クロスレビュー

平均

8.0
人気コミック『北斗の拳』が題材。原作に登場するキャラクターを操作し、奥義などを駆使して敵を倒そう。“伝説編”では、原作の物語に沿ってステージが展開する。
発売日
2010年03月25日
価格
7800円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
コーエー
詳細を見る

北斗無双(Xbox 360)のレビュー・評価・感想情報

モリガン長田
ファミ通公式 Xbox 360
7

キャラによって特徴が異なるので、使い分けが楽しい。奥義を出したときの演出がド派手。敵の破壊描写も原作に忠実で、いろんな倒しかたを試したくなる。マップが広いので、アイテム捜しが少々たいへん。話はドラマチックでイイ。でも、ちょっと唐突すぎると思うシーンもあった。

週刊ファミ通1111号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Xbox 360
9

簡単だが謎解き要素もある伝説編、これまでの『無双』ルールで遊べる幻闘編と、ボリュームは十分。北斗と南斗の再現度もいい感じで、キャラの個性がうまく出ていて楽しい。また、これまでの『無双』シリーズよりザコ敵が活き活きしており、『北斗の拳』らしい戦いができるのもうれしい。

週刊ファミ通1111号より

レゲー秋山
ファミ通公式 Xbox 360
8

幻闘編は、キャラによってボリュームにばらつきはあるが、「こうくるのか!」というオリジナルな展開で満足。状況に合わせた攻撃で敵を倒していく感覚は原作に近く、戦略的なおもしろさもある。ただ、タイトルに『無双』とついているが、路線が少し違うと思ったほうがいいかも。

週刊ファミ通1111号より

河田スガシ
ファミ通公式 Xbox 360
8

一騎当千度合いの強い『真・三國無双』に比べると操作キャラも敵もちょっと動きにキレがない印象だし、詰め込み具合も物足りなく感じる。が、『北斗の拳』の重厚さが伝わる作品に仕上がっている。名シーンを再現できるのも、ifを描いた幻闘編も、好きな人なら納得のいく作りだと思う。

週刊ファミ通1111号より

モリガン長田
ファミ通公式 Xbox 360
7

キャラによって特徴が異なるので、使い分けが楽しい。奥義を出したときの演出がド派手。敵の破壊描写も原作に忠実で、いろんな倒しかたを試したくなる。マップが広いので、アイテム捜しが少々たいへん。話はドラマチックでイイ。でも、ちょっと唐突すぎると思うシーンもあった。

週刊ファミ通1111号より

レオナ海老原
ファミ通公式 Xbox 360
9

簡単だが謎解き要素もある伝説編、これまでの『無双』ルールで遊べる幻闘編と、ボリュームは十分。北斗と南斗の再現度もいい感じで、キャラの個性がうまく出ていて楽しい。また、これまでの『無双』シリーズよりザコ敵が活き活きしており、『北斗の拳』らしい戦いができるのもうれしい。

週刊ファミ通1111号より

レゲー秋山
ファミ通公式 Xbox 360
8

幻闘編は、キャラによってボリュームにばらつきはあるが、「こうくるのか!」というオリジナルな展開で満足。状況に合わせた攻撃で敵を倒していく感覚は原作に近く、戦略的なおもしろさもある。ただ、タイトルに『無双』とついているが、路線が少し違うと思ったほうがいいかも。

週刊ファミ通1111号より

河田スガシ
ファミ通公式 Xbox 360
8

一騎当千度合いの強い『真・三國無双』に比べると操作キャラも敵もちょっと動きにキレがない印象だし、詰め込み具合も物足りなく感じる。が、『北斗の拳』の重厚さが伝わる作品に仕上がっている。名シーンを再現できるのも、ifを描いた幻闘編も、好きな人なら納得のいく作りだと思う。

週刊ファミ通1111号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0
人気コミック『北斗の拳』が題材。原作に登場するキャラクターを操作し、奥義などを駆使して敵を倒そう。“伝説編”では、原作の物語に沿ってステージが展開する。
発売日
2010年03月25日
価格
7800円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
コーエー
詳細を見る
  1. 1
    『ポケモンフレンダ』が7月より順次稼動開始。『ポケモンメザスタ』の後継機で、ツイン筐体はそのままにアクション性をより高めるタッチパネルを搭載
  2. 2
    『宝石の国』が次回で完結。2012年から12年間続いた宝石たちの物語、『月刊アフタヌーン』4月発売号掲載の第108話が最終話に
  3. 3
    懐かしのPCゲーム『エアホッケー@GAMEPACK』のブラウザ版が無料公開。新たな対戦相手やランキング機能などを追加して復活
  4. 4
    骨は拾ってやる――『ソウル・コヴェナント』体験プレイ漫画。“死の追体験”を中心とした、VRならではのゲームデザイン。漫画家・酔coが神とのバトルに挑んだ
  5. 5
    『たまごっち』サンリオ&ハローキティとのコラボ商品が予約開始。最新機種『Tamagotchi Uni』。『Tamagotchi nano』は2色展開