『NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)』“自然の原則”に抗う者たち

角川ゲームスは、週刊ファミ通2014年3月6日号(2014年2月20日発売)において、プレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)』の最新情報を公開した。

●人間を食らう謎の怪物“グリオン”とは一体……?

 角川ゲームスは、週刊ファミ通2014年3月6日号(2014年2月20日発売)において、プレイステーション Vita、プレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『NAtURAL DOCtRINE(ナチュラル ドクトリン)』の最新情報を公開した。以下、記事内容を抜粋してお届けする。


 シミュレーションRPGの新たなスタンダードを目指して、開発が進められている本作。今回は、人類の拠点となる城塞都市フェステの詳細や、新キャラクターであるインゴベルトを紹介。さらに、人間や亜人種に牙を剥く異形の怪物、グリオンについても解説する。完璧なる戦術でグリオンを倒し、人類に安寧を取り戻すのだ!

インゴベルト(声:東地宏樹)
強大な魔法を行使する賢者にして、元老院の議員。エリート意識が強く、下級市民への差別を隠そうともしない。グリオンに対し、ある計画を遂行している。

●本作の声優陣を公開!

 高度な思考戦が楽しめるバトルはもちろん、重厚なストーリーも本作の見どころ。彼らがくり広げる人間ドラマにも期待が高まる。

イフ:井上 剛
ヴァシリー:佐倉綾音
アンカ:村井理沙子
ジーク:川原慶久
ネブラ:山下誠一郎
タチアナ:洲崎 綾
メル:日高里菜

●味方を犠牲にして進む死力を尽くした総力戦

 本作の序盤から中盤は、味方のキャラクターがひとりでも死亡すると、ゲームオーバーとなる。しかし終盤、グリオンの侵攻によりフェステが炎上してからは、そのルールが一変。キャラクターが死亡してもゲームオーバーにはならず、残りのメンバーでつぎなる戦いに臨むことになるのだ。グリオンの攻撃は熾烈を極め、採用した戦略がまずいと、味方をつぎつぎと犠牲にしなければ進めないことも……? 全員の生還が理想だが、それが叶うかは、プレイヤーの手腕にかかっている。

※詳しくは週刊ファミ通2014年3月6日号(2014年2月20日発売)をチェック



(C) 2013- 2014 Kadokawa Games, Ltd. ※画面は開発中のものです。