クラウド技術を活用したプレイステーションのストリーミングゲームサービス“PlayStation Now”が今夏より米国でサービス開始

クラウドゲーミングサービス“PlayStation Now”に関してソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)からも公式リリースが出された。

●レンタルまたは定額制でサービスを利用可能

 2014年1月7日、アメリカのネバダ州ラスベガスで開幕したCES。ソニーの平井一夫CEOによる基調講演の中で、クラウドゲーミングサービス“PlayStation Now”が発表されたが、これに関してソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)からも公式リリースが出されたので、以下で紹介する。


<リリース>
株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、クラウド技術を活用した「プレイステーション」のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)を今夏より米国で開始いたします。本サービスではまず、「プレイステーション 3」(PS3)のゲームタイトル※1を「プレイステーション 4」(PS4)およびPS3向けに、続いて「プレイステーション ヴィータ」(PS Vita)向けに提供いたします。これらの「プレイステーション」プラットフォームに加えて、2014年中に米国にて発売されるソニーの液晶テレビ ブラビア※2も、本サービスに対応いたします。将来的には、プレイステーションプラットフォームやソニー製品に限らず様々なネットワーク対応機器にサービスの提供を拡大してまいります。
 PS Now対応機器をお持ちのユーザーの皆様は思い立ったらすぐに、時間や場所を問わずゲームをお楽しみいただくことができます。例えば、リビングルームのPS4でプレイしていたゲームの続きをベッドルームのPS3でプレイしたり、外出先のPS Vitaでプレイしていたゲームを、帰宅後にリビングルームのブラビアで楽しむといったことが可能です。
 ユーザーの皆様はライフスタイルに応じて、レンタルまたは定額制で本サービスをご利用いただけます。遊びたい時に気軽にゲームをレンタルで、あるいは、定額料金で幅広いジャンルのゲームを存分にお楽しみいただけます。本サービスはまた、オンラインマルチプレイ、トロフィー、テキストメッセージの送受信など、これまでユーザーの皆様にご好評いただいているPSNSMの各種機能にも対応いたします。
 「プレイステーションならではのエンタテインメント体験を、ストリーミングゲームサービスを通じてより多くの皆様にお届けできることを大変嬉しく思います。プレイステーションユーザーの皆様はもちろんのこと、今までプレイステーションの世界に触れる機会のなかった方でも、手軽にゲームをお楽しみいただけるPS Now に、是非ご期待ください。」
(代表取締役 社長 兼 グループCEO アンドリュー・ハウス)

※1 対応タイトルについては改めてご案内いたします。
※2 2014年に米国にて発売される9機種の内1機種(KDL-R400B)は非対応。


 なお、2014 International CESのソニーブースにてPS Nowが体験できる。『BEYOND: Two Souls』、『God of War: Ascension』、『The Last of Us(ラスト・オブ・アス)』や『パペッティア』(SCE Worldwide Studios)の4タイトルが、PS Vitaおよびブラビア上でプレイできるとのこと。また、本サービスの開始に先駆け、1月末より米国の各地域にて順次PS3上でのベータプログラムを開始される。