クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
奇妙な生き物が蠢く仄暗い地下の世界を探索し、ミニゲームやパズルなど、さまざまな仕掛けを解き明かしていくアドベンチャーゲーム。手描きの美しいアートワークが魅力。
発売日
2020年07月22日
価格
2000円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー / パズル
メーカー
Playism
詳細を見る

Creaks(クリークス)(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

『マシナリウム』を制作したゲームスタジオの作品。本作はポイントクリック型ではなく、パズル性が高いアクションゲームのような仕上がり。雰囲気ゲーとしてのデキは過去作と同様にとても高く、物語の先が気になる展開。レベルデザインも秀逸で、発見と応用が心地よいプレイ感は出色。さらにテンポのよい謎解きが味わえるのが魅力。ただ、似たような行動のくり返しが続くところは、少し気になった。

週刊ファミ通1651号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
7

独特のタッチで描かれるグラフィックが魅力的ですね。謎めいた世界観と相まって、非常にいい雰囲気。収集要素のアートも凝っていてよかったです。ギミックを解いて先へ進むタイプのゲームなので、システム自体は別段珍しくはないのですが、シンプルに楽しく、ほどよく考えさせられる難度がいい感じでした。謎に詰まると何もできなくなるので、何らかのヘルプ要素はちょっぴり欲しくなるかな。

週刊ファミ通1651号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

不思議な世界観を表現する手描きのグラフィックがステキ。会話や言葉では語られないストーリーが好奇心をそそり、ほどよく頭を悩まされるパズルと相まって、先へと進みたくなります。ただ、似たような景色と、同じギミックを使った謎解きが続く構成は、ちょっと間延びしているように感じる人もいるかな。からくり仕掛けの絵画を発見していくコレクション要素は、一風変わっていておもしろい。

週刊ファミ通1651号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

異質な世界に迷い込んだ不安をかき立てる、手描きのビジュアルが秀逸。文字や意味のわかるセリフはいっさいないけれど、キャラクターの身振りがよく物語っていて、引き込まれます。モンスターに光を当てて物に変えたり、巡回ルートを変更したりと、突破方法を探るのがおもしろいね。じっくり考えられるパズルですが、素早く動かないとやられてしまう場面もあったりと、緊張感が漂うのもグッド。

週刊ファミ通1651号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
奇妙な生き物が蠢く仄暗い地下の世界を探索し、ミニゲームやパズルなど、さまざまな仕掛けを解き明かしていくアドベンチャーゲーム。手描きの美しいアートワークが魅力。
発売日
2020年07月22日
価格
2000円 [税抜]
ジャンル
アドベンチャー / パズル
メーカー
Playism
詳細を見る

Creaks(クリークス)に関連

すべて見る

Creaks(クリークス)に関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  4. 4
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画