クロスレビュー

平均

10

4ユーザー

スコア

;">
8.8
『ゼルダの伝説』シリーズ最新作にして25周年記念作品。Wiiモーションプラスを剣に、ヌンチャクを盾に見立てて、森、火山、砂漠の3つの世界を冒険しよう。
発売日
2011年11月23日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 スカイウォードソード(Wii)のレビュー・評価・感想情報

乱舞吉田
ファミ通公式 Wii
10

縦、横、斜めと、剣を思うがままに斬り分けられるのは、Wiiリモコンプラスの真骨頂。とにかく、敵とのバトルが楽しい。謎解きは難度が絶妙で、試行錯誤のうえで正解にたどり着けるところが◎。マスターソードなど、『ゼルダ』の根幹にまつわる物語も興味深く、遊び続けてしまう。

週刊ファミ通1198号より

バカタール加藤
ファミ通公式 Wii
10

物語的にも内容的にも『ゼルダの伝説』シリーズの根幹を担う作品だと思ったが、遊ぶうちにこれは“ゲームそのもの”を担っていると感じた。気の遠くなるような手間と時間を掛け、人間が創り出す雑多でよさげなものを煮詰めた結晶のような、素敵すぎる何かの集大成。とにかくやってみて!

週刊ファミ通1198号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Wii
10

広すぎず、仕掛けの豊富な中身の濃いマップは、探索や謎解きに夢中になれる。敵ごとに異なる戦いかたを考えさせられるバトルも楽しい。戦闘にせよ、謎解きにせよ、自分の中に冒険の知識が蓄えられていくのが実感でき、違う場面でもそれらの経験をもとに閃きが生まれるのが快感。

週刊ファミ通1198号より

本間ウララ
ファミ通公式 Wii
10

謎解きのさじ加減の絶妙さ、閃いたときの快感は、『ゼルダ』に勝るものなし。操作は慣れると快適で、敵の隙を突いて斬りかかったりと、遊ぶほどリンクとシンクロしている気分に。地形を体で覚える、懐かしい感覚も心地いい。味のある登場人物たちとの愉快なやり取りも最高です。

週刊ファミ通1198号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

nomusonJR
Wii 2014-03-02 22:22:11投稿
9

良かった点
・一体感を感じられ、今までやってきたゲームの中で一番、「自分が戦っている感」を
 感じられた。
・難易度高めの2週目もあって、やり込み要素が増えたのも良かった。

悪かった点
・謎解きがそこまで難しくなかった。このゲームで苦戦するのはほぼ戦闘だった。

総評
アクションに力がいった分、謎解きの難易度が少し下がった感じがあったけれど、
戦闘中は楽しかったし、かなり楽しめたと思う。

ぼたすきー
Wii 2013-11-14 14:31:26投稿
8

良かった点
○Wiiモーションプラスを使ってリンクと一心同体になれる。
  このソフトにはWiiモーションプラスが必要で(Wiiリモコンプラスでも可)、より細かいリモコン動作が可能です。
  リンクの剣さばきはプレイヤーのリモコンさばきと一体化して、自分の斬りたいように斬れるのが楽しい。
  リモコンを縦にすればリンクも剣を縦にしたり、リモコンを捻れば剣を捻ったり、まさに同化しています。
  トワイライトプリンセスでもWiiリモコンを使った戦闘でしたが、より一層自由度の高い戦闘になったと思います。

○トゥーンな雰囲気になったファンタジー感あるグラフィック
  トワイライトプリンセスでは「リアル」に重きをおいたグラフィックという印象がありました。
  今作スカイウォードソードは、少しアニメ調なグラフィックでファンタジー感が増したように思います。
  リアリティとは離れていますが、なんとなく心地よい質感がある良いグラフィックだと思います。

○ゼルダの伝説シリーズの謎に繋がるストーリー
  ゼル伝シリーズはストーリーが繋がっていないのが特徴ですが、今作は少し繋がった要素を持っています。
  特に「ゼルダ」の秘密に迫る部分が多いです。
  スカイウォードソードのテーマソングでもある「女神の詩」も、逆再生すると「ゼルダの歌」になる・・・とかなんとか。
  ゼルダの伝説が好きな方は是非プレイしてストーリーを追って欲しいです。

悪かった点
○クリア後が少し物足りない。
  クリアするまでは、濃密なストーリーで楽しめると思います。
  しかしクリアすると、あまりやり込み要素というものが無い気がします。
  アイテムを最大まで強化したり、ハートのカケラを集めることはできますが・・・
  もう少し色々な要素が欲しかったと思いました。

総評
ゼル伝ファンならプレイして損はしないソフトだと思います。
ゼル伝をプレイしたことが無い方も、スカイウォードソードからプレイすれば他の作品をプレイしたときの感覚が少し違ってくるかもしれません。

やりこみ度でいうと、トワイライトプリンセスに劣ると思います。

ink
Wii 2012-01-13 00:56:10投稿
10

僕は時のオカリナという作品に、半ば心酔していると言っていいほど惚れ込んでいた。宮本茂本人でも超えることのできない金字塔だと。しかし、今作のこの、奇跡のような輝きはなんだろう。Wiiリモコンプラスがもたらした、リンクとの一体感。この魅惑的な世界に降り立ち今、自分は冒険しているんだ!!と、まるで初めてゲームに触れたときの感動が蘇ってきた。唯一残念だったのはバグ問題。任天堂の迅速な対応は評価したいが、ゲームの根幹に関わるような重大なバグという責任は重いと思う。

晋郡
Wii 2011-12-02 21:42:54投稿
8

12月2日はWiiの誕生日ということで
「ゼルダの伝説スカイウォードソード」のレビューを書こうと思います。

ある程度プレイしてみてまず思ったことは戦闘システムが面白い!
今回の戦闘システムではWiiリモコンを振った方向がそのままリンクの剣を振る動きに反映されるので、敵によっては剣を振る方向を考えて戦闘しなくてはならない。縦切りでをしても倒せない敵は横切りで倒したり、攻撃をガードする敵の場合は右側から何度か攻撃しておいて素早く真下から切り上げるなど、強敵になるとリンクの攻撃をガードしてカウンター攻撃などをしてくるので、慣れない内は苦戦してしまいましたね。

今回は盾に耐久力があり、戦闘で盾を構えているときに敵の攻撃をそのまま防ぐと耐久力が減っていき最終的には壊れてしまうが、ヌンチャクを振ることで相手の攻撃を弾いて敵の隙をつくることができるので、その間に攻撃することもできる、相手の攻撃を弾けば盾に耐久力は減らないので積極的に使って行けば戦闘を有利に進められる。

最後にゲーム全体のボリュームですが、少し物足りないなと感じました。
サブイベントの数もそんなに多くなく、マップで行ける場所も少ないかなと思いました、
そのかわり「ハートのかけら」などは集めやすくて良かったですね(笑)
ボスを連戦で倒していくミニゲームや2週目からは辛口モードで出来る
やりこみ要素があるのも良かったですね。

クロスレビュー

平均

10

4ユーザー

スコア

;">
8.8
『ゼルダの伝説』シリーズ最新作にして25周年記念作品。Wiiモーションプラスを剣に、ヌンチャクを盾に見立てて、森、火山、砂漠の3つの世界を冒険しよう。
発売日
2011年11月23日
価格
6477円 [税抜]
対応機種
Wii 他の機種を見る
ジャンル
アクション
メーカー
任天堂
詳細を見る

ゼルダの伝説 スカイウォードソードに関連

すべて見る

ゼルダの伝説 スカイウォードソードに関連

すべて見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画