劇場版『アイドルマスター』は2014年初春に公開! 『アイドルマスター』8周年ライブ横浜公演リポート

2013年8月4日(日)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて開催された、『アイドルマスター』8周年のライブイベント“THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP! STEP!! FESTIV@L!!!”の横浜公演の模様をリポート。

●暑い夏が『アイマス』でさらにアツく!

imas/01

▲本公演は、全国でライブビューイングも行われた。

 2013年8月4日(日)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜にて、『アイドルマスター』8周年のライブイベント“THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP! STEP!! FESTIV@L!!!”の横浜公演が開催された。今回の『アイドルマスター』8周年ライブは、2013年7月7日の名古屋公演を皮切りに、大阪、横浜、福岡、千葉の幕張メッセなど各都市を回る全国ツアーとなっており、今回が4回目(大阪が2回公演のため)となる。関東圏で行われるライブはこれが初めてということで、多くのプロデューサー(『アイドルマスター』シリーズのファン)が押し寄せた。

※『アイマス』8周年ライブの名古屋公演をリポート!
※会場がひとつになって盛り上がった『アイドルマスター』8周年ライブ大阪公演初日リポート
※メシアならぬ、“飯屋”の登場に湧いた『アイドルマスター』8周年ライブ大阪公演2日目リポート


 横浜公演には、『アイドルマスター』の声優陣から中村繪里子さん(天海春香役)、長谷川明子さん(星井美希役)、今井麻美さん(如月千早役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役)、浅倉杏美さん(萩原雪歩役)、原 由実さん(四条貴音役)、沼倉愛美さん(我那覇 響役)、若林直美さん(秋月律子役)の8人が参加。また、ゲストとしてGREEでサービス中のソーシャルゲーム『アイドルマスター ミリオンライブ!』から、伊藤美来さん(七尾百合子役)、田所あずささん(最上静香役)、山崎はるかさん(春日未来役)の3人も加わり、11人のキャスト陣がステージで舞い踊った。

 いつものごとく、765プロダクションの高木社長による前説が始まると、会場からは大きな歓声が上がる。続いて、リーダーが交代制となっている今回のライブツアーにおいて、横浜公演でリーダーを務める長谷川さんと浅倉さんによる「Are you ready!?」の掛け声を合図に、8人のキャスト陣が登場。『神SUMMER!!』を披露して会場を沸かせた。


imas/02

▲『神SUMMER!!』を歌うキャスト陣は、それぞれが演じるキャラクターのイメージカラーをあしらった衣装に身を包む。

 それぞれの自己紹介を経て、準備のあるメンバーが一旦ステージから退場。残った中村さん、長谷川さん、原さん、浅倉さん、若林さんの5人でトークをすることに。衣装のお披露目のためにキャスト陣がくるりと回るなか、長谷川さんがリーダーだからと張り切ってポーズを決めると、「カッコいいポーズをやってよ!」という声が飛ぶ。その期待に応えるために、腕をぐるぐる回してポーズを決めた長谷川さんには大歓声が上がったが、その流れで、もうひとりのリーダーである浅倉さんもポーズを取ることに。長谷川さんとは対照的に、“かわいいポーズ”というお題を与えられた浅倉さんは、“ライブに遅刻したために急いで走ってくるが転んでしまい、しかし待ってくれているファンのために立ち上がる”というシチュエーションを演じ切って、これまた大喝采を浴びていた。


imas/03 imas/04

▲長谷川さん(写真中央)のこのポーズがきっかけで、ポーズ合戦が行われることに。

▲雪歩のように腕を”きゅっ”とする浅倉さん。

 MCの後は、ライブパートへ。今井さん&沼倉さんが『Vault That Borderline!』、中村さんが『太陽のジェラシー』、長谷川さん&原さんが『I’m so free!』、仁後さん&若林さんが『愛LIKEハンバーガー』、浅倉さんが『MOONY』と、“夏系”の楽曲をそれぞれ披露した。


imas/05 imas/06

▲ほかの8周年ライブと同様に、今回もギター、ベース、ドラムによる生演奏が行われた。今井さん(写真左)と沼倉さん(写真右)が歌ったロック調の『Vault That Borderline!』は、生バンドにぴったりの楽曲。

