リア・ディゾン来日は『サムドラ』のためだった! “サムライ&ドラゴンズ ファンミーティング 2013 夏”が開催

 2013年6月2日、東京・秋葉原UDXにて、セガのプレイステーション Vita(以下、PS Vita)用ソフト『サムライ&ドラゴンズ』のファンミーティングが開催。2013年6月7日からスタートする4thシーズンの最新情報などが公開された。

●今度のコラボは『DOA5』、『閃の軌跡』、『GE2』、『アイマス』が登場!

 2013年6月2日(日)、東京・秋葉原UDXにて、セガのプレイステーション Vita(以下、PS Vita)用ソフト『サムライ&ドラゴンズ』のファンミーティングが開催。2013年6月7日(金)からスタートする4thシーズンの最新情報などが公開された。

 ファンミーティングには、司会進行を務める小説家・クリエイターの渡辺浩弐氏とコスプレタロット占い師の渚、『サムライ&ドラゴンズ』の山田理一郎プロデューサー、福原智学アートディレクター、宣伝担当のサムドラ森田氏といったおなじみのメンバーが登場。2013年6月3日(月)で終了を迎える3rdシーズンついて、山田氏は「アジア版『サムドラ』のリリースで、日本とは違った反応が見られて勉強になっています。いずれ、国境を越えた対戦ができるようになればと思い、前向きに検討を重ねている最中です」と意欲的な姿勢を見せた。福原氏は、「3rdではなかなか手が追い付かない部分もありましたが、4thではどんどん新しいことを試していきたいなと思います。闘士に溢れていますね」と、こちらもやる気をのぞかせていた。

▲左から、『サムライ&ドラゴンズ』の山田理一郎プロデューサー、福原智学アートディレクター、宣伝担当のサムドラ森田氏。

▲スタート時に言っていた“勢力地図”が、3rdシーズン終了目前にして完成! 勢力や土地がどうなっているのか、右のアドレスからチェック可能だ⇒(http://deblis.samuraianddragons.com/map/)。スマートフォンにも対応。

▲2012~2013年のサムドラニュース。

 その後は、2013年6月7日(金)からスタートする4thシーズンに実装予定さまざまな新規要素も発表。新たなナビゲートキャラクター“アンジー”や新ジョブ“バトルソングマスター”のほかに、新要素や機能など、操作面で細やかな調整が入るとのこと。

▲注目のシーズン報酬カード。

▲レッドブルがスポンサーとして帰ってきた!

▲『サムライ&ドラゴンズ』小説化決定。Kindle、Sony Readerで近日無料配信予定。

▲ゴーストアバター(仮)
アクションパートでダンジョンに挑む際、お供キャラクターを連れて行けるように。このお供キャラとして、オパオパやドリームキャストなど、特別なコラボキャラクターも登場予定。
実装時期:シーズン後半

▲ゴーストアバター オパオパ

▲ゴーストアバター ドリキャス

▲戦闘ログアニメーション
魔獣バトルのログ閲覧時にアニメーション機能を追加。視覚的に戦闘の流れが分かるようになり、バトルの流れが理解しやすくなる。
実装時期:シーズン途中

▲新ジョブ“バトルソングマスター”(アクションパート)
新たなジョブとして登場する“バトルソングマスター”は、戦場を包み込める声量を持ち、巨大な体躯から生み出される独特な戦歌で、味方を鼓舞する支援のスペシャリスト。歌をうたうスキルが特徴のジョブで、うまく組み合わせて行くと最後には特別な歌が!?

<ジョブ説明>
神官、僧侶系で、神に仕える身。巨大な体は、戦場を包み込めるレベルの声量が必要なため。前線で歌うこともあり、自衛と異教徒撲滅のために、巨大な鉄槌を装備している。その巨大な鉄槌から繰り出される技の破壊力は抜群。
実装時期:シーズン前半

▲新登場キャラクター“アンジー”
4thシーズンの途中で追加される予定のナビゲートキャラクター。
実装時期:シーズン途中

▲タッチターゲット(アクションパート)
敵・味方を画面上でタップするとロックオン。ターゲットした敵・味方を狙ってアクションを行うようになるので、とくに遠距離攻撃主体のジョブで重宝する要素だ。
実装時期:シーズン開始直後

▲空中コンボボーナス(アクションパート)
敵を攻撃で浮かせた後に、浮かせたまま連続攻撃を入れてダメージボーナスを得ることができます。浮いた状態の敵にはエフェクトが走り、その間被ダメージ量にボーナスが入ります。これにより浮かせ技のメリットが増えます。
⇒実装時期:シーズン開始直後

▲ダウン攻撃(アクションパート)
これまで不可能だった倒れた状態の敵に攻撃できる新スキルが登場。空中コンボでダメージがアップし、さらにダウン攻撃での追撃が可能になる。
実装時期:シーズン開始直後

▲闘技場新要素“大会”
闘技場に複数人での魔獣カードバトルが楽しめる“大会”機能を追加。プレイヤー自身で大会を主催することができ、各プレイヤーの魔獣ユニット同士のトーナメント戦を行うことができる。
実装時期:シーズン後半

▲遺跡探索
フィールド上のさまざまなマスへ、魔獣を出兵ではなく探索に出かけさせて、遺跡(塔のようなもの)を見つけ出す宝探し的な要素。見つけた遺跡にはNPCがおり、それを倒すことでお宝としてレアな魔獣や、遺跡専用クエストを進めるためのアイテムが手に入ります。
実装時期:シーズン後半

