クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
多種多様な生物が生息する多次元の平和と安全を監視する機関“RIFT”のトップエージェントとして、陰謀を企てる容疑者の謎を追い、無数の次元を巡りながら戦いに挑む。
発売日
2021年02月04日
価格
1818円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
テヨンジャパン
詳細を見る

ダブルクロス(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ポップな絵柄とはうらはらに中身は硬派なアクション。グラップリングフックを使ったスイング移動やキャプチャー攻撃など、多彩なアクションが楽しめるのがポイント。頭を悩ませるパズル的な仕掛けも多く歯応えは十分。特筆すべきは、こだわりが感じられるレベルテザインとバランスの取れた難度。1ステージクリアーに約10分強かかるものの、チェックポイントは多くテンポよく楽しめる構成が秀逸。

週刊ファミ通1681号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

ゴムのように伸びる特殊ギアを使ったアクションが風変わりでいいですね。使用時には動きがスローになってくれるので、使いやすくてグッド。ステージごとに異なるパズル的な謎解き要素がそれなりにあって、ルートをどう切り拓くか考えるのが非常に楽しいです。手掛かりを手に入れて謎を解明しながら進める物語は、エージェントの捜査気分を味わわせてくれる作りになっていて好印象でした。

週刊ファミ通1681号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

手触りはスタンダードな2Dアクションで手堅くまとまったシステムながら、プレイヤーを飽きさせない作りなのが好印象。パズル的なギミックや、“ラッソ”を駆使して空中を飛び移るアクションもいいアクセントになっている。集めることでレベルが上がり、能力や可能なアクションが増えていく“アップグレディアム”を探すのも楽しみに。画面のスクロールが若千カクつくのがちょっとだけ気になるかも。

週刊ファミ通1681号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
7

スリングショットを使うアクションゲームは少なくないですが、そのなかでも本作はよくできた作品だと思います。戦闘よりも、飛び移りながら工リアを突破するのがメインで、なかには腕前を求められるハードな仕掛けもありますが、理不尽さはなし。ほほ直前からすぐに再開できるのもいいですね。明るい雰囲気のSFですが、仲間に敵の内通者がいるかも、という展開に推理好きの心をくすぐられます。

週刊ファミ通1681号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.5

ユーザー

スコア

;">
-
多種多様な生物が生息する多次元の平和と安全を監視する機関“RIFT”のトップエージェントとして、陰謀を企てる容疑者の謎を追い、無数の次元を巡りながら戦いに挑む。
発売日
2021年02月04日
価格
1818円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アクションアドベンチャー
メーカー
テヨンジャパン
詳細を見る
  1. 1
    映画『スーパーマリオ』日本語版の声優は? マリオは宮野真守、クッパは三宅健太。吹替版のトレーラーも公開
  2. 2
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  3. 3
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    映画『スーパーマリオ』第2弾トレーラー公開でドンキーコングの登場が決定。ピーチ姫やマリオカート、たぬきマリオの姿も
特設・企画