喜多村英梨のタイアップソングも決定--角川ゲームス×エクスペリエンス新プロジェクト発表会

2012年6月26日に角川ゲームスとエクスペリエンスの共同プロジェクト“DRPG PROGRESS”が発表。第1弾タイトル『円卓の生徒 The Eternal Legend(ザ・エターナル・レジェンド)』のタイアップソングを声優の喜多村英梨が担当することが明かされた。

●喜多村英梨も応援に駆けつけた

 こちらの記事でもお伝えしている通り、2012年6月26日に東京・渋谷のCasa Asteionにて、角川ゲームスとエクスペリエンスが共同で“EXP COLLABORATION KICK OFF MEETING 2012”を開催。ダンジョンRPGを新時代に向けて展開するプロジェクト“DRPG PROGRESS”を発表した。

 登壇した角川ゲームス代表取締役社長 安田善巳氏とエクスペリエンス代表取締役社長 千頭元氏は、「今回の我々の取り組みはダンジョンRPGです。角川ゲームとしてはラインアップのひとつといてダンジョンRPGという分野にじっくりと腰を据えて、エクスペリエンスさんといっしょに取り組んでいきたいと考えています」(安田)、「ダンジョンRPGとして発展したゲームをお届けするということを目標としていますが、それ以外にも異なる強みを持つ2社がお互いの長所を合わせて助け合うことで、ひとつ上の目標を目指せると、2社の協業に対して強い可能性を感じています」(千頭)と、協業への意気込みを語ると、続けて「今回発表させていただくのは『ウィザードリィ』タイプのシステムを継承しつつ、エンターテイメントのさまざまな要素を前衛的に、確信的に取り組みながら、また場合によっては基本的なゲームシステムそのものに改良を加えていきながら、ダンジョンRPGの新しい魅力や楽しさを引き出していきたいと考えています」(安田)と、“DRPG PROGRESS”のコンセプトを説明。“DRPG PROGRESS”の第1弾タイトルとなるPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『円卓の生徒 The Eternal Legend(ザ・エターナル・レジェンド)』を2012年10月に発売することを発表した。


001.jpg 002.jpg 003.jpg

▲角川ゲームス代表取締役社長 安田善巳氏。

▲クスペリエンス代表取締役社長 千頭元氏。

 『円卓の生徒 The Eternal Legend(ザ・エターナル・レジェンド)』のディレクターを務める安宅元也氏(エクスペリエンス)は、「プレイヤーが先生となり、ヒロインの生徒たちと親密度を深められるという、これまでのダンジョンRPGとしては珍しいシステムを導入しています」と本作を紹介。また、詳細は不明だが初回購入特典“オリジナルサウンドトラックCD”に、ヒロインのひとりであるルーミ役を演じる声優の喜多村英梨の“声”に関する何かが用意されることも明かされた。


004.jpg 005.jpg 006.jpg

▲安宅元也ディレクター。

 ここで、スペシャルゲストとして喜多村英梨が登場。喜多村はキングレコードと組んで描き下ろした本作のタイアップソング(今秋リリース予定)も担当しており、「アーティストとしても本作に参加させていただくことになりました。これまでタイアップ楽曲を歌わせていただく機会も多く、その作品に演者としても関わることもあり、デモの段階から自分も意見も取り入れて曲作りを行っています。今回も自分のキャラクターの立場や生い立ちなどを楽曲に取り入れたらより奥行きがでるのではないかなと思い、私が感じた世界観などをディレクターの方にお伝えしながら制作しています」とコメントした。


007.jpg

▲喜多村英梨。

 そのほか、“DRPG PROGRESS”のタイトルラインアップとして、Xbox 360用ソフト『剣の街の異邦人』(2013年発売予定)と、PlayStation Vita向けに完全新作ダンジョンRPGの開発を行っていることも発表に。千頭氏は「“DRPG PROGRESS”第3弾のPlayStation Vita向けタイトルは、新たな試みとしてダンジョンRPGユーザーだけでなく、幅広いユーザーに楽しんでいただける意欲作となっております。また、ユーザーの方に参加していただいて内容を決定していく、参加企画案も用意してあります。よりよい作品になるように開発を進めていますのでご期待ください」とアピールし、発表会は幕を閉じた。


008.jpg 009.jpg
010.jpg


(C)2012 KADOKAWA GAMES / Experience