▲夏の恋物語を描いた、中村さんの『太陽のジェラシー』。

imas/07 imas/08

▲レッスンはもちろん、いっしょにご飯を食べているときも『I’m so free!』について語り合ったという原さん(写真左)と長谷川さん(写真右)。

▲仁後さん(写真手前)と若林さん(写真奥)のコンビが、大阪公演に引き続き、ミュージカル風の『愛LIKEハンバーガー』を元気いっぱいで歌う。

imas/09

▲浅倉さんは、大阪公演で下田麻美さん(双海亜美・真美役)といっしょに歌った『MOONY』をソロで披露。投げキッスも!

 各々のキャスト陣が歌った楽曲について語った後は、お待ちかねのゲストタイムということで、“アイドルマスター ミリオンスターズ”の山崎さん、田所さん、伊藤さんが登場。ほかのライブ会場と同じく、3人のことをもっと知るために質問が行われることになったのだが、長谷川さんが質問を集める前に、“アサミンゴスP”と化した今井さんがピンと手を挙げていた。“みっく”と呼んでいいか、と前置きした今井さんの質問は、“伊藤さんがいちばん幸せな瞬間はいつか”というもの。これに対して、“ご飯を食べている瞬間”と答えた伊藤さんだったが、今井さんは「みっくはそんな答えをしちゃいけないよ!」と、その答えを否定。続けて、伊藤さんが自宅に帰って、ベッドの横に置いてあるクマさんに、ただいまと声を掛ける、というあらぬ妄想を語り出し、周囲から止められていた。また、田所さんには沼倉さんが、“なぜ牛が好きなのか?”と質問。大好きな先輩からの質問ということで田所さんは照れつつも、地元のお店で、家で履くための牛柄のズボンを買ったのがきっかけと答えていた。なんでも、ホルスタインの、白と黒のアンバランスな模様がお気に入りとのことだ。続く山崎さんへの質問は、中村さんからの“なぜ水が飲めないのか?”というもの。これは、1日に数リットルも水を飲むほど水が大好きな原さんが会場にいるからこその質問ということだったが、水嫌いな山崎さんは、ふだんはレモンティーなどを飲むとしつつ、“お水は味がしないのに、なぜ飲むのか”と逆質問。これに対して、水好きの代表である原さんは、“お水は味がしないほど喉越しがおいしい”と語っていた。


imas/10 imas/11

▲写真左から、田所さん、山崎さん、伊藤さん、長谷川さん。

▲直立不動で手を挙げる今井さん。

 また、3人からは、『アイマス』の先輩たちやプロデューサーたちともっと仲よくなるにはどうしたらいいか、という質問が投げ掛けられた。すると、またまたアサミンゴスPとなった今井さんが、仲よくなるためにと山崎さんにハグをすると、ほかのキャスト陣もそれに続き、そこかしこでキャスト陣が抱き合う事態に発展。ツッコミ役の若林さんが「プロデューサーたちとも仲よくなりたいって言ってたよ!」と止めると、“3人のステキな歌声を聴いて仲よくなってもらおう”ということで、ライブパートへと突入した。
 ライブパートでは、山崎さん、田所さん、伊藤さんの3人で『Thank you!』を歌った後、山崎さんの『素敵なキセキ』、田所さんの『Precious Grain』、伊藤さんの『透明なプロローグ』と、ソロで3曲を披露。力いっぱいのパフォーマンスに、会場は大いに盛り上がっていた。


imas/12 imas/13

▲大ハグ祭り。今井さんは名古屋公演でもハグをしていたような……。ちなみに、田所さんはこの後、浅倉さんと抱き合っていました。

▲『アイドルマスター ミリオンライブ!』のテーマ曲である『Thank you!』。

imas/14 imas/15

▲会場がピンク色に包まれた『素敵なキセキ』。自身も熱烈な『アイマス』ファンという山崎さんは、初めての大規模ライブでイキイキと踊った。

▲Precious Grain』をクールに決めた田所さんだったが、緊張で死んでしまいそうになるほどだったということで、歌い終わった後のトークでは、安心からか感極まっていた。

