『FFXIII-2』のDLCなどPlayStation Network最新情報をお届け

ソニー・コンピュータエンタテインメントのネットワークサービスPlayStation Networkの最新情報が公開された。

●PSNの最新情報をまとめて紹介

 ソニー・コンピュータエンタテインメントのネットワークサービスPlayStation Networkの最新情報が公開された。以下、項目にわけて詳細をリリースより抜粋する。


追加コンテンツを入手して『FFXIII-2』を遊び尽くそう!!
追加コンテンツをダウンロードによって入手できる『FFXIII-2』は、本編以外にもお楽しみ要素が満載! 追加コンテンツが配信されると、スタートメニューの「ダウンロードコンテンツ」のショップがオープンするぞ。その第1弾は『FF』シリーズでおなじみの強敵「オメガ」との壮絶なバトルだ。「オメガ」は世界のどこかに存在するコロシアムで待ち構えており、勝利してクリスタルを入手すれば仲間モンスターとして使用できるかもしれない!? そのほか、本作の世界観に合わせたセラとノエルの専用オリジナルコスチュームなど、魅惑的なコンテンツが次々に配信される予定。公式サイトなどで配信スケジュールを要チェックだ!



PlayStation Vitaの通信機能を活かした
ヒミツのオタノシミに迫りまく~る!!
注目の新ハードPlayStation Vitaのあらゆる機能を使いまくる、最強のミニゲーム集『サワリ・マ・ク~ル!』。今回はこのタイトルで楽しめる、通信機能を使った画期的なシステムを特別公開しよう。

PlayStation Vitaと同日に配信される本作は、ダウンロード専用タイトル。不思議な生物「デビアンツ」を操って楽しむゲームが30種類も入った、お得な一本だ!タッチスクリーンに背面タッチパッド、モーションセンサーやカメラ、マイクなどなど、PlayStation Vitaのあらゆる機能をフル活用して楽しめるぞ!

フレンド登録したユーザー同士なら、お互いのスコアをチェックできるぞ!スコアが高い人から低い人に、「果たし状」と呼ばれるメッセージをワンボタンで送ることができるのだ。受け取った人はそのスコアに「挑戦」することが可能。果たし状のスコアを上回ることができれば、反対に送り主に「果たし状」を出すこともできるのだ!PlayStation Vitaの通信機能を利用した、時間に縛られずに対戦できる、まったく新しい通信対戦の形というワケ! さらに、スコアが下の人が、上の人に対して下克上のようにチャレンジする「挑戦」も熱いぞ!

仲良しの友だち同士を「フレンド」として登録しあうシステム。ゲームをいっしょにプレイする仲間として…、毎日のコミュニケーションの相手として…、登録すればすぐにフレンドの情報にアクセスすることができる。PS3のフレンド機能と同様、PlayStation Vitaを通じ、ユーザー間の深いつながりを生み出すことができるシステムなのだ。

PlayStation Vitaの”near”の機能を使い、キミの近くにいる『サワリ・マ・ク~ル!』プレイヤーたちとコミュニケーションをとることができるぞ!近くにいる”near”ユーザーのスコアをチェックしたり、製品版のユーザーから体験版のユーザーへ、体験版には入っていないミニゲームを送ることもできるのだ!
※送られるミニゲームは「ボッツたたき!ハウス」です。

PlayStation Vitaが、自動的に周囲のエリアにいるPlayStation Vitaの情報を収集し、ネットワークを構築するシステム!その地域で流行っているゲームが見れたり、情報の交換や共有を行うことができるのだ!町をブラブラと歩くだけで、友だちがどんどん増えちゃうかも!?

サワリ・マ・ク~ル!』を生み出した、イギリスのBigBig Studioのサイモン・バージー氏が本コーナーのためにインタビューに答えてくれたぞ!不思議なゲーム『サワリ・マ・ク~ル!』、そしてデビアンツのアイデアはいかにして生まれたのか!?通信機能の本当のオタノシミとは…!?海を越えてやってきた独占情報を今すぐ読むべし!

