主要クリエイターにインタビュー~後編~『アサシン クリードIII』プレスツアーリポート【第5回】

プレイステーション3、Xbox 360、Wii Uで2012年11月15日に発売予定(Wii U版は12月8日発売予定)の『アサシン クリードIII』。ゲームの舞台となったアメリカ・ボストンの地で開催された“ボストンプレスツアー”の内容をお届けする。ボストンのランドマークを巡るツアーや、『アサシン クリードIII』のクリエイターへのインタビューなど、盛りだくさんの内容でお届けする。

●主要クリエイターにインタビュー~後編~

 18世紀のアメリカ独立戦争の背後でくり広げられるアサシン教団とテンプル騎士団の抗争を描く『アサシン クリードIII』。ここでは、2012年9月下旬にアメリカのボストンで開催された“ボストンプレスツアー”の様子をお届けする。第5回はいよいよ最終回。前回までの記事を見逃した人は、チェックしてほしい!

第1回:ゲームの舞台、ボストンの街紹介 2012年10月22日(月)更新
第2回:ボストンフリーダムトレイルツアー 2012年10月23日(火)更新
第3回:クリエイターインタビュー(前編) 2012年10月24日(水)更新
第4回:クリエイターインタビュー(中編) 2012年10月25日(木)更新
第5回:クリエイターインタビュー(後編) 2012年10月26日(金)更新

 クリエイターインタビューのラストを飾るのは、『アサシン クリードIII』のマルチプレイを統括するゲームディレクターのダミアン・キーケン氏! さらに、今回のプレスツアーリポートのエクストラとして、2012年11月15日に『アサシン クリードIII』と同時発売される予定の『アサシン クリードIII レディ リバティ』のメインシナリオを執筆したリードライターのリチャード・ファレーズ氏とジル・マーリー氏にもインタビューを敢行。開発者へのインタビューを通して、シリーズ初登場の女性主人公アヴリーンの素顔に迫る!!


●キーパーソン#8 ゲームディレクター ダミアン・キーケン氏

5回/A.JPG

マルチプレイを統括
ゲームディレクター
ダミアン・キーケン氏
Damien Kieken

--本作のマルチプレイは、おもにどのような部分が新しくなっているのでしょうか?
ダミアン・キーケン氏(以下、ダミアン) 本作のシングルプレイは、アメリカ独立戦争が舞台になっていますが、マルチプレイもこの設定に基づいて作っています。過去のシリーズ作のマップは都市がメインでしたが、今回は木や崖といった自然環境を取り入れました。さらに、新しいゲームモードを収録したので、本作のマルチプレイを初めてプレイする人でも、協力プレイの“ウルフパック”やチーム戦の“ドミネーション”を楽しんでもらえるでしょう。

--マルチプレイのマップでも、『III』の新要素である、木を上るアクションが楽しめるのですね?
ダミアン イエス。とはいえ、本シリーズのマルチプレイにおける重要なポイントは、“群衆の中に紛れ込むこと”です。そのため、群衆の少ない森林で構成されたマップでは、対戦が成立しなくなってしまいます。というわけで、今回のマルチプレイで上れる木は、街中の街路樹だったりします。ただし、森林のステージはありませんが、氷に囲まれている船という自然環境のマップを用意しました。このマップは、これまでとは違う作りになっています。

--“プレイヤーの隠れ蓑となる群衆を登場させなければならない”という制限の中で、バラエティーのあるマップを用意するのは難しそうですね。
ダミアン その制限は最初からわかっていたので、群衆を登場させることを前提に、ゲームデザインを構築していきました。たとえば、先ほど説明した、船が氷に閉じ込められているマップですが、ただ単純に、氷の上に船を配置しただけではおもしろくないので、背景となるストーリーを用意しました。このマップでは、船が動かなくなってしまったため、船員たちはしかたなく船の近くでキャンプを張り、魚を釣って食料を得たり、たきぎ用の枝を集めたりして、小さなコミュニティーを形成しています。彼らは雪が解けて氷がなくなり、船が動けるようになるのを待っているのです。このように物語を作り、そこに群衆がいることに意味を持たせています。
--新たに加わった“ウルフパック”は、どのようなモードですか?
ダミアン 我々開発チームは、新しいモードには内容にふさわしい名前をつけるよう、努力しています。“ウルフパック”とは、プレイヤーのグループが、AI(人工知能)で行動するターゲットを暗殺するべく、オオカミの一団のように行動するところからつけた名前です。ほかのゲームの協力プレイでは、敵の集団が襲い掛かってくるのをプレイヤーが待つというパターンが多いのですが、本作では、逆にプレイヤー側が敵を追い詰めて攻撃する点が特徴です。

--能動的な協力プレイモードというわけですね。
ダミアン その通りです。ウルフパックには時間制限が設定されていて、ゲーム中に一定のスコアを稼ぐことで、時間が延長される仕組みとなっています。ふつうの殺しかただとあまりスコアが稼げないので、多くのスコアを獲得するには、よりすぐれた暗殺方法を実行しなければなりません。ただし、すぐれた暗殺方法を実現するには少し時間がかかる、というわけです。ターゲットをスピーディーかつ大量に殺害していくか、時間をかけてよいスコアを狙うかは、すべてプレイヤー次第となっています。


