クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
クラスや種族を選んでキャラクターを作成し、最大3人のキャラクターで迷宮を探索する3DダンジョンRPG。敵の行動を予見して対抗する、戦略性が高いバトルが展開する。
発売日
2022年03月10日
価格
1700円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
Playism
詳細を見る

両手いっぱいに芋の花を(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
7

ダンジョンRPGの文法としてはオーソドックス。とはいえ、こだわりを感じるUIデザインやビジュアルなど目を見張る部分が多い。事前にわかる敵の行動に合わせて、自身のスタミナ(行動ポイント)をどう使うかといった、コスト管理が味わえるシステムは戦略性が高くてやり込み甲斐あり。難度は高めだが、そこはテンポのよさでリトライの手間などをカバー。ただ一部の操作系統が若干煩雑なのは気になる部分。

週刊ファミ通1736号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

明るい場所でしかマップ確認ができないシステムがユニーク。仕掛けを解きながらの探索はやはりワクワクしちゃいますね。高低差のあるダンジョンなので、角度を変えて見られる立体的なマップが便利でした。キュートな見た目のキャラたちでも育成は本格的。さまざまなビルドを試してみたくなると思います。敵味方双方のスタミナを考慮しながら戦うバトルは、なかなか歯応えがあってよかった。

週刊ファミ通1736号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

伝統的なダンジョンRPGのスタイルと魅力を受け継ぎつつ、独自のおもしろみを加えているゲームシステムが秀逸。ダンジョン内の敵の配置が固定であるほか、戦闘中も敵の行動がアイコンで予告され、それらを踏まえたうえで作戦を練る構造が、出題される問題を解いていくようでもあり、うまく対処できると満足感が得られます。シンプルめのデザインもキュートで、キャラメイクと育成も楽しみに。

週刊ファミ通1736号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

キャラクターも敵も、丸みがあってかわいらしい。迷宮をコツコツ探索する、スタンダードな3DダンジョンRPGですが、謎解きや敵へのバックアタックを狙ったルートを考えるのがいいアクセントに。明るい場所でないと地図が見られない仕組みはユニークですが、もどかしくもあるかな。ターン制バトルでは、予測される敵の行動に対処しつつ、スタミナの管理も行っていくのが緊張感を生んでいます。

週刊ファミ通1736号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
クラスや種族を選んでキャラクターを作成し、最大3人のキャラクターで迷宮を探索する3DダンジョンRPG。敵の行動を予見して対抗する、戦略性が高いバトルが展開する。
発売日
2022年03月10日
価格
1700円 [税抜]
ジャンル
RPG
メーカー
Playism
詳細を見る

両手いっぱいに芋の花をに関連

すべて見る

両手いっぱいに芋の花をに関連

すべて見る
  1. 1
    『ちいかわ』×くら寿司コラボが3月8日から実施。お寿司になったちいかわたちのキーホルダーが“ビッくらポン!”で当たる
  2. 2
    『SYNDUALITY Echo of Ada』CBT版レビュー。探索して素材を持ち帰り、拠点を豪華にするサイクルが醍醐味。メイガスのお風呂シーンもある!?
  3. 3
    【Amazon予約数ランキング】『FF7 リバース』4週連続首位。『エルデンリング』DLC3位、『真・女神転生V Vengeance』8位に【2/18~2/24】
  4. 4
    カプコン新作『祇(くにつがみ):Path of the Goddess』の最新情報が3月7・8日配信にて公開
  5. 5
    永野護『ファイブスター物語』最新デザイン&解説集第7弾『F.S.S. DESIGNS 7 ASH DECORATION』3月8日に発売。初回特典はデトネーター・ブリンガーの全身を収めたポスター