『サカつく プロサッカークラブをつくろう!』“監督スタイル”と“アビリティ”、“若手発掘”など新要素を公開

セガより、2013年発売予定のプレイステーション3/プレイステーション Vita用ソフト『サカつく プロサッカークラブをつくろう!』。本作の新情報をまとめて紹介しよう。

●完成されたシステムを継承しつつ、新しい『サカつく』に!

 セガより、2013年発売予定のプレイステーション3/プレイステーション Vita用ソフト『サカつく プロサッカークラブをつくろう!』。本作の新情報をまとめて紹介しよう。

●トップメニューが一新!

 ゲームの中心となる場所である、クラブハウス画面のデザインが一新された。これまでのシリーズでは、画面左上にまとめられていたメニューの各項目が、本作ではアイコンで横並びに一列で配置され、より快適にプレイすることが可能となっている。

●監督=プレイヤー自身を育成しよう

 本作では、監督(プレイヤー)の育成システムも一新。どのような能力を伸ばすかを考えて“監督スタイル”が選択でき、選んだ“監督スタイル”によって覚えるアビリティが変化していく。
 また、ほかの“監督スタイル”に変更することも可能。一度覚えたアビリティは、ほかの“監督スタイル”になっても使用することができる。100種類以上あるアビリティにより、監督育成の戦略性が格段にアップしているのだ。

●人事関連では新たなシステム“若手発掘システム”が登場

 人事関連では、従来のシステムの選手検索、選手獲得の方法に加えて、“若手発掘システム”が導入された。“若手発掘システム”は、世界各国に流れている噂を頼りにスカウトするというもので、トップチームに入団する前(選手検索でも登場しない)の若手選手を発掘して獲得することができる。若くて優秀な選手を発掘できる可能性があるので、トライしてみる価値ありだ!

 また選手検索は、前作までと同様に、さまざまな項目で絞り込み、リストアップすることが可能だ。そして、選手との契約交渉も、監督の重要な仕事だ。高額な選手の年俸を抑えられるか、プレイヤーの腕の見せどころだ。

●戦術設定画面もデザイン一新、選手どうしの組み合わせが強化

 戦術設定画面は、シリーズで積み重ねたものをベースに、各選手の攻撃力、守備力、疲労度、が円形に表示されるデザインに一新された。さらに本作では、選手どうしの組み合わせが強化されている。とくに、選手と戦術の組み合わせで発動する“チームカラー”は100種類以上と、前作の倍以上に増加している。好みのチームカラーでチームを強化していこう。

●施設整備の楽しさも健在!

 より収入を増やし、クラブを強化するためには、スタジアムなどの施設の整備もプレイヤーの重要な仕事となる。初期の小型陸上競技場から、少しずつスタジアムを大きくして“メガスタジアム”を建設できれば、収容できる観客数が増加し、ホームスタジアムで行う試合時の収入が大幅にアップする。ただし、新しいスタジアムの建設には莫大な建設費が必要になるので、現在のクラブの経営状態を考慮し、建て替え時期は慎重に決定する必要がある。

 スタジアム内には、さまざまな施設も設置できる。施設には“託児所”や“グッズショップ”など多様な種類があり、設置した施設によって集客数や収入に影響する。各施設にはそれぞれ使用する“スペース”が決まっているので、何を先に設置するかなどを考えて、効率よく設置していこう。

●今回のライバルクラブオーナーもヤな感じ!?

◆エストデーラ
プレイヤークラブのライバルクラブオーナー。大会社のオーナーで、資金力にものを言わせて有力選手を獲得し、プレイヤークラブの前に立ちはだかる。

●ネットワークを通じた遊びも多彩!

 本作では、多彩なネットワーク機能によるやりこみ要素もボリュームアップしている。まず、ネットワークを介して全国のクラブオーナーとリアルタイム対戦が可能。また、追加ダウンロードコンテンツ、その他公式大会など、さまざまなやり込み要素が用意される予定だ。


サカつく プロサッカークラブをつくろう!
メーカー セガ
対応機種 PS3プレイステーション3 / PSVPlayStation Vita
発売日 2013年発売予定
価格 価格未定
ジャンル シミュレーション

(C)SEGA LICENSED BY J.LEAGUE Stats Stadium The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.
※画面は開発中のものです。