『レゴ ムービー ザ・ゲーム』の世界観に親しんでほしい

 ワーナー エンターテイメント ジャパンより、2014年11月6日発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3、Wii U、ニンテンドー3DS用ソフト『レゴ ムービー ザ・ゲーム』。キャストインタビューのトリを飾るのは、バットコップ&グッドコップなどを演じる玄田哲章さん。キャラクターを演じ分けるご苦労などを聞いてみよう。

[インタビュー記事更新予定スケジュール]
・森川智之さん⇒記事はこちら
・沢城みゆきさん⇒記事はこちら
・山寺宏一さん⇒記事はこちら

――映画『レゴ ムービー』を担当することになったときの感想を聞かせてください。
玄田 正直なところ、いままでレゴに対して、あまり興味がなかったんですね。それが、『レゴ ムービー』の完成版を見て、ふつうの人たちと変わらない感覚があって、びっくりしたんです。レゴに親近感を覚えるというか、親しみが感じられる。「レゴなのに……」といったら失礼ですが(笑)、表情もすごく豊かなわけです。「生命を吹き込むとは、こういうことなのか!」と思いました。

――演じ甲斐がありそうだぞ……と?
玄田 演じる役が多過ぎて(笑)。とにかく役をこなすことに一生懸命でしたね(笑)。

――ああ、演じ分けはたいへんそうですね。
玄田 とにかく気持ちを切り替えて、役柄の気持ちになって演じるしかないですね。そのときどきで、役に集中する感じです。

――とくに印象的な役は?
玄田 やっぱり、バットコップとグッドコップの切り替えですね。“いい・悪い”の対照的なキャラクターですから。もちろん、演じるときは別々に収録しましたよ。仕上がりも自分で想定していた以上によくて、レゴに“生命を吹き込む”ことの手助けが少しはできたのかな……と、ほっとしました。

――豪華声優陣の競演がすごかったですね。
玄田 その中に選ばれたのは光栄なことです。仕上がりを見ると、皆さん器用に役をこなしていらっしゃって、すごいなと思いました。昔に出演していた『セサミストリート』も7人で複数の役柄を回していたので、同じような経験はあったのですが、今回はそれに輪をかけてたいへんでした。とにかく挑戦のし甲斐がありましたね。今回ゲーム化にあたって、また『レゴ ムービー』の世界と関われることになってうれしいです。ぜひゲームでも、『レゴ ムービー』の世界観を味わってほしいです。

――ちなみに、レゴの思い出なんてあります?
玄田 子どもたちには買ってあげたことがあるのですが、部屋を歩いていて踏むと痛いという(笑)。

――私にもその経験あります(笑)。それが形になって、今回生命が吹き込まれたわけですからね。
玄田 確かに。すごい映画ですよね。初めて映画を見たときは、本当に驚きの連続でしたよ。

――ゲームでも驚きが待っていそうですね。
玄田 レゴの世界を知らない方にも興味を持っていただける、いい機会ですよね。少しでもレゴに興味がある人にはこのゲームをプレイしてもらって、世界観を楽しんでいただけたらうれしいです。