『新生FFXIV』ファン感謝イベントの名は伊達じゃない!? 仙台F.A.T.E.リポート

 2014年7月21日、TKPガーデンシティ仙台にて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のファン感謝イベント、“FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event in SENDAI”が開催された。これは大阪、札幌、名古屋に続く、今年1年をかけて日本全国を回って開催されるイベントの第4回だ。

●ファンとおおいに盛り上がるスタッフの姿。その理由は?

fate16SENDAI/01

 前日のぐずついた天候から一転、からりと晴れた2014年7月21日、TKPガーデンシティ仙台にて、『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』のファン感謝イベント、“FINAL FANTASY XIV: Full Active Time Event in SENDAI”が開催された。これは大阪、札幌、名古屋に続き、今年1年をかけて日本全国を回って開催されるイベントの第4回だ。


fate16SENDAI/02

▲政宗公も見守るなか、イベントは仙台駅近くの大きなビルで開催。いい天気です。

 15時にイベントはスタート。抽選で招待された200人のファンが、つぎつぎに会場に訪れた。来場したファンは、プロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏とコミュニケーションを取るための列か、グッズ販売の列に並ぶのが、このF.A.T.E.イベントを通じての大きな傾向だ。今回もご多分に漏れずのスタートとなった。


fate16SENDAI/03

▲イベント開始寸前のひとコマ。ご覧の調子のサウンドディレクター祖堅氏(右)を生暖かく見つめる、サービス&コミュニティーチームの室内氏(左)。

fate16SENDAI/04 fate16SENDAI/05

▲吉田来場者が寄せ書きできるメッセージボードに、吉田氏が最初に書き込むのも恒例となっている。

▲20時から放映が予定されている、第16回プロデューサーレターLIVEに登場予定の河本信昭氏もひと言。

fate16SENDAI/06

▲会場にいるスタッフは皆サイン攻めに。コミュニティーチームの望月氏も緊張しながらサイン。

fate16SENDAI/07 fate16SENDAI/08

▲会場の一角でどよめきが起こった。室内氏、望月氏、祖堅氏がファンと盛り上がっているようだが、その理由は……。

▲なんと、ファンの方が、カーラインカフェにあるステンドグラスを、実際に製作した、と写真で報告していた。こりゃ盛り上がるでしょ!

fate16SENDAI/09

▲もちろん、吉田氏も詰め掛けたファンに終始丁寧に対応しています。

 大人気のグッズ販売コーナーには、先日発売されたばかりのアイテムカタログ本が新登場していた。


fate16SENDAI/10 fate16SENDAI/11

▲じつは、この本がいちばん早くに売り切れていた。

▲2番目に早く売り切れたのは、ミニオン柄のTシャツだった。次回F.A.T.E.でのご参考に!

 恒例のバトルチャレンジコーナーは、今回から真ラムウ討滅戦に切り替わっていた。これは微調整されたイベント仕様で、遊びやすくなっている模様。


fate16SENDAI/12 fate16SENDAI/13

▲さらに、来場時に割り振られるロールに従い、あらかじめ会場でリアルの4人パーティを組んでバトルチャレンジに挑むと、ご覧のアートカードがプレゼントされるシステムに!

▲今回の試遊では、ALIENWAREの超高性能マシンが使われた。

fate16SENDAI/14

▲挑戦者に紛れて河本氏も参加。だが、学者担当になり、若干テンパリ気味!?

fate16SENDAI/15

▲『シアトリズム ファイナルファンタジー カーテンコール』の試遊台も置かれていた。週刊ファミ通のオポネが挑戦! 他誌の記者に対戦モードで勝ち、面目躍如。

 イベント前半の終了際には、プロデューサーレターLIVEのテスト放送も行われた。本番は20時から、以下のアドレスで見られるぞ。

●YouTube Live
●ニコニコ生放送
●Twitch


fate16SENDAI/16

▲テスト放送は、本番ともまた違った緊張感が走り、笑いが起こる。

 仙台大観音も見守る、第16回プロデューサーレターLIVEの内容については、追ってお届けしよう。


17