幕末の士によるふたつの新たな物語

 スパイク・チュンソフトは、プレイステーション3用ソフト『憂世ノ志士』、プレイステーション Vita用ソフト『憂世ノ浪士』の発売を決定し、公式サイトおよびティザー映像を公開した。発売日、価格などは後日公開予定。

PS3/PS Vita 憂世ノ志士/憂世ノ浪士 ティザー映像


 PS3『憂世ノ志士』、PS Vita 『憂世ノ浪士』は、スパイク・チュンソフトによる新たな和物アクション・アドベンチャー。両タイトルともに、舞台は激動の時代・幕末。PS3とPS Vitaで同じ時代設定ながら別のシナリオとなっており、史実をベースにした“if”のストーリーが描かれる。

■PS3『憂世ノ志士』
 記憶喪失の坂本龍馬、なぜ龍馬は記憶を失ったのか、日本はなぜ鎖国するのか、実際に起きた歴史的事件を別の解釈で語る、維新激動の物語。
◆主要キャラクター
・坂本龍馬:長崎出島で記憶を失い、裸で倒れていた侍。
・勝海舟:幕府軍艦奉行。幕府の人間でありながら、影で倒幕を志す組織“海援隊”を結成する。
・お龍:記憶を失った主人公の前にいた娘。その瞳の奥に、神秘的な強さを感じさせる。

◆PS Vita『憂世ノ浪士』
 治安維持のためさまざまな殺人事件を捜査する沖田の甥、芳次郎。激動の時代のなか、新撰組の変化を中心に描く物語。
◆主要キャラクター
・沖田芳次郎:沖田総司の姉の子。心優しく、周りの人々の平穏を願う新選組隊士である。
・沖田総司:強さに反してその容姿は、ボーイッシュな少女にすら見える美少年。
・近藤勇:新選組局長。 厳格で規律を重んじる武士らしい武士。

■共通ゲーム概要
 プレイヤーは、シナリオ含め、さまざまな遊びが用意された広大なフィールドを自由に移動することができる。また、武器の強化・収集なども可能。浮世絵師としての一面をもっている主人公は、“士(さむらい)”としてだけではなく浮世絵師としての腕を磨くことも。

◆爽快チャンバラアクション
 状況に合わせて武器を使い分け、必殺剣で敵を掃討できる。物語のなかでは仲間との共闘といったイベントもあり、バリエーションのあるチャンバラを楽しめる。
◆浮世絵エンジン
 独自の浮世絵エンジンシステムによる、さまざまなシーンでの浮世絵演出や、浮世絵を使った遊びによって、幕末の時代を演出する。


憂世ノ志士
メーカー スパイク・チュンソフト
対応機種 PS3プレイステーション3
発売日 未定
価格 未定


憂世ノ浪士
メーカー スパイク・チュンソフト
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 未定
価格 未定