クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
ロボットを操作して、有毒な菌類に汚染され荒廃した世界を探索。主人公の幼い少女トリコが安心して暮らせる“テラリウム”を作るために、さまざまな素材を収集していく。
詳細を見る

void tRrLM(); //ボイド・テラリウム(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

ローグライクゲームに『たまごっち』のようなお世話遊びを足したような作品。ダンジョン探索→食料&資源集め→少女の食事管理&住環境の構築、という一連の流れが上手に絡み合ったゲーム性が秀逸。プレイヤーの誘導が上手でストレスなく遊べ、操作性も快適。ローグライクゲームとしての奥深さもある。ランダムダンジョンとはいえ、各フロアをつなぐ一本道の多くがやたら長いところは気になった。

週刊ファミ通1624号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

ダンジョン探索自体はおなじみの知識が役立つため、すんなり入れます。トリコのお世話とクラフトがメインの動機づけになっていて、呼び出しがあれば自尽してでも拠点に戻るという感覚が新鮮でした。冒険中にランダムで覚えるスキルを、ロールによってある程度制御するという強化の仕組みもおもしろいアイデア。家具を配置したときには、できれば毎回、何かしらの反応が欲しかったな。

週刊ファミ通1624号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
7

かわいらしいグラフィックと退廃的な終末世界の組み合わせが興味をそそる。若干のグロさを内包しているのも特徴的。ダンジョンで力尽きても、所持品が資源に変換されるので、地道な成果が積み重なるのはグッド。資源からアイテムを作ったり、そのボーナスでロボットが強くなるのも、プレイの意欲を増進させる。長い通路が多いのが少々面倒で、つぎの部屋まで自動で高速移動する機能などがあれば。

週刊ファミ通1624号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

ロボの仕草が健気で、見ているこちらも少女を守らねばと感情移入してしまう。ダンジョンでは、レベルアップごとのスキル選択や少女の体調管理がいいアクセントに。彼女が空腹になる前に帰還する必要があるので、1回の探索のスパンは比較的短め。戦利品はクラフト素材に変換され、ロストの概念がないのも気軽でいい。テラリウムの家具製作は装飾用だけでなく、ロボの強化にもなるのがありがたいね。

週刊ファミ通1624号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
ロボットを操作して、有毒な菌類に汚染され荒廃した世界を探索。主人公の幼い少女トリコが安心して暮らせる“テラリウム”を作るために、さまざまな素材を収集していく。
詳細を見る

void tRrLM(); //ボイド・テラリウムに関連

すべて見る

void tRrLM(); //ボイド・テラリウムに関連

すべて見る
  1. 1
    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』12月11日放送の第10話よりニカ・ナナウラ役の声優が宮本侑芽から代役として白石晴香に交代
  2. 2
    『ブリーチ』初代護廷十三隊の新情報が公開。紫のツインテールのキャラ名は齋藤不老不死、『週刊少年ジャンプ』52号に情報が掲載
  3. 3
    【スラムダンク】映画『THE FIRST SLAM DUNK』グッズ第1弾公開。“安西先生 レザーパスケース”や“三井を何度でも甦らせるCD/LP”などユニークなアイテムが数多くラインアップ
  4. 4
    『フロントミッション』リメイク版の発売元がスクエニではない理由。「原作の雰囲気が保たれたタイトルになると期待し、リメイク権を許諾した」
  5. 5
    【ポケモンSV攻略】準伝説ポケモンの捕獲方法、杭の場所【スカーレット・バイオレット】
特設・企画