クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
“ハーフジーニー”の少女シャンティが、海の魔物として恐れられるセイレーンに挑む。仲間の力を借りて変身したり、倒した敵のカードでパワーアップすることが可能。
発売日
2020年10月29日
価格
5480円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る

シャンティと7人のセイレーン(PS4)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 PS4
8

シリーズ同様、滑らかなアニメーションによる各キャラの動きは見た目に楽しく、またアクションの手触り感も含めて丁寧な作り。動物に変身したり、モンスターカードを集めてパワーアップしたりなど、新たな能力を得るごとに行動範囲が広がっていく探索のやり込み甲斐は十分。そこそこ歯応えのあるアクションだが体力回復手段が多く、ライトユーザーでもストレスなく楽しめる敷居の低さもある。

週刊ファミ通1664号より

ウワーマン
ファミ通公式 PS4
8

アニメ調で描かれたキャラクターたちがとにかくキュートで好印象。自分はシリーズ初プレイでしたが、ストーリー的にもとくに不都合なく楽しめました。カードを集めれば能力を強化できるため、ザコ敵を倒すのにも力が入ります。ボス戦はひと工夫必要なのでより倒し甲斐アリ。新能力を覚えるほどに探索に夢中になれると思います。すぐ迷子になるので、見やすく即開くマップには助けられました。

週刊ファミ通1664号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 PS4
8

かわいいキャラがぬるぬる動くグラフィックは、相変わらず高クオリティー。通常の姿では進めない場所を変身して突破するのは前作と同様だが、ダンスをせずとも瞬時に変身アクションが可能になったことで、プレイのテンポ感が向上。ダンスには、また違った役割を持たせているのもグッド。敵が落とす“モンスターカード”は、装備するとさまざまな効果が得られるので、集めるのが楽しみになります。

週刊ファミ通1664号より

本間ウララ
ファミ通公式 PS4
8

シリーズを重ね、さらにかわいくなったシャンティ。滑らかな動きはつい見入ってしまうし、アニメシーンもふんだんに盛り込まれて満足度高し。仲間のハーフジーニーたちを救出すると手に入る変身能力や、ダンスを駆使することで行けるエリアが広がっていくのも楽しいですね。過去作からベースを受け継ぎつつも、新要素となる能力を底上げできるモンスターカード収集は、やり込み要素としても○。

週刊ファミ通1664号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
“ハーフジーニー”の少女シャンティが、海の魔物として恐れられるセイレーンに挑む。仲間の力を借りて変身したり、倒した敵のカードでパワーアップすることが可能。
発売日
2020年10月29日
価格
5480円 [税抜]
対応機種
PS4 他の機種を見る
ジャンル
アクション / アドベンチャー
メーカー
オーイズミ・アミュージオ
詳細を見る
  1. 1
    『ウマ娘』ついに登場のオルフェーヴルを池添謙一騎手が語る。「(三冠では)能力を引き出せれば負ける相手はいないと思っていた」
  2. 2
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  3. 3
    『ウマ娘』池添謙一騎手がウマ娘のスイープトウショウとカレンチャンについて語る。ゲーム3周年記念企画を掲載【先出し週刊ファミ通】
  4. 4
    『ボボボーボ・ボーボボ』よりボーボボ、首領パッチ、ところ天の助の香水が登場。ハジケリストたちをイメージした香りに心ひかれる
  5. 5
    【ソフト&ハード週間販売数】『マリオvs.ドンキーコング』が首位を獲得! Switch『英雄伝説 黎の軌跡』、PS5『スカル アンド ボーンズ』もトップ10入り【2/12~2/18】