これからも革新的な体験を――『重鉄騎』デモなど、プレス向け発表会リポート【Xbox 360 感謝祭】

2012年2月26日、東京・秋葉原で“Xbox 360 感謝祭 in AKIBA <CAPCOM × Microsoft 新作体験会>”が開催された。開場前に行われたプレス向け発表会の内容をまとめてお届けする。

●『Project Draco』正式タイトル発表なども

 日本マイクロソフトとカプコンは2012年2月26日、東京都秋葉原のベルサール秋葉原で“Xbox 360 感謝祭 in AKIBA<CAPCOM × Microsoft 新作体験会>”を開催した。ここでは、その中から、プレス向け発表会の内容をお届けする。

 冒頭では日本マイクロソフトの泉水敬ゼネラルマネージャーが挨拶。2月22日でXboxブランドが日本上陸して10周年が経過したことに触れ、ファンや関係各社に感謝を述べた。そして、多くの代表的なタイトルをリリースしてきたメーカーとして、本日のもうひとつの主役であるカプコンのCS開発統括 副統括 兼 編成部部長の小林裕幸氏を壇上に呼び込んだ。

 小林氏は、Xbox 360での直近のラインアップを紹介した。発売されたばかりの『アスラズ ラース』に始まり、『ストリートファイターX鉄拳』、『バイオハザード オペレーション ラクーンシティ』と立て続けに説明。『バイオハザード オペレーション ラクーンシティ』は日本初となるプレイヤブル出展が行われ、発表会後に一般入場が開始すると、瞬く間に長蛇の列ができていた。小林氏からは、「Xbox 360のユーザーの皆さんには近々発表がありますのでご期待ください」と、何とも気になる予告も。
 続いて紹介されたのは『ドラゴンズドグマ』。「世界最高峰のオープンワールドのアクションゲーム」(小林氏)を目指すとする本作は、最新映像が披露された。ユーザーインターフェース入りの実機映像と思われるもので、英語音声・日本語字幕でのプレイだった。巨人サイクロプスの攻撃をすり抜け、股ぐらをスライディングでくぐり抜け、後ろから背中へとよじのぼっていくというアクションもあり、モンスターとのかつてない戦闘が体験できそうだ。ちなみに、オンライン要素は「シルバーメンバーシップでも同じように遊べますので、ご安心ください」とのこと。こちらについても、後日Xbox 360向けの発表がある模様。

 そして“特報”として、『重鉄騎』のステージも行われた。小林氏と交代でステージに現れたのは、カプコンでプロデューサーを務める北林達也氏と片岡謙治氏。ステージはディレクターの安藤行男氏のプレイを解説する形で進行した。デモが行われたのは、ニューヨーク奪還のためにマンハッタンに上陸するステージ。プレイヤーはウィンフィールド・パワーズ軍曹として、3人の仲間とともに鉄騎を狩り、戦場へと飛び出すことになる。

 操作にはKinectとXbox 360コントローラーの両方を使用。鉄騎自体の移動や視点操作、銃撃などはコントローラーを使って行う。ではKinectはというと、プレイヤーキャラクターが機内で行うそれ以外のインタラクションに使用する。デモで確認できたのは、以下のような動作。

・右手を挙げると右上のパネルを引き出す。こちらのパネルではライトのオンオフや、機内の煙を排出するベンチレーション、そして謎のボタン(脱出ボタンか?)などが配置されており、Kinectで指定すれば使用可能。
・左には外部モニターが設置されている。後に仲間が空爆するシーンを見ることができた。
・手を上に挙げるとペリスコープがあり、外部を鮮明に確認できる。
・手を左右にワイプする動作では、左右と後方の仲間の姿を見られる。
・その状態から握手などのアクションを行える場面もある(後述)
・右下のエンジンレバーを引くと始動。
・プレイヤーが立ち上がると機外に顔を出す。
・さらに機外に顔を出した状態で左手を目の横に構えると双眼鏡を取り出して覗く

 デモは海岸線にあるトーチカの爆破を護衛する任務となっており、敵の動きはほとんどなかったものの、銃撃・砲撃が非常に激しく、安藤氏がゲームオーバーになってしまう場面も(チェックポイントから再開していた)。敵の鉄騎や砲撃車両などを撃破しながら、じりじりと上陸していく。アバウトに機銃掃射する程度なら通常の戦闘画面でも問題ないのだが、砲弾を正確にブチ込むにはペリスコープを引き出したほうが良さそうだ。