imas/16 imas/17

▲会場を埋め尽くす黄色いサイリュームを見た伊藤さんは、百合子を演じられてよかったとうれしそうに語った。

▲各会場のリーダーとゲストがサインを入れているセットの白いボードに、浅倉さん、長谷川さん、ゲストの3人がそれぞれサインとメッセージを書き込む。

 続いては、リーダーリクエストのコーナー。今回のライブツアーでは、各会場のリーダーに歌ってほしい楽曲をリクエストできるという企画があったのだが、長谷川さんと浅倉さんは、多数のリクエストがあった『inferno』を雰囲気たっぷりに歌い上げた。その後のソロパートでは、『何度も言えるよ』(浅倉さん)、『Brand New Day!』(沼倉さん)、『キラメキラリ』(仁後さん)』、『乙女よ大志を抱け!!』(中村さん)、『マリオネットの心』(長谷川さん)』と、それぞれが持ち歌を披露した。


imas/18 imas/19

▲クールに、そして熱く決めた『inferno』。

▲浅倉さんは、『何度も言えるよ』でプロデューサー陣とコール&レスポンス。楽曲の最後には「大好きだよー!」と呼びかけた。

imas/20 imas/21

▲「なんくるないさー!」とエネルギーを爆発させた、沼倉さんの『Brand New Day!』。

▲大阪に続き、間奏での生ギターソロが実現した『キラメキラリ』。

imas/22 imas/23

▲安定感のあるパフォーマンスが光った中村さんの『乙女よ大志を抱け!!』。

▲長谷川さんは、ダンサブルな『マリオネットの心』を、美希のように完璧に歌い、踊り切った。

 『マリオネットの心』が終わると、長谷川さんの合図で8人のキャスト陣がステージ上に再び集結。そして、スペシャルゲストとして、『アイドルマスター』シリーズ総合プロデューサーの坂上陽三氏が招かれた。定番の「ヘンタイ!」コールのなかで登場した坂上氏は、「何度も言うけど、悪口はアカンで(笑)」とプロデューサー陣をたしなめつつ、来場への感謝を述べる。続いて坂上氏は、テレビアニメ『アイドルマスター』の劇場版として予定されている『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』についての続報を語る。発表によると、同作は2014年初春に、新宿バルト9ほかにて全国で上映されるとのこと。また、それにともなって、テレビアニメ『アイドルマスター』の再放送も決定。TOKYO MXで2013年10月4日より毎週金曜24時から放送され、BS11では2013年10月11日の毎週金曜24時から放送される。さらに坂上氏は、シリーズ10周年に向けて『アイドルマスター』をもっと輝かせたいとしつつ、2013年9月21日と22日に開催される幕張でのライブでも、何かしらのお話ができたらいい、と思わせぶりな発言をしていた。こちらも楽しみにしたいところだ。


imas/24

▲坂上氏が登場すると、プロデューサーたちはオレンジ色のサイリュームでお出迎え。

imas/25 imas/26

 坂上氏が退場すると、再びソロ曲のパートへ。『いっぱいいっぱい』(若林さん)、『arcadia』(今井さん)、『風花』(原さん)、『ショッキングな彼』(長谷川さん)、『first step』(浅倉)の5曲をキャスト陣が歌うと、最後は8人揃って『カーテンコール』。会場が一体となったまま、キャスト陣は一旦ステージを後にした。


