クロスレビュー

平均

9.5

ユーザー

スコア

;">
-
『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編。前作の主人公イーサン・ウィンターズが、不気味な村に乗り込む。『バイオハザード RE:バース』は夏よりサービス開始予定。
詳細を見る

バイオハザード ヴィレッジ(PS5)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS5
9

細部まで描き込まれたビジュアルと、各種BGMや効果音が、不穏な緊張感を見事に表現している。深みがあるアクションに加えて、探索&謎解きのバランスもよくメリハリが効いたデキ。迷いにくいマップ、使いやすいアイテム管理画面などUIは秀逸でストレスなく楽しめ、全体的にユーザー誘導が上手。恐怖表現の種類も幅広くさまざまな体験が味わえる。またフォトモードは地味にいいシステム。

週刊ファミ通1694号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS5
9

『バイオ4』の正統進化版といった手触り。今回も謎解きは控え目なので、あまり悩まされることなく突っ走れていい感じ。風の音や家の軋みなど、あらゆる環境音が恐怖を引き立てる要素になっていて終始ゾクゾク。土着の宗教観がとてつもなく不気味で何より敵役たちの存在が魅力的でした。エリアごとの特色も出ていますね。恒例のやり込み要素が充実で、周回時のモチベアップがありがたい。

週刊ファミ通1694号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS5
10

ホラーとしての怖さは前作に比べて少々薄まっているが、何度も陥ることになる絶体絶命の状況のハラハラ感はすさまじく、エキサイティング。インパクトのある敵キャラの存在感もグッドで、物語の展開にも興味をそそられる。戦闘と探索の緩急がいいバランスで、プレイに夢中にさせてくれます。クリアー後のやり込み要素も熱い。対戦アクションの『RE:バース』が無料で提供されるのも太っ腹!

週刊ファミ通1694号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS5
10

各エリアで毛色の異なる恐怖が味わえる、ホラーのテーマパークのような村。イーサンは続投ですが『バイオ4』を継承したシステムに様変わりし、積極的に敵を倒すスタイルに。それでもプレイヤーに恐怖を植え付ける演出は流石ですね。四貴族がオカルティックな一方で、『バイオ』らしい謎解きや科学っぽさも見られてひと安心。前作からの疑問を解消しつつも新たな謎が生まれた結末には驚かされました。

週刊ファミ通1694号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

9.5

ユーザー

スコア

;">
-
『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編。前作の主人公イーサン・ウィンターズが、不気味な村に乗り込む。『バイオハザード RE:バース』は夏よりサービス開始予定。
詳細を見る

バイオハザード ヴィレッジに関連

すべて見る

バイオハザード ヴィレッジに関連

すべて見る
  1. 1
    【アマプラ】映画『グランツーリスモ』『ドラえもん のび太と空の理想郷』『BLUE GIANT』などが見放題配信。3月のプライム会員特典対象作品が公開【Amazon Prime Video】
  2. 2
    『アークナイツ』開発のHypergryphの新作『エクスアストリス』が明日(2/27)リリース。買い切り型のスマートフォン用ゲーム
  3. 3
    “カービィカフェ”の新しいグランドメニューが3月1日より提供開始。ローストビーフ丼はカービィのかわいいランチボックス付き
  4. 4
    『龍が如く8』ツッコミどころ満載かと思ったら、春日の熱き言動と桐生の人生に泣かされる。サブ要素まで体験し尽さないと損な理由
  5. 5
    『アイマス』シリーズ6つ目となる新ブランドの発表会が3月5日に開催決定。ティザー映像も公開