携帯機向けゲームの開発で定評のある、イギリスの開発スタジオ「Big Big Studios」創立メンバーの1人で、『サワリ・マ・ク~ル!』アートディレクター。

-『サワリ・マ・ク~ル!』の見どころを教えてください。
サイモン「タッチスクリーン、背面タッチパッド、モーションセンサーや背面カメラなど、PlayStation Vitaの新機能を最大限に利用したアクションゲームという所ですね。あらゆる機能を使うバラエティに富んだミニゲームが、ユニークな6つのエリアに5つずつ用意されており、プレイヤーはその世界を冒険できます。AR(拡張現実)を利用したシューティングゲームでデビアンツ達を守ったり、モーションセンサーを使って谷や洞くつの中で競争したり、背面タッチパッドを使ってPlayStation Vitaの画面を盛り上げてデビアンツを転がしたりできます。どのゲームもすごく直感的で、友達にも見せられるんです。背面タッチパッドで地形を変形させて、キャラクターを操作させるというのもゲームでは初めての試みなので、こちらも必見ですよ。」

-キャラクターの“デビアンツ”は非常に魅力的ですが、このキャラクターはどんな発想で生まれたのでしょうか?
サイモン「コンセプト段階では、デビアンツ達はシンプルなボール型に大きな目と歯をつけて、草原の中でも目立つようにオレンジに色付けしたものでした。ただ、見た目があまり個性的ではないというのと、何より感情表現をさせるのが非常に難しかったので、ボール型をやめて立てるようにしました。こうすることで感情豊かなキャラクターにすることができましたが、最初のデビアンツは、何というか、邪悪な毛なしハムスターと金魚を足して二で割ったようなものだったんです(笑)。とても個性的な見た目ではあったのですが、ちょっと怖すぎました…。ちなみにゲームの中で、“ギャラリー”を開いていくとこのデビアンツの原型を見ることができますよ。いろいろと練るうちに、可愛いオレンジ色のデビアンツ、ローリンができ上ってきたんです。そのあとクラゲのようなポヨポヨが出来あがり、氷のようなフロスタルに、炎のようなフレミング、そしてクレイジーなエレキンが加わりました。世界観はレトロ感を出し、敵はツルツルしたデビアンツとは反対の直線や箱などで構成されています。」

-たくさんのミニゲームが収録されているようですが、多様なゲームのシステムを考案する中でも、何か共通のルールのようなものはありましたか?
サイモン「一番に焦点を当てたのは、スマートフォンや他のコンソール機にはない、PlayStation Vitaの優位点を活かしたものにするということでした。意図的にアナログスティックやボタンは使用しないようにして、できるだけタッチスクリーンや精密なモーションセンサーを使うようにしました。また、PlayStation Vitaに慣れていない人でもすぐ手にとってプレイできるような手軽さと、熱心なゲーマーにも歯ごたえが感じられるよう、極めるのは難しい作りになっており、フレンド達との競争やオンラインランキングもできるようになっているのもポイントです。」

-通信機能を使った、おすすめの楽しみ方があればお教えください。
サイモン「オンライン機能はいくつか用意をしています。メインとなるのは“挑戦”システムです。他のプレイヤーのスコアを越えられるように挑戦をしたり、“果たし状”を送って自分のスコアに挑戦させて、誰が一番高いスコアを得られるか競いあえます。また、ミニゲームごとにオンラインランキングがあり、世界中のプレイヤーとスコアを競うことができます。また、”near”機能を使って、他のユーザーへ追加ライフなどをプレゼントできるようになっています。」

-PlayStation Vitaはどんなゲームマシンで、どんなところが魅力的だとお考えですか?
サイモン「すごい携帯ゲーム機だと思いますよ!ハイスペックだし、とても開発がしやすいんです。これはローンチタイトルのクオリティの高さを見れば、分かってもらえると思います。Big Big Studiosではいつも、どれだけユニークなゲームを作れるかを模索しています。なので一番好きなポイントは背面タッチパッド操作です。今までにはない操作のため、そのような機能を使ったゲームを初めて作れたというのはとても光栄なことだと思います。」

-世界中のゲームファンの皆さんに、メッセージをお願いします。

サイモン「PlayStation Vitaで『サワリ・マ・ク~ル!』を楽しんでもらえたでしょうか?オンラインランキングで君のスコアがトップになるのを楽しみにしています!」


お家でぬくぬくじっくりプレイ!
冬にやるべき「冬ゲー」セレクション!!
selection01 かまいたちの夜 特別編
もはや説明不要!?小説のような物語を読み進め、要所要所に現れる選択肢を選択していくことでストーリーが変化する「サウンドノベルシリーズ」の大傑作!ガールフレンドとのスキー旅行で雪山を訪れた主人公が、雪に閉ざされたペンションで謎の連続殺人事件に巻き込まれていく、緊迫のミステリーだ!