5回/01.jpg 5回/02.jpg

--新しい対戦モードの“ドミネーション”とは?
ダミアン チームメートといっしょにプレイできて、なおかつ戦略性が高い対戦モードを用意しました。ドミネーションでは、特定のゾーンを制圧して自分たちのものにすれば、そのゾーンの中でなら敵を倒せるようになります。逆に、相手チームが制圧したゾーンの中では、自分たちは相手を倒せないという状況に陥ります。つまり、自分たちがゾーンを制圧するまでは、隠れて行動する必要があるのです。状況によって狩る側と狩られる側が入れ替わるのは、マルチプレイのどのモードでも同じです。このように、ダイナミックに役割が切り替わるところが、本作のマルチプレイの醍醐味だと思います。

--プレイヤーキャラクターが使える特殊能力“アビリティ”のバランス調整はしていますか?
ダミアン もちろんです。プレイヤーのゲームデータとコミュニティーの意見を検討しました。たとえば、使用するとターゲットがハイライト表示されるテンプル騎士団の眼というアビリティがありますが、プレイヤーから「強すぎる」という意見が多かったのですが、ゲームデータをよく見ると、あまり使用されているないので、ゲームバランスに影響しないことがわかりました。このように、いろいろな角度からゲームを見て、たくさんのバランス調整を施しています。

--新要素の“アブスターゴ・ストーリー”とは何ですか?
ダミアン これはマルチプレイを楽しむプレイヤーのためのストーリーです。プレイヤーはゲームを遊んでレベルアップするたびにアブスターゴ社に関するビデオがアンロックできます。これは、アブスターゴ社がユービーアイソフトに委託して作ったゲームに関する映像です。公式のアブスターゴバージョンのほかに、アサシン教団が映像をハッキングして、真実を教えているバージョンもあります。アサシン教団のハッキングバージョンは、ゲーム中に特殊な条件を満たすことで観られます。ぜひふたつとも観てください。どちらの内容を信じるかはプレイヤー次第です。

--マルチプレイのディレクターとして、本作をどのように遊んでほしいと思いますか?
ダミアン 『アサシン クリード』シリーズは、シングルプレイのゲームとして出発したので、“シングルプレイのみ遊ぶ”というプレイヤーが多いとは思います。とはいえ、前作では、マルチプレイを遊ぶためだけにゲームを購入したというユーザーも少なからずいたので、マルチプレイも徐々に浸透しつつあるという印象を受けました。我々としては、本シリーズをさらに広げる新しい可能性として、今回のマルチプレイを取り入れました。自分たちには、シングルプレイをメインにしつつも、さらにたっぷり遊べるマルチプレイが収録されたゲームを作っているという自負があります。最終的にはすべてのモードをプレイして、本作を遊び尽くしてほしいですね。


●キーパーソン#9,10 スクリプトライター リチャード・ファレーズ氏、スクリプトライター ジル・マーリー氏

5回/B.JPG

(写真左)
『アサシン クリードIII レディ リバティ』
スクリプトライター
リチャード・ファレーズ氏
Richard Farrese

(写真右)
『アサシン クリードIII レディ リバティ』
スクリプトライター
ジル・マーリー氏
Jill Murray

--おふたりは、本作のシナリオライティングを、どのように分担していたのですか?
ジル・マーリー氏(以下、ジル) お答えするのが難しいですね。ひとつ言えるのは、リチャードが早起きをしていたこと(笑)。

--“早起き”と言うと?
ジル 私とリチャードはカナダのモントリオールスタジオでシナリオの執筆をしていたのですが、ゲーム開発のメインはブルガリアのソフィアスタジオだったので、7時間ほどの時差がありますから。
リチャード・ファレーズ氏(以下、リチャード) ストーリーを書く前にゲームのミッションデザイナーと話し合ってどのようなシナリオを作っていくかを確認していたので、午前4時に起きてコミュニケーションを取っていたというわけです(笑)。今回のように大きな規模のプロジェクトにおけるスクリプトライターは、ただ机に座ってキャラクターどうしの会話を書いているだけではなく、いろいろな役割を持つことになります。メインストーリーの執筆以外にも、アクターのキャスティング、ボイスディレクターの補佐、スタジオでの音声収録など、いろいろなパートに携わり、自分たちが書いた物語がゲームにうまく組み込まれているかどうかを、しっかりと確認する必要があるのです。
ジル 本作では、道行く群衆にもセリフが用意されており、シナリオの量も膨大です。しかし、ライターがふたりいれば、ひとりが書き直しているあいだに、もうひとりが別の話を進められます。ふたりで話し合い、担当する物語を分け合いました。

--本作のプロジェクトがスタートしたのはいつですか?
ジル 2年前くらいです。
リチャード そう。『アサシン クリードIII』は3年前にスタートしたので、『レディ リバティ』はその1年後です。

