『Project Draco(仮題)』改め『Crimson Dragon』がプレイアブル出展【Xbox 360 感謝祭】

ゲーム Xbox 360 ニュース
2012年2月26日に東京・秋葉原で開催中の“Xbox 360 感謝祭 in AKIBA <CAPCOM × Microsoft 新作体験会>”。このイベントで、Xbox 360のKinect(キネクト)専用タイトル『Project Draco(仮題)』の正式名称が、『Crimson Dragon』に決定したことが明らかになった。また、同作は今回プレイアブル出展もされていたので、以下にその概要をお届けする。

●操作は慌ただしいけど、それが楽しい!

 2012年2月26日に東京・秋葉原で開催中の“Xbox 360 感謝祭 in AKIBA <CAPCOM × Microsoft 新作体験会>”。このイベントで、Xbox 360のKinect(キネクト)専用タイトル『Project Draco(仮題)』の正式名称が、『Crimson Dragon』(2012年発売予定)に決定したことが明らかになった。また、同作は今回プレイアブル出展もされていたので、以下にその概要をお届けする。


bloodskin.jpg

 『Project Draco(仮題)』改め『Crimson Dragon』は、セガの名作シューティング『パンツァードラグーン』シリーズなどを手掛けた、クリエイターの二木幸生氏(現・グランディング)による最新作。プレイヤーはドラゴンに搭乗し、さまざまなステージを駆けることとなる。ゲームの作りはレールシューターで、操作方法はKinectならではの直感的なものに、戦略性も組み合わせた仕上がりだ。まず移動だが、前述した通り本作はレールシューティングなので、ステージの進行は自動で行われる。ときには行く手を阻む障害物もあるが、そんなときは体を左右に動かせば画面内のドラゴンも同じように動き、敵の攻撃も含めた危険を回避することが可能。

 攻撃は右手、左手、両手を使うことになる。右手にはロックオン&ホーミング可能な攻撃が割り当てられおり、一方左手には威力の高い単発攻撃をセット。ロックオン&ホーミング攻撃は単発の威力こそ低いものの、複数ロックオンすることで多数の敵に対処することが可能なうえに、“精神力ゲージ”の減少が発生しないという利点がある。精神力ゲージは強力な攻撃を放つ際に必要となるもので、左手の単発攻撃では一発ごとに減少してしまう。また、ゲージが十分にある状態で両手を振り上げると画面全体にダメージを与える、一般的なシューティングゲームで言うところの“ボム”が発動可能だ。精神力ゲージは時間経過とともに自動回復するので、雑魚は右手のロックオン&ホーミングで片付け、左手および両手の強力な攻撃はここぞという場面で使用する、といった戦略の組み立てが必要となるだろう。


CrimsonDragon_03_Highres.jpg

 説明だけ読むと何やらじつに慌ただしそうであるが、実際遊んでみると若干慌ただしい。さきほどの操作解説に少し内容を加えるが、ロックオンはまず右手を動かして敵をロックオンしたあとに振りかぶって攻撃を放つという2段階の入力が必要で、大量に敵が来たときなどは意外と焦る。また、左手の単体攻撃は手を前に出しているあいだは弾が出続けてしまうので、気がつけば精神力ゲージが大幅減なんて事態も。これに加えて、両手の全体攻撃をどこで使うのかを意識しなければいけないわけで、頭が混乱すること請け合いだ。しかし、その混乱&操作の慌ただしさが、ゲームやってる感を強く実感させてくれるのである。右手のロックオンで敵の集団をあらかた片付け、捕り逃した分は左手の単体攻撃でチクチクと潰し、強力な敵にはボムで先制攻撃……といった操作が流れるように出せたときなどは、オーディエンスに向けてどや顔のひとつも決めたくなるほどキモチイイ。


CrimsonDragon_04_Highres.jpg CrimsonDragon_05_Highres.jpg

 そのほか特筆しておきたいのが、グラフィックだ。今回体験したバージョンでは氷河が浮かぶ海上に始まり、深い渓谷、密林地帯と場面が目まぐるしく転換していったのだが、いずれもプレイ中にも関わらず目を奪われてしまうほどのクオリティー。なかでも氷河のシーンは、壮大なサウンドも相まって幻想的な仕上がりとなっている。なんでもサウンドを手掛けたのは『パンツァードラグーン』と同じスタッフとのことで、ファンならばぜひチェックしておきたいポイントだ。


