『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』は黄昏シリーズの集大成! 岡村ディレクターインタビュー完全版

『アトリエ』シリーズ最新作『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』のディレクターを務める、岡村佳人氏のインタビュー完全版をお届け。

●黄昏の世界を、自分なりのプレイスタイルで楽しめる!

logo
シャリー01

 ガストを代表するRPG『アトリエ』シリーズの最新作、『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』(2014年6月26日発売予定)。本作は、『アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~』、『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~』に続く、“黄昏”シリーズの3作目であり、ひとつの到達点となるタイトルだという。

 『シャリーのアトリエ』発表にあたり、週刊ファミ通4月10日号“『アトリエ』シリーズ 大地・空・海の新作特集”では、ディレクターを務めるガストの岡村佳人氏のインタビューを掲載。だが、誌面スペースの都合上、すべてを掲載することはできなかった。そこで今回、誌面では残念ながら省略されてしまった部分も含む、インタビュー完全版をお届け! 2014年3月27日に発売されたプレイステーション Vita用ソフト『アーシャのアトリエ Plus』、2014年4月10日に放送がスタートするテレビアニメ『エスカ&ロジーのアトリエ』についてもお話をうかがった。

[関連記事]ふたりの少女が紡ぐ新しい物語、“黄昏”シリーズ第3弾『シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~』


a

ガスト ディレクター
岡村佳人氏
Yoshito Okamura


■黄昏シリーズの中でもっとも広い世界をプレイヤー自身の手で切り拓く

――ついに新作『シャリーのアトリエ』が発表されましたが、まずは本作の概要から教えていただけますでしょうか。
岡村佳人氏(以下、岡村) 前々作、前作に続く、“黄昏”シリーズの3作目です。『シャリーのアトリエ』は、黄昏シリーズのひとつの到達点となることを目指しています。これまで謎だったことも明らかになるかもしれません。黄昏の世界はどうなるのか、ということについて、ユーザーの皆さんに納得していただける答えを示したいな、と思っています。

――黄昏シリーズ1作目、2作目にあった伏線が回収されるということですね。物語の舞台は、“黄昏の海”となっていますが……?
岡村 大地、空と続いたので、皆さん予想されていたと思いますが(笑)、今回は“黄昏の海”という辺境の地を冒険していただけます。

――黄昏の海は、黄昏の世界の中で、どのあたりに位置しているのですか?
岡村 まず、アーシャが暮らしていた地方の西に、“中央”と呼ばれる場所があります。そこからさらに西にあるのが、エスカとロジーが働いていたコルセイトの街です。ちなみに、中央からコルセイトまでは、気球で1ヵ月かかります。今回の“黄昏の海”は、中央からずっと南東に行ったところにある、辺境の地です。かつては大海が広がっていたのですが、枯れ果ててしまっています。中央から黄昏の海へ行くには、砂漠を越えていかなくてはならないので、中央からコルセイトに行くよりも、道のりは厳しいです。

――もとは大海というぐらいですから、かなり広そうですね。
岡村 はい。少なくとも前作と前々作のマップを合わせたぐらいの、広い世界を旅していただけます。

――移動手段は徒歩以外もあるのでしょうか。
岡村 お察しの方も多いと思いますが、ロゴには船が描かれていますので……(笑)。今回は、プレイヤーが新しいフィールドを切り拓いていく、というイメージを持って作っています。退廃的な、儚いイメージの強い場所もありますが、オアシスのように、緑を残している場所もありますので、前作以上にバリエーション豊かなビジュアルを楽しんでいただけると思います。『トトリのアトリエ』に近い旅情感があるかもしれませんね。


シャリー05

▲黄昏の海の中で、豊かさを保っているオアシスの街、ステラード。この街の水は、前時代の錬金術の力によって供給されている。


――シリーズ初のフリーカメラが搭載されたことも、見逃せないポイントですよね。
岡村 黄昏の世界を、より隅々まで楽しんでいただこうと思い、360度回せるカメラを実装しました。これまで以上に、世界の奥行き、広がりが感じられますし、広大な世界の探索がストレスにならないような工夫も凝らしていますので、冒険をより楽しんでいただけるのではないかと思います。


■ストーリーは大幅ボリュームアップ! 前作・前々作のキャラクターも登場!?