--同時期にほとんど同じ舞台設定で別のゲームを作るのは、たいへんだったのでは?
ジル 今回、ふたつのチームは別々のテーマに焦点を当てていたので、内容が被って困ることはありませんでした。もちろん、『アサシン クリードIII』の開発チームと何度も打ち合わせを重ねて連携を取りましたが。
リチャード 2作品は同じ時代設定ですが、環境が違いました。本作の舞台であるニューオリンズは、当時フランスの植民地で、その後スペインに譲渡されたので、ほかのアメリカ植民地とは雰囲気が大きく異なっていました。


5回/03.JPG 5回/04.JPG

--『III』では、主人公のコナーがアメリカ独立戦争に身を投じることになりますが、アヴリーンは、どんな戦いを体験するのですか?
ジル 彼女はアメリカ・ルイジアナ州の反乱の渦中にいます。ある条約によってフランスがスペインにルイジアナを譲渡したのですが、ルイジアナの市民にはそれを伝えませんでした。急にスペインの知事が送り込まれたことで、市民たちは不信感を募らせていきました。ゲームでは、この事態を利用しようとテンプル騎士団が暗躍しています。そんな状況でアブリーンはテンプル騎士団と対立するのです。

--『アサシン クリードIII』では、ジョージ・ワシントンとコナーが話し合う場面がありますが、本作でも歴史的人物が登場するのでしょうか?
リチャード もちろん、ほかの『アサシン クリード』シリーズと同様に有名な歴史上の人物は出てきます。
ジル でも、当時のアメリカでワシントンより有名な人はほとんどいませんけどね(笑)。
リチャード 確かに(笑)。しかし、アヴリーンは、この時代に重要な役割を果たした人物とは関わりを持つことになりますよ。

--本作の物語のテーマを簡潔に表すと?
ジル 真の正義と、アイデンティティーの追求です。アヴリーンの父親は裕福なフランスの商人で、母親は“クリオール(ルイジアナ州の初期フランス移民の子孫)”なので、彼女はふたつの社会を行き来することになります。
リチャード この物語は、彼女の長い旅路でもあります。ゲームを最後までプレイすれば、これがアヴリーンの個人的な物語であることがわかります。彼女の体験がストーリーのコアとなっていて、アブリーンが学び、感じたことがつぎの行動に活かされていきます。

--アヴリーンは、どんな人物ですか? 彼女の人となりについて教えてください。
ジル 彼女は決断力と行動力に優れていて、しっかりとした価値観を持った女性です。
リチャード アヴリーンは正義感が強く、世界のありかたを見て、正義のために戦いたいと思っています。気高い反抗心もあります。
ジル 機知に富んでいる彼女は、さまざまな状況にも適応することができます。

--ジルさんに質問です。同じ女性としてアヴリーンに共感する部分はありますか?
ジル キャラクターを作っていれば、自然とその中に自分の一部を投影することなります。アヴリーンには、私の長所と言える部分だけを注ぎ込みました。環境への適応力とアドベンチャーが好きなところ。そこを強調しましたね。

--女性主人公を書くうえで、苦労した点は?
ジル とくに苦労した記憶はありません。スクリプトライターとして、新鮮な機会に恵まれたことに感謝しています。女性が主人公のゲームは少ないので、表現できることがたくさんあります。アヴリーンは戦う意味や目的がしっかりと地に足がついている、真のアクション・ヒロインだと思います。
リチャード その通り。女性でも男性でも、キャラクターを作るプロセスは変わりません。その人物のバックボーン、長所、欠点などを考えて作ることになります。いまは、女性アサシンを作り上げたことを誇りに思っています。じつに新鮮な、刺激に満ちた仕事でした。

--『アサシン クリード』シリーズと言えば、デズモンドという主人公がいますが、アヴリーンとの関係を教えてください。
リチャード アヴリーンとデズモンドはまったく関係がありません。本作では現代のパートがないので、また違った作りのゲームになっています。

--プレイステーション3版『アサシン クリードIII』との連動要素について教えてください。
ジル ゲームを進めるうちに、アヴリーンはコナーと出会います。ふたつのゲームを持っているラッキーな人は、いろいろな要素をアンロックすることができますよ。
リチャード 具体的には、コナーのトマホークが使えたり、新しいスキンや弾薬を入れるポーチがもらえたりします。もっともすばらしい点は、一度クリアーしたミッションをコナーとしてプレイできること。『III』が気に入った人には、とても魅力的な要素だと思います。



アサシン クリードIII
メーカー ユービーアイソフト
対応機種 PS3 プレイステーション3 / X360 Xbox 360 / Wii U Wii U
発売日 2012年11月15日発売予定(※Wii U版は2012年12月8日発売予定)
価格 各7700円[税込]
ジャンル アクション・アドベンチャー / 暗殺
備考 開発:モントリオールスタジオ


アサシン クリードIII レディ リバティ
メーカー ユービーアイソフト
対応機種 PSV PlayStation Vita
発売日 2012年11月15日発売予定
価格 6090円[税込]
ジャンル アクション・アドベンチャー / 暗殺

(C)2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.(C)2012 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Assassin’s Creed, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.
※画面は開発中のものです。