

その他
10月29日配信
“福岡マラソン2014”テーマソング『On your marks!
※iTunes、レコチョクほか各サイトで10月29日(水)0:00より配信開始

■ライヴ情報
◆TRUSTRICK PREMIUM LIVE 2014“Year's End Curtain Call”
日時:2014年12月1日(月) 開場 18:30 開演 19:30
会場渋谷CLUB QUATTRO
席種/料金:オールスタンディング 前売:3500円[税込/ドリンク代別]
HP先行受付
2014年9月27日(土)10:00 ~ 2014年10月13日(月)23:59の間にこちら(PC・モバイル共通)よりお申し込みください。

*HP先行受付はお申し込み多数の場合、応募抽選制になります。
*当選通知は2014年10月15日(水)以降のご連絡となります。
*チケットはおひとり様4枚までの販売となります。

チケット一般発売
2014年11月8日(土)10:00~ 各PGにて
お問い合わせSOGO TOKYO 03-3405-9999
(月~土 12:00~13:00/16:00~19:00 ※日曜・祝日を除く)

■舞台情報
◆“ダンガンロンパ THE STAGE ~希望の学園と絶望の高校生~”
日程:2014年10月29日(水)~11月3日(月・祝)
追加公演日時:10月29日(水)13:00開演/11月3日(月・祝)17:00開演

チケット好評発売中!

会場:日本青年館・大ホール
出演:本郷奏多/岡本玲/小澤亮太/大沢ひかる/八神蓮/高木万平/藤江れいな(NMB48)/大島なぎさ/石田晴香(AKB48)/奥仲麻琴(PASSPO☆)/池端レイナ/向清太朗(天津)/山口ゆきえ(カーニバル)/宮下雄也(RUN&GUN)/田中日奈子/松風雅也/風間トオル(映像出演)/大山のぶ代(声の出演)/神田沙也加
演出・出演: 石田明(NON STYLE)
脚本: 堀江慶
シナリオ監修: 小高和剛(スパイク・チュンソフト)
音楽:高田雅史(サウンドプレステージ)

お問い合せ
東京音協 03-5774-3030
主催:希望ヶ峰学園演劇部 制作:CORNFLAKES 後援:beachwalkers 企画協力:スパイク・チュンソフト

■TRUSTRICKについて
神田沙也加(Vocal)×Billy(Guitar)
 “TRUST”=信頼、信用 “TRICK”=いたずら、策略 という真逆の造語を冠した、神田沙也加(Vocal)とBilly(Guitar)による新ユニット。歌手・神田沙也加へのリスナーからの期待に応えること(TRUST)×Billyの音楽的バックボーンとあそび心を融合させること(TRICK)で、ユニット形態ならではの化学変化を起こし、少しの毒とファンタジーが共存する独自の世界へと聴き手を誘っていく。

神田沙也加
Vocal/Lyric
1986年10月1日 type A 157cm
 舞台を中心に女優としてのキャリアを積み、“INTO THE WOODS”、“グリース”、“ウーマン・1イン・ホワイト”、“ピーターパン”、“レ・ミゼラブル”、“SHE LOVES ME”、“ファンタスティックス”、“Endless SHOCK”、“ひめゆり”、“赤毛のアン”など多数のミュージカルに出演。2014年ディズニー映画『アナと雪の女王』日本語吹替版アナ役を担当。
 2002年に歌手としてデビューし、シングル『ever since』、『garden』、『水色』、アルバム『Doll』、10周年記念アルバム『LIBERTY』などリリース。
 ほかにも、ラジオNACK5“GOLDEN 4 EGGS”火曜日レギュラー、雑誌“KERA”モデルを行うなど多岐にわたり活躍中。また、本人出演のアサヒフードアンドヘルスケア“キレイな間食”、“がんばるって甘酸っぱい”篇 TVCMが全国にてオンエア中。
 10月6日月曜日23時24分~から放送の“未来シティ研究所”(毎週月曜日22時54分~、初回のみ放送時間変更、テレビ東京)ではナレーションを担当する。

Billy
Guitar/Compose
1980年11月16日 type B 180cm
 15才から独学でギターと作曲をはじめる。ニューウェーブ、ファンク、90年代のオルタナティブロックの影響を受けつつも、自らの作品ではポップであることを追求する。2006年から上杉昇(ex.WANDS、al.ni.co)氏が率いるバンド“猫騙”のギタリストとして活動。アルバム『WARP』、『知恵の輪と殺意』などをリリース、全国14ヵ所のツアーを行う。2013年に同バンドを脱退後ソロ活動を行い、TRUSTRICK結成。

■『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』とは
 2010年11月にPSP用ソフトとして発売し、シリーズ累計60万本以上(ベスト版含む)を販売。
 あらゆる分野の超一流の高校生を集め育て上げるために設立された“私立 希望ヶ峰学園”。
 「この学園を卒業出来れば人生において成功したも同然」とまで言われている学園に、主人公・苗木誠もまた、入学を許可されていた。
 平均的な学生のなかから、抽選によりただ1名選出された“超高校級の幸運”として……。
 入学式当日、集まった超高校級の生徒15人に、学園長と称する“モノクマ”が語りかける。
 「これからオマエラには一生ここで暮らしてもらいます。もし学園から卒業したければ……仲間の誰かを殺して逃げ延びることっ!」
 新入生を待ち受けていたのは、生死を懸けた駆け引きと卑劣な学級裁判が目まぐるしく展開する“絶望”の高校生活だった。
 学園長“モノクマ”に閉じ込められた生徒たちが、脱出をかけた“コロシアイ”と犯人解明の“学級裁判”をくり広げる。
 学級裁判では、証言や証拠を弾丸に見立て、矛盾した発言に撃ち込むことで真相を暴いていく、推理とアクションが融合したシステムが特徴の“ハイスピード推理アクション”ゲーム。
 2012年にはスマートフォン向けアプリとして配信を開始し、2013年夏にはTVアニメ化。
 2014年9月25日にはシリーズ最新作 プレイステーション Vita用ソフト『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』も発売し、更なる盛り上がりを見せている。