imas/27 imas/28

▲いつもと声色と変えたり、プロデューサーたちといっしょに歌うなど、ライブならではの盛り上がりを見せた、若林さんの『いっぱいいっぱい』。

▲今井さんは、いまにも飛び立たんばかりの力強さで『arcadia』を熱唱。

imas/29 imas/30

▲アップテンポな楽曲が続く中で、自分の世界へと観客を引き込んだ原さんの『風花』。

▲これぞアイドルソング、という長谷川さんの『ショッキングな彼』。

imas/31 imas/32

▲浅倉さん自身が作詞をした『first step』。浅倉さんがこれまで雪歩とともに歩んできた想いが、ホールに響き渡った。微笑みをたたえた浅倉さんの姿が印象的。

▲締めくくりは『カーテンコール』で。

 プロデューサーたちからの「アンコール!」の声が轟くなか、その期待に応えるべく、8人のキャスト陣は『READY!!』を熱唱。続いて、若林さんがマイクオフの地声で「ありがとうございましたー!」と叫ぶなど、山崎さん、田所さん、伊藤さんを加えた11人全員が、ライブの感想を述べていく。最後は、『THE IDOLM@STER』をみんなで歌い、長谷川さん&浅倉さんによる「『アイマス』ですよ! 『アイマス』!」の掛け声でシメ……かと思われたが、ここで、テレビアニメ『アイドルマスター』のプロデューサー(いわゆる赤羽根P)のシルエットがステージに映し出されるというサプライズが発生! しかも、いまから会場だけのサプライズとして、劇場版『アイドルマスター』で使用する“ガヤ(賑やかしの声)”の収録をするというのだ。この、ファンにとっては一生の記念になるだろううれしい試みに、会場からは割れんばかりの歓声が響き渡る。

 その流れでステージ上には、プロデューサー役の赤羽根健治さんが登場。赤羽根さんの進行によって、ファンが叫ぶ各アイドルの名前(“春香”などの名前と、思い思いの愛称の2パターン)や、「アンコール!」の掛け声、手拍子、“うおおおおおお”という歓声などが収録された。

 ところで、ガヤが収録されたということは、恐らく劇場版『アイドルマスター』にも、今回のようなライブシーンがあるのだろう。このガヤが、果たしてどんなシーンで使われるのか、ぜひとも期待して待とう。


imas/33 imas/34

▲『READY!!』はいつも以上の盛り上がり!

▲またまた涙を浮かべてしまった田所さん。先輩として浅倉さんが涙を拭いてあげ、ふたりでメイクを直しにしばし退場。

imas/35 imas/36

▲『THE IDOLM@STER』でボルテージは最高潮へ!

▲長谷川さんと浅倉さんが、マイクオフで「ありがとうございましたー!」と一礼し、抱擁。

imas/37 imas/38

▲終演後に行われた、ガヤ収録の模様。写真中央が赤羽根健治さん。みんな腹の底から声を出していた。

▲坂上プロデューサーが再び登場し、赤羽根さんや会場のファンとともに一本締め。

■THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP! STEP!! FESTIV@L!!
横浜公演セットリスト(敬称略)
01. 神SUMMER!!(中村、長谷川、今井、仁後、浅倉、原、沼倉、若林)
02. Vault That Borderline!(今井、沼倉)
03. 太陽のジェラシー(中村)
04. I’m so free!(長谷川、原)
05. 愛LIKEハンバーガー(仁後、若林)
06. MOONY(浅倉)
07. Thank you!(山崎、田所、伊藤)
08. 素敵なキセキ(山崎)
09. Precious Grain(田所)
10. 透明なプロローグ(伊藤)
11. inferno(浅倉、長谷川)
12. 何度も言えるよ(浅倉)
13. Brand New Day!(沼倉)
14. キラメキラリ(仁後)
15. 乙女よ大志を抱け!!(中村)
16. マリオネットの心(長谷川)
17. いっぱいいっぱい(若林)
18. arcadia(今井)
19. 風花(原)
20. ショッキングな彼(長谷川)
21. first step(浅倉)
22. カーテンコール(中村、長谷川、今井、仁後、浅倉、原、沼倉、若林)

【アンコール】
En01. READY!!(中村、長谷川、今井、仁後、浅倉、原、沼倉、若林)
En02. THE IDOLM@STER(中村、長谷川、今井、仁後、浅倉、原、沼倉、若林、山崎、田所、伊藤)