• 『三國志 真戦』ファミ通.com特設サイト>
  • 『三國志 真戦』リリース半周年、シブサワ・コウ特別インタビュー。『三國志』で「大事にしているのは人間ドラマと“武将の顔”」などなど……ファン注目のコメントをお届け

『三國志 真戦』リリース半周年、シブサワ・コウ特別インタビュー。『三國志』で「大事にしているのは人間ドラマと“武将の顔”」などなど……ファン注目のコメントをお届け

iOSとAndoroidでリリース中の『三國志 真戦』の監修を手掛けるコーエーテクモゲームスのクリエイター、シブサワ・コウ氏のインタビューを掲載。

公開日時:2021-11-19 21:00:00

●シブサワ・コウ氏にインタビュー!

 2021年5月にリリースされ、今月ハーフアニバーサリーを迎えた『三國志 真戦』。コーエーテクモゲームスが手掛けた『三國志 13』をベースに、多数のプレイヤーが入り乱れる本格的なスマートフォン向け戦略シミュレーションゲームとして生まれ変わった話題作だ。

 本作は『三國志 13』を題材としているだけではなく、コーエーテクモゲームスが監修を務めており、ゲームの魅力を引き出すことに一役買っている。そんなコーエーテクモゲームスのゼネラルプロデューサー、シブサワ・コウ氏に書面インタビューを行うことができたので、本稿にて掲載する。シブサワ・コウ氏やコーエーテクモゲームスが『三國志』シリーズや『三國志 真戦』を手掛ける際に重視していることなどを中心に、さまざまな質問にお答えいただいた。

 氏が考える『三國志』および『三国志』の魅力とは? シブサワ・コウ氏のファンなら必見のインタビューを、ぜひお見逃しなく。

『三國志 真戦』シブサワ・コウインタビュー。『三國志』シリーズを手掛けるうえで重要なことは? などなど……ファン注目のコメントをお届け

シブサワ・コウ氏。コーエーテクモゲームス ゼネラルプロデューサー。2021年でクリエイター活動を開始してから40周年を迎える。

――『三國志 真戦』においてシブサワ・コウ様の担当は?

シブサワ・コウ コーエーテクモゲームスの『三國志 13』のIP(知的財産)を『三國志 真戦』に活用いただいているだけでなく、監修という形で関わっています。

――本作はコーエーテクモゲームス監修と銘打っていますが、具体的にはどういった監修をされているのでしょうか。

シブサワ・コウ 当社から『三國志 13』の素材などを提供しつつ、当社の『三國志』シリーズのゲーム性や世界観などが崩れないよう、ゲームの内容を監修しています。

――『三國志 真戦』は、『三國志 13』からどの要素を継承されているのかを教えていただけますでしょうか。

シブサワ・コウ シミュレーションゲームのおもしろさのエッセンスはもちろんとして、おもにキャラクターなどのビジュアルやパラメータ、それにサウンドが中心になります。

000

――『三國志 真戦』のグローバル版である『三國志・戦略版』は、世界的な好セールスを記録しています。『三國志』はグローバルなマーケットでも勝負ができることを証明した形となりますが、コーエーテクモゲームスが手掛ける『三國志』シリーズは、これまで以上にグローバルで展開していく可能性や計画はありますか?

シブサワ・コウ PCのコンシューマゲームにおいて『三國志』シリーズは、すでに世界各国で多くのお客さまにプレイしていただいています。アジア地域が中心になりますが、欧米などのその他の地域でもシリーズを重ねるごとにセールスが伸びています。これからますますセールスの場を広げて展開していく予定です。

――『三國志・戦略版』はリリースしてから今日までに5000万ダウンロードを記録する大ヒットとなりました。このことについて、率直な感想をお聞かせいただけますでしょうか。

シブサワ・コウ これはすばらしいことだと思います。アジアの多くの方に『三國志 戦略版』をプレイしていただいていることを、とてもうれしく思っています。

サシカエ(高解像度)

――『三國志』シリーズが国内外でここまで愛されていることについて、その要因はどこにあると考えられますか?