▲出兵予約機能
時間を予約してユニットを出兵させられる機能を追加。設定した時間になると、予約したユニットが自動的に出兵するため、忙しくてログインできない人や、仲間と時間を合わせて軍事作戦を行いたい人にとって便利な機能だ。
実装時期:シーズン途中

▲UIデザインリニューアル
画面全体のユーザーインターフェース(UI)デザインを変更。
実装時期:シーズン開始直後。およびシーズン中に随時対応。

 また、恒例となった多数のコラボも発表。「いつにもましてビッグタイトルが登場しています」という前置きのもと明かされたのは、コーエーテクモゲームスから2013年9月5日(木)発売予定のプレイステーション3(以下、PS3)、Xbox 360用ソフト『デッド オア アライブ 5 アルティメット』、日本ファルコムから2013年9月26日(木)発売予定のPS Vita、PS3用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡』、バンダイナムコゲームスから2013年発売予定のPS Vita、プレイステーション・ポータブル用ソフト『GOD EATER2(ゴッドイーター2)』、GREEにてサービス中の『アイドルマスター ミリオンライブ!』、PS3用ソフト『アイドルマスター2』のタイトル。発表に併せてそれぞれのプロデューサー・ディレクターらが登場し、今後の展望や意気込みなどを語った。

<『デッド オア アライブ 5 アルティメット』>
ステージにはコーエーテクモゲームス Team NINJAの早矢仕洋介プロデューサーが登場。“かすみ”や“リュウ・ハヤブサ”らのカードはログインボーナスとして無料でプレゼントされ、“あやね”は、『デッド オア アライブ 5 アルティメット』の初回封入特典として同梱される。コラボについて早矢仕氏は、「『サムドラ』とコラボできてうれしいですね。ジャンルは違いますが、『DOA5 ULTIMATE』も活気のあるニュースをお届けしていきたいと思っていますので、期待していただければ」とコメントした。

<『英雄伝説 閃の軌跡』>
登壇した日本ファルコムの近藤李洋代表取締役社長は、『英雄伝説 閃の軌跡』について、「続編ですが、ルーキータイトルとしても楽しんでもらえる工夫を各所にしているので、『サムドラ』をきっかけに興味をもっていただいた方はぜひ遊んでみてください。とくに、本格的なRPGを遊びたいというかたにはおすすめです」と作品をアピール。カードには、トールズ士官学院“VII組”の生徒たちが総出演している。こちらもログインボーナスとして無料でもらえる予定だ。

<『GOD EATER2(ゴッドイーター2)』>
GOD EATER2(ゴッドイーター2)』とのコラボカードは、タイトルの発売日がまだ決まっていないため配信日も未定とのこと。コラボについてバンダイナムコスタジオの吉村広ディレクターは、「同じPS Vitaを盛り上げるタイトルとして、ぜひコラボをやろうと思いました」と明かした。

<『アイドルマスター ミリオンライブ』>
ミリオンライブ!』のキャラクターは、4thシーズン開始と同時に無料で配信予定。『アイドルマスター2』のキャラクターが登場するパックは、2013年6月下旬に配信開始される予定だと発表された。また、バンダイナムコゲームスの坂上陽三シリーズ総合プロデューサーは、『アイマス』シリーズの今後の展開について「家庭用ゲーム機もとても考えている」とのこと。これはもしや、新作フラグ? 今後の発表に期待が高まる。

<『シャイニング・フォース イクサ/フェザー』>
さらに、『シャイニング・フォース イクサ』、『シャイニング・フォース フェザー』とのコラボも発表された。

<セガ★ハードガールズ>
以前話題となった家庭用ゲーム機を擬人化の正式タイトルが、“セガ・ハードガールズ”に決定。ジェネシス、テラドライブ、ビジュアルメモリ、ロボピッチャの新キャラが配信されるとのこと。また、家庭用ゲーム機だけではなく、アーケード基板を擬人化したキャラたちが登場することも明かされた。アーケード基板擬人化パックは、4thシーズンスタート後から配信される。

▲アーケード基板擬人化キャラクターも登場。

▲黒船再来襲!?

 また、森田Pからのサプライズとして、先日ニュースで来日が放送されていたタレントのリア・ディゾンが、『サムライ&ドラゴンズ』の新テーマソングを歌うとのこと。昨年は、タレントの篠崎愛が“魔法使い”のコスプレをして登場したが(記事はこちら)、今回リア・ディゾンがどんな服装で、どんな歌を披露してくれるのか非常に気になるところ。そして楽曲を提供するのは、“90年代、ダンスシーンを席巻したあのプロデューサー”とのこと。詳細は、今後"テーマソング制作プロジェクト”特設サイト(こちら)などで発表される予定なので、楽しみに待っていよう。

 最後に、「いままで楽しんでくれていた人にも、これから『サムドラ』を楽しむ人のためにも、やっぱりおもしろいゲームコンテンツを提供することが大事ですので、ピッチを上げて今後もがんばりたいとおもいます」(山田氏)、「“より遊びやすく”をテーマにコンテンツを盛り込み、チーム一丸となってがんばっています。今後とも期待していただけたら」)福原氏)、「これからもおもしろいことをたくさんやっていきたいとおもいます。ぜひ期待していてください」(森田氏)とそれぞれコメントして、ファンミーティングを締めくくった。



(C)SEGA (C)柴田ヨクサル/集英社