アクティブゲーミングメディアが運営する“PLAYISM”は、2020年7月22日に、Amanita Design(アマニタデザイン)が開発するパズルアドベンチャーゲーム『Creaks(クリークス)』をNintendo Switch、プレイステーション4にて発売することを発表した。

 価格は2200円[税込]。

以下、リリースを引用

『マシナリウム』などで知られるアマニタデザイン最新作『Creaks(クリークス)』、Nintendo Switch、PlayStation4版を 7月22日に配信開始!

 株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイアメストイ本社:大阪市西区 https://activegamingmedia.com/ )が運営するインディーゲームパブリッシングブランド『PLAYISM』(https://playism.com/ja/)は、チェコのAmanitaDesign(アマニタデザイン)新作タイトルとなる『Creaks(クリークス)』のNintendo Switch、PlayStation4を2020年7月22日に配信開始することを発表いたします。

部屋に空いた穴、別世界への誘い

 インディーゲームの古典的名作である『マシナリウム』、『サモロスト』などを開発したアマニタデザインによる新作『Creaks (クリークス )』。

 これまでの作品と異なる、少しホラーめいた雰囲気があるものの、美しい手描きビジュアルとアニメーション、ユーモアのあるキャラクターたち、決してゲームプレイの邪魔にならないよう主張しすぎないがそれでいて耳に残る素晴らしいBGMの数々……アマニタデザインの作品を構成する、そしてファンが愛する要素はこの作品にも満ち溢れています。

 物語は青年の部屋を襲う突然の大きな揺れと、鳴り止まないきしみ音から始まります。

 揺れが治まったものの、部屋に現れた謎の穴に対して好奇心を抑えられず、懐中電灯ひとつ片手に穴の奥に見つけた長い長いはしごを降りていく青年。

 道中で出会う不思議な鳥のような住人たちは一体敵なのか味方なのか。

 たどり着いた先の広大な建物では、部屋の一つ一つがパズルを解かないと進めないようになっています。明かりの下では家具になってしまう不思議で危険な生き物たちを上手く誘導して、知恵と勇気とタイミングを味方にして先に進んでいきましょう。

 道中では収集要素でもある、かわいいからくりじかけの絵画にいっときの安らぎを得ることもできます。

 新たな生き物、新たな謎解きのギミック、一変する部屋の雰囲気……青年は、現実とは思えないこの世界の謎を解くことはできるのでしょうか。

『マシナリウム』開発スタジオ、待望の新作

 本作『Creaks(クリークス)』は、その独創的なアートワークでIndependent Games Festivalをはじめ、各国で数々の賞に輝いているチェコのインディーゲームデベロッパーAmanita Design(アマニタデザイン)が8年間開発を続けてきたタイトルです。彼らの代表作『マシナリウム』と同様、手描きデザインによる暖かみのある雰囲気は本作でも印象的な世界観を作り出しています。

 この『Creaks』を、2020年7月22日、Nintendo SwitchおよびPlayStation4において全世界同時配信開始いたします。

 PLAYISMとアマニタデザインの関わりは2011年、アマニタデザインの名前を世界に知らしめた名作アドベンチャーゲーム『マシナリウム』の日本語ローカライズをサポートし、合わせてPLAYISMストアの運営開始とともにリリースしたことから始まります。

 その頃は我々もまだ知る由もありませんでしたが、まだアマニタデザインに参加していなかった学生二人が作り始めていたのが、この『Creaks』です。その後、コンソール展開を開始した『マシナリウム』のPlayStationプラットフォームでの日本展開を進めている間も 、『Creaks』はひっそりと開発が続いていました。本日、ようやく発表できることを光栄に思います。

 全世界が待ちわびたアマニタデザインの新作、是非お楽しみください。

スクリーンショット

PV

Creaks (クリークス)ゲームトレーラー

ゲーム概要

  • Creaks(クリークス)
  • 公式サイト
  • 開発元:Amanita Design
  • 販売元:PLAYISM
  • ジャンル:パズルアドベンチャー
  • 対応機種:Nintendo Switch、PlayStation4
  • 発売日:2020年7月22日(水)
  • 希望小売価格:2,200円(税込)
  • CERO:A
  • プレイヤー数:1人