 すると、激しい戦闘の最中、左手にいた仲間がハッチから脱走を試みた。敵前逃亡とはけしからん! というわけで、まず下から仲間を引きずりおろし、続いて鉄拳制裁を加えるというミリタリーすぎるアクションをKinectで実行。軍曹さすがであります! あ、軍曹は俺か。ちなみに、必ずしもそうしなくてはいけないわけではないらしい。
 残る敵兵も排除すると爆撃が行われ、外部モニターでその様子を見ることができた。そして生存できたことを感謝する右手の仲間が握手を求めてきたので、「うむ、ごくろう」とばかりに手を差し出すジェスチャーをする。そして立ち上がって外を見ると、ついに奪還したマンハッタンの海岸が鮮明に見える。歩兵がトーチカにアメリカ国旗を立てている。これからも戦いは続くが、これは偉大な一歩である……。何とも発売が待ち遠しい。

 そして壇上にはふたたび泉水氏が登場し、今後の日本マイクロソフトのラインアップを紹介。『Kinect ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー』と『Kinect スター・ウォーズ』をおさらいしてから、もう2タイトル……と紹介したのが、『Diabolical Pitch(ディアボリカル・ピッチ)』と『Project Draco(仮称)』。まずはグラスホッパー・マニファクチュアの須田剛一氏が壇上にあがった。
 須田氏はまず10年前を振り返り、企画を大量に持ち込んだものの中々通らなかったところ、昨年『シャドウ オブ ザ ダムド』でXbox 360へのリリースができ、今度は本作で日本マイクロソフトからソフトをリリースできると喜びの言葉を述べた。今年は角川ゲームスの『ロリポップチェーンソー』もXbox 360での発売を予定している。さて本作の内容についてはすでにこちらの記事でプレイインプレッションを掲載しているのでそちらを参照していただくとしよう。後ほど開場後に行われたデモステージの模様もお届けする。

 続いてグランディングの二木幸生氏が登壇し、『Project Draco(仮称)』の正式タイトルを『CRIMSON DRAGON(クリムゾン ドラゴン)』と発表。本作についてもこちらの記事でプレイインプレッションを掲載しているので、ぜひチェックしてみてほしい。ストーリーとしては「ファンタジーものではない」(二木氏)とのことで、ドラゴンが棲む惑星に移住した人類がドラゴンとともに生き延びていくという、SF寄りの設定になっているとのこと。全体では7つのワールドがあり、ドラゴンは全部で6種類。スキルは100種類以上用意されているという。さらに、マルチプレイも可能で、Xbox LIVEを通じて3人までの協力プレイに対応。それぞれ育てたドラゴンを駆ってともに戦える。二木氏は、共同開発を行うランド・ホーとともに「Xbox LIVE アーケードタイトルですが、それ以上のクオリティ、ボリュームになるように開発しています」と語り、プレゼンテーションをしめくくった。

 最後に壇上に戻ってきた泉水氏は、この10年間、Xboxブランドがエンターテインメントプラットフォームとして進化を続けてきたと語り、これからも革新的な体験を提供するべく、進化を続けたいとして、発表会をしめくくった。なお、ファミ通.comではイベント開場後の模様やデモやステージのリポートなどを順次アップしていくので、お楽しみにお待ちいただきたい。

(C)2012 GRASSHOPPER MANUFACTURE INC. Diabolical Pitch is a trademark of GRASSHOPPER MANUFACTURE INC.

(C)2012 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.

●Xbox 360 感謝祭、大盛況! 試遊待ち2時間以上のタイトルも

 『Kinect スター・ウォーズ』と並び、Kinect向けタイトルとして注目作を集める『Kinect ラッシュ: ディズニー/ピクサー アドベンチャー』が初出展! どちらも熱心なファンがプレイを堪能していた。

※[関連記事]『Kinect スター・ウォーズ』“ジェダイ デスティニー”の最新デモプレイを動画でお届け→こちら

※[関連記事]『カーズ』、『トイ・ストーリー』などディズニー/ピクサー映画の世界をKinectで体感! 『Kinect ラッシュ』をひと足先に遊んできました→こちら

 日本マイクロソフトの『Project Draco(仮題)』改め『Crimson Dragon』とカプコンの『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』も初プレイアブル出展。

[関連記事]『ドラゴンズドグマ』と『バイオハザード ORC』ステージイベントの模様をリポート【Xbox 360 感謝祭】→こちら

▲『Crimson Dragon』は、セガの名作シューティング『パンツァードラグーン』シリーズなどを手掛けた、クリエイターの二木幸生氏(現・グランディング)による最新作。

▲『バイオハザード』シリーズ初となる4人によるマルチプレイが楽しめる『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』。

▲途中で整理券配布になるほどの盛況っぷり。