――前作に引き続き、本作にもふたりの主人公が登場しますね。
岡村 『エスカ&ロジーのアトリエ』では、主人公選択制を採用し、一定の評価をいただけたのですが、「もっと違うストーリーを楽しみたかった」という声もたくさんいただきました。そこで今回は、前作以上にボリュームを増やし、主人公ごとに異なるお話を楽しんでいただけるようにしました。

――前作では、主人公は男性ひとりと女性ひとりでしたが、今回は女の子がふたりなんですね。
岡村 前作の主人公の名前は、エスカとロジー……英語にすると、“eschatology(終末論)”という意味を持つ名前にしたのですが、今回は、同じ愛称だけれど、性格も目的もぜんぜん違う女の子を主人公にしたらおもしろいんじゃないかな、と思いまして。


シャリステラ シャルロッテ
シャリー02 シャリー03

▲“シャリー”の愛称を持つ主人公、シャリステラとシャルロッテ。

――シャリステラとシャルロッテは、どのような女の子なのでしょうか?
岡村 シャリステラは、ひと言で言ってしまうと、“主人公らしい主人公”です。『アトリエ』シリーズではめずらしい、使命感が強いタイプですね。シャリステラが、危機に瀕した故郷を救う手段を求めて、オアシスの街にやってくるところから物語が始まります。独特の衣装を着ているのは、彼女の故郷が人里離れたところにあるためです。

――手に持っているのは、ベルですね。
岡村 そうなんです。今回は、主人公が杖を持っていないんですよ。

――このベルで、モンスターを……殴るんでしょうか!?
岡村 殴ったりは……しないですね(笑)。ベルに向かって念じることで、ステキなことが起こります。

――(笑)。一方のシャルロッテが持っているのは、杖のように見えますが?
岡村 じつは、これはホウキなんです。

――ホウキと言うと、シリーズでおなじみのキャラクターが浮かびますが……。
岡村 どうでしょう(笑)。シャルロッテは“ビッグなことがしたい”と漠然とした夢を抱く、ちょっと無鉄砲な子です。とはいえ、錬金術の知識はほとんど持っておらず、ゴミ拾いをしたりしてその日暮らしをしているんですが、ある人物と出会って、人生が変わっていくんです。その、ある人物が誰なのかを、このホウキから想像していただければ……。

――ファンならピンとくるかも、ということですね(笑)。それにしても、ふたりとも個性がまったく違うので、最初のプレイでどちらを主人公に選ぶか、悩みますね。
岡村 『アトリエ』らしい、日常のお話を楽しみたい方にはシャルロッテをオススメします。『アーシャのアトリエ』と『エスカ&ロジーのアトリエ』をプレイしていて、“黄昏”の世界の謎が気になっている! という方には、シャリステラがオススメですね。お好みで遊んでいただければと思います。

――前作のエスカとロジーは、冒頭からいっしょに行動していましたが、シャリステラとシャルロッテはいつごろ出会うのでしょうか?
岡村 基本的に、ゲーム中盤までは、主人公ごとの別々のストーリーが展開します。物語が進むと、ふたりが出会うことになりますが、その後も違うイベントが発生したり、同じイベントでも、異なる視点で楽しめたりします。ひとりの主人公でプレイするだけでも、十分楽しんでいただけますが、ぜひ両方の主人公でプレイしていただきたいですね。


シャリー04

――前作・前々作のキャラクターが、どれだけ登場するのかも楽しみです。
岡村 ユーザーの皆さんの「あのキャラクターを再登場させてほしい!」というご要望を反映したつもりですので、続報を楽しみにしていただければと思います。

――ところで、今回の物語は、『エスカ&ロジーのアトリエ』のトゥルーエンドから何年後の物語なのでしょう?
岡村 前作のトゥルーエンドの最後のシーンから、約1年後のお話になります。成長したキャラクターたちにご期待ください。


■調合やバトルは、さらに楽しく、さらに遊びやすく

――シリーズおなじみの調合、探索、戦闘についてうかがっていきたいと思います。調合は、シャリステラもシャルロッテも、釜で行うタイプの調合をするようですが……。
岡村 はい。基本的には、前作のシステムをブラッシュアップさせる形で開発中です。ただ、シャリステラとシャルロッテは、アーシャやエスカが使っていた錬金術とは違う系統の錬金術士なので、調合できるアイテム・道具に、その違いが表れています。たとえば、昔からお馴染みのアイテム、クラフトやフラムは本作にも登場しますが、デザインや材料は異なるものになっています。また、シャリステラとシャルロッテの個性の違いを、調合システムの中でも感じていただける要素を用意しています。


シャリー06 シャリー07

――探索についても、世界観が反映されたシステムが搭載されていますね。採取地では、一定の素材を採取し続けると、その素材がしばらく採れなくなったりする、とのことですが、これは滅びへ向かいつつある“黄昏の世界”らしい要素ですね。
岡村 前作では、井戸水やリンゴが採り放題で、黄昏の世界をあまり表現できていませんでした。今回は、プレイヤーの行動が世界に影響を及ぼすことを感じていただくために、この“環境変化”の要素を取り入れました。ただ、ゲームバランスを大きく崩すような仕様にはなっていませんので、ご安心ください。

――とはいえ、やり込み派のプレイヤーなら、「序盤であの素材をたくさん採っておけば、早々に別の素材をゲットできるぞ!」という、環境変化を利用した楽しみかたができますよね。
岡村 そうですね。意図的に環境変化を起こして、欲しい素材を手に入れる、というプレイは楽しめると思います。

――バトルでは、本作でも複数のキャラクターが入り乱れて戦うのでしょうか?
岡村 はい。より爽快感と戦略性を両立できるバトルを目指して作っています。また、皆さんが自分のプレイスタイルに合わせて楽しめるように、バトルの難易度を選べるようにしました。新しく導入した“ライフタスク”も、皆さんに自分なりのプレイを楽しんでいただくために作ったものです。

――“ライフタスク”は新たな目標管理システムとのことですが、この目標は、自然に発生するのですか?
岡村 プレイヤーの行動に応じて、主人公が自然と目標を思いつきます。目標はつぎつぎと発生して、中にはちょっと変わったことをすることで発生する目標もありますよ。物語は、目標をいくつか達成することで進んでいきます。おもしろいシステムができたと思っていますので、ご期待ください。


シャリー08 シャリー09
シャリー10

■システムがより遊びやすくなった『アーシャのアトリエ Plus』発売

――『シャリーのアトリエ』発表もうれしいニュースですが、プレイステーション Vitaで『アーシャのアトリエ Plus』が発売されたことも、うれしいニュースですね。
岡村 『アーシャのアトリエ Plus』は、これまでの『Plus』作品と同様、コーエーテクモゲームスのチームが中心となって開発を行い、私は監修として参加しました。コーエーテクモゲームスのチームは、これまで『トトリのアトリエ Plus』、『メルルのアトリエ Plus』、『新・ロロナのアトリエ』を開発してきていますので、ノウハウも蓄積されていますし、スタッフの皆さんが『アトリエ』が好きということもあって、安心してお任せすることができました。

――岡村さんが考える、『アーシャのアトリエ Plus』の見どころとは?
岡村 オリジナル版は、黄昏シリーズ1作目ということもあり、手が行き届かなかった部分もあるのですが、そういった細かい部分が調整され、快適に遊べるようになりました。とくにアルバムミッションは、ゲームを遊びやすくするシステムでもあり、やり込み派の皆さんにも満足していただけるものだと思います。アルバムミッションの課題は、物語を進めるための導線代わりになっていますので、初心者の方はぜひ参考にしていただきたいです。