CrimsonDragon_00_Highres.jpg
CrimsonDragon_01_Highres.jpg CrimsonDragon_02_Highres.jpg

 今回のバージョンでは赤い色のドラゴンに乗っていたが、話を聞いたところこちらは複数種存在するとのこと。また、餌を与えることでドラゴンはさまざまなスキルを習得する。当然、攻撃方法もそれによって変化するので、一種の育成ゲーム的な面でもじっくり楽しむことができそうだ。

 なお本作は、Xbox LIVE アーケードのダウンロードタイトルとして、2012年に配信予定となっている。


CrimsonDragon_Food.jpg CrimsonDragon_06_Highres.jpg


(C) 2012 Microsoft Corporation. All Rights Reserved.

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録

評価の高いゲームソフト(みんなのクロスレビュー

※ ブログ・レビューの投稿はこちら!ブログの使い方

この記事の個別URL

その他のニュース

【実用アプリ使い隊】命名アプリ『名付け。』が合コンや飲み会でも使える!?

ふだんの生活なかで役立つアプリを紹介する実用アプリ使い隊。今回は、実生活はもちろんゲームでも(?)悩まされるであろう、名前を付けるときに使えるアプリについて!

【朝刊】S.A.Pついにデビュー?

昨日(2014年4月18日)のニュースをまとめておさらい。新作アプリ情報やアップデート情報に加え、チェックしておきたいさまざまなニュースを、まとめてご紹介します。

“ウルIV女子部”がタイトーステーションBIGBOX高田馬場店へ!

人気対戦格闘ゲーム『ウルトラストリートファイターIV』をみんなでいっしょに楽しむために結成されたウルIV女子部。その女子部が、2014年4月26日(土)、27日(日)の2日間タイトーステーションBIGBOX高田馬場店に来店するイベントが開催決定。

【緊急調査】マルチプレイアクションゲームについてのアンケートにご協力ください!

週刊ファミ通では、“マルチプレイアクションゲーム”をテーマにした特集記事を企画しています。

エイプリルフールに開設された、日本一ソフトウェア“新はやりかみ”のサイトに、“流”の文字が。その変化を追う!

2014年4月1日のエイプリルフールに公開された、日本一ソフトウェアの謎のサイト“新はやりかみ”。日を追うごとに狂気を増していく、このサイトの変化を追う。

『デスティニー オブ スピリッツ:アジア』プレイリポート第7回:メインスピリッツを公開

2014年3月20日よりサービス開始となったプレイステーション Vita用ソフト『デスティニー オブ スピリッツ:アジア』のプレイリポート第7回をお届け!

『ブレイブルー』ブログ“諜報部調査報告書”【第80回】を更新

アークシステムワークスの人気対戦格闘ゲーム『ブレイブルー』シリーズを扱うブログ。ファミ通のバング使い豊泉三兄弟(次男)がお届けします。

カワイイヤッター!! “ネコネコカワイイ”が歌って踊る、 『ニンジャスレイヤー』のフルCGPVが完成!!【動画あり】

アニメ化が決定したtwitter発のニンジャ活劇『ニンジャスレイヤー』。最新刊『ニンジャスレイヤー ピストルカラテ決死拳』の発売を記念して、フルCGのプロモーションビデオが完成!!

インディーゲーム『Defender’s Quest II』のメインテーマ作曲に植松伸夫氏の参加が決定

アクティブゲーミングメディアが運営するPCゲームダウンロード販売サイト“PLAYISM“にて配信中の『Defender's Quest』。その続編『Defender's Quest II: Mist of Ruin』のメインテーマ作曲に、植松伸夫氏が参加することが発表された。

ニトロプラス&ufotableが“character1 2014”に合同ブースを出展 セイバー&すーぱーそに子コラボタペストリーなどを販売

ニトロプラスとユーフォーテーブルは、2014年4月29日に東京ビッグサイトにて開催される、キャラクターコンテンツ総合見本市“character1 2014”にて、ニトロプラス&ufotable 合同ブースを出展することを発表した。

特集記事

週間 販売ランキング

ファミ通協力店の皆様よりご提供頂いた販売ランキングです。

詳しいランキングはこちら

もうすぐ発売!

▼各種ハード別発売情報

  • PS4
  • PS3
  • Wii
  • Wii U
  • XboxOne
  • Xbox360
  • PSVita
  • PSP
  • 3DS
  • DS

スポンサードリンク