アジアをモチーフにしているアメリカのアニメーション作品『The Legend of Korra』が、プラチナゲームズによってゲーム化されることが発表された。

●今秋、ダウンロードソフトとして配信予定

 
 アジアをモチーフにしているアメリカのアニメーション作品『The Legend of Korra』が、プラチナゲームズによってゲーム化されることが、プラチナゲームズのゲームデザイナー、橋本祐介氏のTwitterにて明らかになった。

 プラットフォームはプレイステーション4、プレイステーション3、Xbox One、Xbox 360、PCで、今秋、ダウンロードソフトとして配信予定。PC版はSteamにて配信予定。なお、日本での展開については言及されていない。

 
 アニメ『The Legend of Korra』は2012年4月からアメリカで放送されている作品で、かつて日本でも放送されたアニメ『アバター 伝説の少年アン』の70年後の世界を描いた続編にあたる作品。

 アニメ『The Legend of Korra』の公式Facebookではゲームパッケージのイメージイラスト3点が公開されており、ユーザーの投票の結果によってどの画像が使われるかが決定される模様。また、ニンテンドー3DS向けにも同名のタイトルが発表されており、こちらはWebfoot Technologiesが開発、ターン制の戦略ゲームとして2014年中にリリース予定とのこと。