アーシャ01

▲アルバムミッションの課題を達成すると、イラストの全貌が明らかになり、特典がもらえる。そして新たな課題に挑戦できるように。

――あとは、やっぱりコスチュームチェンジですよね。
岡村 今回は、アーシャ、ウィルベル、リンカに、豊富なコスチュームを用意しました。アクセサリーもたくさんありますので、組み合わせてみてください。

――追加コスチュームのデザインは、開発スタッフの皆さんの好みなのでしょうか?
岡村 そうですね(笑)。ほぼコーエーテクモゲームスさんにお任せしています。衣装の豊富さやデザインについては、とても参考になりますし、新作にも取り入れていけたら、と思っています。

――ちなみに、岡村さんの好みの衣装は?
岡村 やはり、白いドレスの衣装ですね。3人分のドレスを揃えていただくと、とても幸せな気持ちになれると思います(笑)。


アーシャ02 アーシャ03 アーシャ04

▲アーシャのドレスは初回限定版の特典、ウィルベルとリンカのドレスはプレミアムボックスの特典だ。

■2014年は黄昏シリーズの年! テレビアニメ、そして最新作へ

――そして4月からは、『エスカ&ロジーのアトリエ』のテレビアニメが始まりますね。
岡村 はい。アニメ制作現場の皆さんの熱気が我々にも伝わってきていますし、シリーズ初のアニメ化ということもあって、とても楽しみですね。物語がさらにおもしろくなっているんじゃないかと思います。

――原作を超えるぐらいのおもしろさ、ということですね。
岡村 嘘偽りない気持ちです。原作の物語を忠実に守りながら、オリジナルの要素を入れてくださっていて、アニメとして楽しめるものになっています。ガストがある長野では放送されないのが残念なのですが(苦笑)、何とかする方法がないか模索中です!


エスカ01 エスカ02
エスカ03 エスカ04
b

――そしてアニメが終わるころに、『シャリーのアトリエ』が発売されますね。
岡村 現在、発売日を死守すべく鋭意開発中です。黄昏シリーズの集大成とも言えるタイトルですので、シリーズファンの皆様はもちろん、アニメがきっかけで興味を持ってくださった方にもぜひプレイしていただきたいです。よろしくお願いします!


●アニメ放送直前ニコ生「りえしょんのアトリエしょん」4月10日(木)21時より配信!

 本日2014年4月10日(木)21時より、ニコニコ生放送番組「りえしょんのアトリエしょん ~1たる目~」が配信される。

 この番組では、『エスカ&ロジーのアトリエ』エスカ役の村川梨衣さんと、『シャリーのアトリエ』シャリステラ役の小岩井ことりさん、岡村ディレクターらが、各作品の魅力を紹介する。『シャリーのアトリエ』の最新プレイ映像も公開予定とのことだ。ファンは要チェック!

※「りえしょんのアトリエしょん ~1たる目~」 配信ページは→こちら

 また、テレビアニメ『エスカ&ロジーのアトリエ』の、ニコニコ生放送での配信が決定。テレビでは残念ながら観られないという人は、ニコニコ生放送でチェックしよう。第1話は、2014年4月13日(日)24時30分より配信開始予定だ。

※ニコニコ生放送 テレビアニメ『エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~』第1話上映会 配信ページは→こちら



シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~
メーカー ガスト
対応機種 プレイステーション3
発売日 2014年6月26日発売予定
価格 6800円[税抜](7344円[税込])
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 プレミアムボックスは9800円[税抜](10584円[税込])、ダウンロード版は6000円[税抜](6480円[税込])、ディレクター:岡村佳人、キャラクターデザイン:左

(C)GUST CO.,LTD.2014 All rights reserved.
※画面は開発中のものです。