クロスレビュー

平均

8.8
ビックダディを操作し、リトルシスターを捜しながら海底都市ラプチャーの謎を解いていこう。オンラインを介したマルチプレイでは、最大10人で対戦できるぞ。
発売日
2010年03月04日
価格
6980円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
関連サイト
http://bioshock2.jp/
詳細を見る

バイオショック2(PS3)のレビュー・評価・感想情報

モリガン長田
ファミ通公式 PS3
9

細部まで作り込まれた狂気的で不気味な雰囲気は、逆に芸術を感じるほど見事。先に何が潜むのかという恐怖心を煽られ、つねに緊張感を持ってプレイできる。ボイスレコーダーなどで徐々に明かされていく常軌を逸したストーリーも絶妙。かなり残酷な描写があるので抵抗がなければ。

週刊ファミ通1108号より

レオナ海老原
ファミ通公式 PS3
9

独自性のある世界の構築がすばらしく、相変わらずのハイセンス。自分がビッグダディということで、ドリル攻撃が快感で病みやきに。また、字幕などの文字が大きく、読みやすいのもうれしい。ただ、吹き替えがないため、アナウンスやちょっとしたセリフがわからないのが惜しい。

週刊ファミ通1108号より

山本ペンキ
ファミ通公式 PS3
9

武器とプラスミドを同時に使えるなど、前作よりも爽快なバトルを実現。敵の復活も頻繁で、気を抜けない探索を楽しめます。また、リトルシスターを守る場面もあり、ちょっと頭を使う戦闘も。さらに豊富な武器やスキル、レコーダーなど、隅々まで飽きさせない工夫がタップリです。

週刊ファミ通1108号より

世界三大三代川
ファミ通公式 PS3
8

緩急をつけたゲームバランスと多彩な攻撃方法が相まって、バトルにユーザーごとの創意工夫を生み出させる。前作同様、練り込まれた世界観と、それを演出する箱庭も特徴的。だからこそ、音声がローカライズされていないことが非常に残念。物語は、前作を知らないと楽しみづらい。

週刊ファミ通1108号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.8
ビックダディを操作し、リトルシスターを捜しながら海底都市ラプチャーの謎を解いていこう。オンラインを介したマルチプレイでは、最大10人で対戦できるぞ。
発売日
2010年03月04日
価格
6980円 [税抜]
対応機種
PS3 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
ディースリー・パブリッシャー
関連サイト
http://bioshock2.jp/
詳細を見る
  1. 1
    ネコ型配膳ロボ“ベラボット”の公式ファンブックが4/15発売。付録のペーパークラフトであのロボを再現。サイズは割と大きい
  2. 2
    ゲームボーイライトが発売された日。GB最後のモノクロ画面モデルはバックライト付き。電池が長持ちするのがうれしかった【今日は何の日?】
  3. 3
    『ソフィーのアトリエ』着替えを見られて涙目で怒るソフィーのフィギュアが登場。エビテン限定特典は描き下ろしイラスト使用のアクリルコースタースタンド
  4. 4
    【今週発売のおすすめタイトル】『ビックリマン』スマホ向けRPGが4/19リリース。『デイヴ・ザ・ダイバー』PS4/PS5版や『UFOロボ グレンダイザー』なども登場【4/15~4/21】
  5. 5
    加隈亜衣、阿座上洋平が出演の短編ADV『つばめの世代』制作クラウドファンディングが5月1日より開始。アンドロイドの少女と人間による笑いと感動の物語