PS Vita版『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』で綾野プロデューサーにインタビュー【CAPTIVATE 2012】

CAPTIVATE 2012で公開された『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』。開発陣を代表して、プロデューサーの綾野智章氏にインタビューを行った。

●ハードの特性を活かした操作を

 現地時間の2012年4月3日~4日、イタリアのローマにて、欧米メディアに向けたカプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2012”が開催された。本記事では、PS Vita版『ストリートファイター X(クロス) 鉄拳』(以下、『ストクロ』)について、開発陣を代表し、カプコンの綾野智章プロデューサーにお話を伺った。


01.jpg

▲右は綾野氏。左は『ストリートファイター』シリーズの顔である小野義徳氏。

──まず、綾野さんと小野さんのストリートファイターシリーズへの関わりの変化について教えてください。

綾野智章氏(以下、綾野) わかりやすく言えば、小野がエグゼクティブプロデューサーになり、僕がプロデューサーになったということですね。小野が現場から離れて、『ストリートファイター』シリーズにまったく関わらない、ということではなく、これまで小野がやっていたプロデュース業務を僕が引き継ぐということです。ですから、小野が引き続き『ストリートファイター』シリーズのキーパーソンであることは間違いありません。ひとつ変化があるとすれば、自分の裁量で動かせるようになった点が増えたということでしょうか。たとえば、新キャラクターや新システムなどを入れたいとき、開発に相談はしますが、自分で決められるようになった、ということです。

──なるほど。では、ゲーム内容についてお伺いします。まずPS Vita版ですと、PS3版とマッチングできることに驚きましたが、詳細をお教えいただけますか?

綾野 インターネットを介して対戦することができます。ランクマッチやエンドレスバトルなどを行えるようにする予定です。


02.jpg

──対戦時に、PS3版のユーザーとPS Vita版のユーザーを判別できるようになるのですか?

綾野 いままさに、それを決めているところです(インタビューは4月3日に実施)。判別できたほうがいいという意見もあるでしょうし、できないほうがいいという人もいるでしょうから、みんながハッピーになる方法を探っているところですね。

──PS Vita版をプレイすると、新キャラクターがPS3版に追加されるのですよね?

綾野 そうですね。PS Vita版を買ってくださった方へのボーナスとして、キャラクターが解法されるというイメージですね。


03.jpg

──PS Vita版を購入しない場合でも、新キャラクターを追加することは可能なのですか?

綾野 PS3版、Xbox 360版ともに、ダウンロードコンテンツでの配信を予定しています。提供時期については、発表をお待ちください。

──綾野さんが以前おっしゃっていた通り、「据え置き機版の『ストクロ』を買った人に損はさせない」ということですね。

綾野 その通りです。もちろん、PS Vita版を買っていただいても損はさせません(笑)。

──(笑)。PS Vita版では12人の新キャラクターが追加されていますが、彼らが選出された理由は?

綾野 まず、PS3版の43人(Xbox 360版は38人)についてはファンからの人気に加えて、ゲーム性のおもしろさということで選んでいます。では今回の12人はと言うと、コアなファンに人気のキャラクターですね。リュウや春麗あたりは当然人気ですが、さくらやダッドリーなどは、キャラクターに惚れ込んだというような人が多いのです。エレナなど、ダッドリーと組ませることで意外性があるかな、という狙いもあります。

──エレナの登場は、少し意外でした。


04.jpg

綾野 エレナもポイズンと同様、参戦を希望する声が大きかったキャラクターのひとりです。一方、ストーリー上で欠かせないということで、参戦させたタッグもあります。ラースとアリサなどがそれです。


05.jpg

──ラースは三島家の血を引いていますし、アリサも人気がありますから、期待していた人も多いでしょうね。

綾野 彼らは自然な形でタッグを組みます。PS Vita版独自のシナリオを収録したトレーラー(→こちら)がありますので、そちらをご覧ください。

──ストーリー的には、据え置き機版『ストクロ』の後日談になるのですか?

綾野 そういうわけではなく、まったく同時期のできごとになります。

──わかりました。PS Vita版では、ハードの特性を活かし、前面と背面のタップ操作が導入されていることも特徴だと思いますが……。


06.jpg

綾野 タッチを導入したほうが、操作性がよくなると考えたからですね。タッチ操作については、いま公開している以外にも、情報をお届けする予定です。ニンテンドー3DS版の『スーパーストリートファイターIV』のように、ため技やスーパーアーツがワンボタンで出る、というようなものではありません。それとは異なったアプローチになります。

──タッチ操作のオンオフを切り換えることはできますか?

綾野 もちろんできます。ですので、気になる方はオフにすることが可能です。。

──ちなみに、デジタルコンパスやARなどについても対応させるということですが……。

綾野 いろいろ考えていることはあります。デジタルコンパスは、ちょっと使いかたが難しいんですよね。“北を向いて戦うとボーナス”のような形にしてもしょうがないので(笑)。

──確かに(笑)。話は変わりますが、『ストクロ』をいまやり込んでいるユーザーにとっては、永久コンボへの対応が気になるところです。

綾野 早期に対応しなくてはならないと思っています。EVO(アメリカで開催される格闘ゲームの世界大会)が開催される前までには実現したいですね。

──ルールで永久コンボを使用禁止にする、という手もありますが、そうではないと。

綾野 我々としては、もちろんゲーム側で対応しなくてはならないと思っています。

──では、最後に、ファンに向けてのメッセージをお願いします。

綾野 これまでアシスタントプロデューサーとして、公式ブログを運営したり、イベントに出ていました。ですが、まだまだポッと出の印象があると思うので、まずは初プロデュース作品のPS Vita版『ストクロ』で自分の力量を評価してもらって、『ストリートファイター』シリーズのプロデューサーであることを皆さんに認めていただきたいですね。また、PS Vita版『ストクロ』は、「PS Vitaを持っているから『ストクロ』を買おう」ではなく、「『ストクロ』をやりたいからPS Vitaを買おう」と思ってもらえるような作品にしたいと思っています。PS Vita版はPS3版とも対戦できますし、PS Vita版が普及するということは、格闘ゲームそのものの裾野も広がるということなので、ジャンル全体を盛り上げていきたいと思います。ご期待ください。

ストリートファイター X(クロス) 鉄拳
■機種:プレイステーション3、Xbox 360、プレイステーション Vita
■発売日:プレイステーション3、Xbox 360版は発売中。プレイステーション Vita版は2012年秋発売予定
■価格:プレイステーション3、Xbox 360版は各6990円【税込】。プレイステーション Vita版は価格未定




(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc.