クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
ベンチャー企業の無給インターンに選ばれた主人公が、入るたびに構造が変わる地下ダンジョンを探索。呪われたモンスターを退治しつつ、会社に隠された真相へと迫る。
発売日
2020年09月24日
価格
1863円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
Team 17
詳細を見る

Going Under(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ローグライクゲームとしてはシンプルな作り。特筆すべきは、独特の世界観設定、ポップなビジュアル、デザイン性の高いUI、ブラックジョークが効いたシナリオ……といった“見せかた”の部分が◎。肝心のアクションは、武器がほとんど使い捨てというところでオリジナリティーが加えられているが、戦闘は比較的チカラ押しになりがちに。全体のボリュームは少なめだが、ライトに遊べる手軽さはある。

週刊ファミ通1664号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

独特な世界観とキャラクターデザインですが、そこが味でしょう。何でもかんでも拾って殴れるのがユニークで、うまく確保して敵に応じて使い回していくのがおもしろい。武器に回数制限があるせいで難度は高めだけど、アシスト機能をオンにすればかなり緩和してくれるのがうれしい。タスクを達成してメンターの助力を請うなど、遊ぶほどに有利になる要素もあって、やり込み甲斐もあります。

週刊ファミ通1664号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

インターンでやって来た企業の地下ダンジョンでモンスター退治をさせられるという、一風変わったストーリーが愉快。武器がすぐに壊れるため、周辺にある多種多様なものを利用して戦う作りになっているのもローグライクのアクションとしては個性的でいいね。難度は高めだけれども、体力や武器の耐久性を高めたりなど、複数の項目を調節してバランスを変えられる機能があるのは気が利いている。

週刊ファミ通1664号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

オシャレなオフィスの地下にダンジョン、そしてモンスター駆除に駆り出されるインターンというコンセプトがナイス。地下ではあらゆるモノが武器として使えるのが楽しくてワクワクします。ランダムで出現するスキルを選んだり、お店や呪いの部屋を利用したりと、ダンジョン攻略を左右する選択が多くあるのもおもしろい。濃いメンツ揃いの先輩・上司との会話や、彼らの依頼もいいアクセント。

週刊ファミ通1664号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
ベンチャー企業の無給インターンに選ばれた主人公が、入るたびに構造が変わる地下ダンジョンを探索。呪われたモンスターを退治しつつ、会社に隠された真相へと迫る。
発売日
2020年09月24日
価格
1863円 [税抜]
ジャンル
アクション
メーカー
Team 17
詳細を見る

Going Underに関連

すべて見る
  1. 1
    【今週発売のおすすめタイトル】PS5『FF7 リバース』がついに2/29発売。『ゴブリンスレイヤー』のRPGやSRPG『BAR ステラアビス』もリリース【2/26~3/3】
  2. 2
    『龍が如く3』15周年。新たに沖縄が舞台として追加。極道である桐生の堅気としての姿も描かれるようになったシリーズ転機の作品【今日は何の日?】
  3. 3
    【コスプレ】『ガンダムSEED FREEDOM』『NIKKE』『ダンジョン飯』『FF9』『シスプリ』まで! ワンフェス2024[冬]コスプレイヤー30選
  4. 4
    危険地帯ドライビングサバイバル『Pacific Drive』PS5/PCで発売。愛車をカスタマイズし、超常現象が発生する隔離ゾーンを調査
  5. 5
    『星のカービィ』ハッピーセット第1弾、ほぼ全店で販売終了。「予想を大幅に上回る売れ行き」