クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
古典小説『フランケンシュタイン』がベース。記憶がない怪物として世界を放浪する主人公を操作し、数多くの選択をくり返しながら、自分の思い通りの物語を描いていく。
発売日
2021年05月20日
価格
4400円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
賈船
詳細を見る

放浪者 フランケンシュタインの創りしモノ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

原作小説をモチーフにしつつ、フランケンシュタイン博士が創造した怪物の視点で物語を体験する作りに興味を惹かれる。絵本風のグラフィックと音楽の美しさが、怪物の悲痛な旅路をより心に訴えかけるものにしています。調べられる場所が光るといったヒントはあるけど、どこに向かえばいいのかわかりにくい場面がたまにあるのは気になった。こだわりが感じられる仕上がりだが、不便な点も少々。

週刊ファミ通1693号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

本格的な謎解きや自由なフィールド探索といった、いわゆる“ゲームらしい手応え”を本作に期待していると、肩透かしを食らうでしょう。整合性よりも心象を優先した背景グラフィック、心の波立ちを繊細に表現する音楽は、悲しきモンスターの旅路の抒情を深めます。ゲーム進行のテンポを一切制御できなかったりと、プレイアビリティーは良好とは言えないので、せっかちな人にはおすすめできません。

週刊ファミ通1693号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

美しく残酷な世界が徐々に浮かび上がっていく描写と、己が何者かを少しずつ知っていく表現がリンクして、作品に引き込まれました。サウンドにも想像力をかき立てられる。よくある(知っている)お話と思いきや、少しひねった真実が用意されているのもおもしろかった。メディアアート色が濃く、インタラクティブな部分もゲーム色は薄め。その加減は、物語への没入感を妨げない点においては絶妙です。

週刊ファミ通1693号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
8

テキストを極力排除し、セリフと動き、そして舞台切り換えで進行する物語は、自身が演者になってドラマを演じている感覚に近く、自然と世界に引き込まれます。若干操作しづらかったり、わかりにくい部分が、フランケンシュタインとして人間世界に放り込まれた異物感に。明暗を使い分けた色彩豊かな美しいステージも、物語のテーマと合致。ゲームというよりは触って動かす文学作品的な趣です。

週刊ファミ通1693号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
古典小説『フランケンシュタイン』がベース。記憶がない怪物として世界を放浪する主人公を操作し、数多くの選択をくり返しながら、自分の思い通りの物語を描いていく。
発売日
2021年05月20日
価格
4400円 [税抜]
対応機種
Switch
ジャンル
アドベンチャー
メーカー
賈船
詳細を見る
  1. 1
    一番くじ『ゴジラvsコング』が再販スタート。A賞はゴジラ造形の第一人者・酒井ゆうじ氏が原型、彩色を担当したゴジラのハイクオリティフィギュア
  2. 2
    『原神』鍾離、タルタリヤ、甘雨、刻晴、魈をイメージしたフレグランスが登場。primaniacsオンラインショップで予約受付中
  3. 3
    『テイルズ オブ アライズ』の新アニメPVが制作中。リンウェル、ロウ、キサラ、テュオハリムの姿が描かれた先行カットを掲載!
  4. 4
    『RO』4次職は秋実装、Yggdrasillのアップデートで遊びの幅が拡充。20周年目前の運営チームインタビュー「地雷を踏み抜いてきました。今後も踏むくらいの勢いで」
  5. 5
    『Death’s Door』死神のカラスが扉を越えて魂を狩り尽くすアクションアドベンチャー【とっておきインディー】