ある部屋で見つかった殺人予告ともとれるメッセージをきっかけに、次々と起こる凄惨な事件…。事件の行方を推理し、ガールフレンドや他の宿泊客を守るのはキミの役目だ!物語を楽しむだけでなく、犯人を導き出す推理ゲームとしても楽しめるのが本作の特徴。知恵と行動力で、犯人との頭脳戦に勝利することができるか…!?

キミの行動しだいで、物語は思わぬ方向に進んでいく。その結末も、多数のパターンが用意されているぞ!遊ぶたびに違う発見があるこのソフト、PlayStation Storeならわずか800円でダウンロード可能!すでにプレイ済みのアナタも、未体験のアナタも、冬の静かな夜は雰囲気満点の『かまいたちの夜』をプレイするべき!!

部屋の電気を消して、1人でじっくり。これが『かまいたちの夜』のオススメプレイSTYLE! ほら、アナタの後ろにもアヤシイ人影が…!?

かまいたちの夜』シリーズ最新作はPlayStation Vitaで発売中! 吹雪に閉ざされたペンションで、ふたたび起こる連続殺人事件…!新たな登場人物と物語が、さらなる恐怖をつむぎ出す…。くわしくはPlayStation Vita公式サイトで!

selection02 COOL BOARDERS 2 Killing Session
世界中のゲーマーとボーダーを熱狂させた、元祖スノボゲームの第2弾がゲームアーカイブスに参戦!美しいゲレンデを疾走する爽快感と、華麗なトリックをキメたときの達成感は本作ならではの魅力。アガりまくりのBGMに乗って風と一体になれば、気分は最強のCOOL BOARDER!冬こそ熱く燃えるべき!!

彼女を家に招いてラブラブプレイがおすすめ!対戦モードではしゃぐもよし、トリックを見せつけてドヤ顔するもまたよし!


selection03 SuperLite1500シリーズ ザ・カーリング
国民的人気スポーツの仲間入りを果たしたカーリング。でも、実際に始めるとなるとなかなかハードルが高いもの…。そんなお悩みを本作が解決!わずか300円で、奥深いカーリングの世界が体感できちゃうぞ!プレイしてみると、意外な戦略性とチームワークの大切さに気づくはず。ソチ五輪までに予習するべき!!

同時プレイは2人までだけど、みんなで集まって楽しむのがおすすめカーリングSTYLE!友だちとトーナメント戦を開催してみては!?



最新『週刊トロ・ステーション』情報
週刊トロ・ステーション』内でお楽しみいただける「トロ・ステーション」は毎週金曜日の深夜、最新のゲーム紹介を中心に、雑学など楽しい情報を「トロ」と「クロ」が軽快なトークでお届けするニュース形式のメインコンテンツです。今週 12月16日(金)24時頃から12月23日(金)24時頃まで(※)配信される情報をご紹介します。
※プラチニャ会員は12月16日(金)18時頃からの配信となります。

今週配信される「トロ・ステーション」111号はポータブルゲーム機として、すべての進化を遂げたハードウェア“PlayStation Vita”をトロとクロがご紹介します!!

そしてトロたちの新作アプリがいよいよ登場!『みんなといっしょ』大特集も!お見逃しなく!!



コミックカテゴリにおいて、『GIANT KILLING』配信開始!
MAR』『デウス×マキナ』完結!

GIANT KILLING
講談社
綱本将也/ツジトモ
1~3巻(12月15日(木)配信) 各530円(税込)
本当にいい監督はゲームを面白くしてくれる! 達海猛(たつみ・たけし)、35歳、イングランド帰りのサッカー監督。好物は大物喰いの大番狂わせ=GIANT KILLING(ジャイアント・キリング)!!
(c)綱本将也/ツジトモ/講談社

デウス×マキナ
アスキー・メディアワークス
著者:烏丸渡
4巻:完結(12月15日(木)配信) 420円(税込)
荒野を駆ける機械仕掛けのフロンティア・ガンアクション!マキナとデウスの過去…… そして二人の絆の元になった事件とは!? 過去編及び、巨大クロックワーカー『粛正』との戦いを収録した最終巻!
(C)烏丸渡 2010/アスキー・メディアワークス

MAR(メル)
小学館
安西信行
13~15巻:完結(12月15日(木)配信) 各420円(税込)
ウォーゲームに勝利したギンタたちは、クイーン・ディアナにさらわれたスノウを助け出すためレスターヴァ城に乗り込んだ! ディアナとドロシーの姉妹対決、そしてキングとの最後の戦いの行方は…!?
(c)Nobuyuki Anzai