『フリーダムウォーズ』の制作会社がついに判明! 週刊ファミ通2013年11月21日発売号の新情報をいち早くチェック!

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから、2014年に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『フリーダムウォーズ』。最大8人でのマルチプレイなど、期待度の高い本作の続報が、週刊ファミ通2013年12月5日号(2013年11月21日発売)で公開されることが決定! 本記事では、その続報の見どころをいち早くお届けする。

●新情報の見どころをいち早くチェック!

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから、2014年に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『フリーダムウォーズ』。最大8人でのマルチプレイなど、期待度の高い本作の続報が、週刊ファミ通2013年12月5日号(2013年11月21日発売)で公開されることが決定! 本記事では、その続報の見どころをいち早くお届けする。

【関連記事】
【『フリーダムウォーズ』咎人となり、自由を奪還せよ
【『フリーダムウォーズ』のデビュートレーラーに隠された謎とは?
【『フリーダムウォーズ』新情報、新たな咎人(女)たちとボランティアの流れを紹介!

●主人公を導き、ともに戦う仲間

 プレイヤーは、生まれながらにして100万年の懲役を背負った人間、咎人(トガビト)となり、刑期を減らすためにシヴィリアン(市民)を救う戦いに挑む。続報では、プレイヤーがボランティアをくり返す中で出会う、ふたりのキャラクターが判明。

▲勇猛果敢な歴戦の勇士 ウーヴェ・“サカモト”・カブレラ(声:中田 譲治)。

▲主人公を導く謎の女性 アリエス・M(声:原 由実)。

●3社のコラボが生む、革新的なマルチプレイアクション

 本作に携わるクリエイター陣がついに判明! 原作に『GOD EATER(ゴッドイーター)』で知られるシフト、開発に『ストリートファイターIV』を手掛けたディンプス、その2社を取りまとめるプロデュースを、ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ JAPANスタジオが担当している。週刊ファミ通2013年12月5日号(2013年11月21日発売)では、待望の新情報に加え、各社のキーマンへのインタビューで、本作の魅力に迫る!

▲週刊ファミ通2013年12月5日号(2013年11月21日発売)のインタビュー記事より。

 そのほか、“荊(イバラ)”を使った新アクションなど、情報は盛りだくさん。詳細は、週刊ファミ通2013年12月5日号(2013年11月21日発売)をチェック!



(C)Sony Computer Entertainment Inc.  ※画面は開発中のものです。