シブサワ・コウ もととなる『三国志』のお話、とくに『三国志演義』における乱世を駆け抜けた英雄たちの存在が魅力的だからではないでしょうか。日本においても『三国志』の人気は高いですし、アニメやマンガ、もちろんゲームなどを通じて多くの人に愛されています。当社の『三國志』シリーズも、そのゲーム性を評価していただいていることはもちろんですが、“『三国志』”という題材とシミュレーションゲームが、うまくマッチした結果だと考えています。

――『三國志』のナンバリングシリーズは現在14作品がリリースされていますが、シリーズを制作するうえで心掛けていることはありますか?

シブサワ・コウ まずは中国の歴史と『三国志』のストーリーに敬意を表することと、その中で武将たちが織りなす『三国志』の人間ドラマをとくに大事にしています。もうひとつは“武将の顔”ですね。武将のイメージを崩さないことをいちばんに考えています。関羽や張飛といった、当社がずっと作り上げてきた武将のイメージは、いまや世界共通のイメージになってきているので『三國志』シリーズには、オフィシャルゲーム感が生まれていると思います。また、ファンの皆さまからのご要望や最新技術の活用も心掛けています。

――現在、『三国志』を題材としたゲームが非常に多くリリースされています。それらのゲームに対し、『三國志』シリーズは、どのような差別化を心掛けていますか?

シブサワ・コウ まずは、こちらは当社が長年培ってきた、『三國志』のキャラクター設定、ビジュアルなどが、とくに他タイトルとの大きな差別化になっていると思います。あまりファンタジーな表現は用いず、史実や『三国志演義』からくる、皆さまの中の『三国志』のイメージに忠実な作りを心掛けています。そのあたりが、『三國志 真戦』が掲げる“地形・戦略にこだわり抜いた本格派シミュレーションゲーム”というコンセプトとマッチしていると考えています。

『三國志 真戦』シブサワ・コウインタビュー。『三國志』シリーズを手掛けるうえで重要なことは? などなど……ファン注目のコメントをお届け

――今後の『三國志 真戦』に対する期待をお聞かせください。

シブサワ・コウ 2021年5月にリリースをしてから約半年が経過しました。多くの方にプレイしていただくことができて、とてもうれしく思っています。本当にありがとうございます。これからも、より多くの人に『三國志 真戦』をプレイしていただきたいと思います。

――最後に、シブサワ・コウ様のお気に入りの『三国志』の武将をお教えていただけますでしょうか。

シブサワ・コウ やはり諸葛亮ですね。劉備に忠を尽くし、息子の劉禅の時代になってからも心変わりせずに、最後まで忠を尽くしました。ヒーロー中のヒーローだと思います。

●『三國志 真戦』の新展開に注目!

 冒頭で紹介したように、『三國志 真戦』はハーフアニバーサリーを迎え、盛り上がりを見せている。ゲームは現在シーズン3に突入。君主たちの戦いはますます激しくなっていくだろう。

 本作はシーズンが切り換わるたびに、新しいシナリオが実装され、つねに新鮮なゲームプレイを体験することができる。ゲーム開始直後は“初心者保護”期間となっており、各種コマンドの実行にかかる時間が減るなど、初心者も遊びやすい内容になっているのがポイント。シブサワ・コウ氏率いるコーエーテクモゲームス監修の『三國志 真戦』を、ぜひプレイしてほしい。

  • 『三國志 真戦』ファミ通.com特設サイト>
  • 『三國志 真戦』リリース半周年、シブサワ・コウ特別インタビュー。『三國志』で「大事にしているのは人間ドラマと“武将の顔”」などなど……ファン注目のコメントをお届け

この記事の個別URL

『三國志 真戦』ファミ通.com特設サイト

タイトル
三國志 真戦
メーカー
Qookka Games
対応ハード
iOS/Android
価格
基本プレイ無料(アイテム課金制)
ジャンル
シミュレーション
公式サイトはこちら