セガから、2014年2月22日発売予定のプレイステーション4/プレイステーション3用ソフト『龍が如く 維新!』と、全国で53店舗を展開する“つきじ喜代村 すしざんまい”とのコラボが実現。2014年2月15日~4月20日の期間限定で、コラボメニュー“幕末屋台寿司”が販売されることになった。

●ゲームの世界観を再現したコラボメニューが登場

 セガから、2014年2月22日発売予定のプレイステーション4/プレイステーション3用ソフト『龍が如く 維新!』と、全国で53店舗を展開する“つきじ喜代村 すしざんまい”とのコラボが実現。2014年2月15日~4月20日の期間限定で、コラボメニュー“幕末屋台寿司”が販売されることになった。

※関連記事『龍が如く 維新!』“すしざんまい”とのコラボメニュー“幕末屋台寿司”の試食会が実施 通常の三倍ボリュームのづけまぐろが登場

▲幕末屋台寿司

 『龍が如く 維新!』の舞台となる幕末の京の街には、幕末風にアレンジが施された“すしざんまい”の店舗が登場し、主人公・坂本龍馬(斎藤一)がメニューを堪能することで体力を回復することが可能となっている。また、全国の“すしざんまい”53店舗では、『龍が如く 維新!』の時代設定である幕末当時の食材と製法をモチーフに開発したオリジナルコラボメニュー“幕末屋台寿司”が販売されることになった。
◆“幕末屋台寿司”詳細
商品名称:幕末屋台寿司
商品価格:1500円[税抜]
販売店舗:全国の“すしざんまい”店舗(53店舗)
商品内容:づけまぐろ(通常の3倍サイズ)、平目昆布〆、小肌、あなご、海老そぼろ、煮いか、あさり椀、
商品紹介:当時の寿司は、現在のネタよりかなり大きかったと言われています。“幕末の志士たちが食していたであろう”寿司を再現すべく、当時の食材・製法をモチーフに、“すしざんまい”オリジナル商品を開発しました。このころの寿司は保存食であったため、現在のように生ではなく、必ず煮たり、〆たり、漬けたり、手を掛けていました。ぜひご賞味いただき、幕末の雰囲気を味わってみてください!