クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
闇の住人が住む領域“コーマ界”に落ちた主人公ミナが、コーマ界と人間界の征服を目論む“凶姉妹”の魔の手から逃れつつ、さまざまな謎を解き明かしていくサバイバルホラー。
詳細を見る

ザ・コーマ2:ヴィシャスシスターズ(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

主人公がさまよう“コーマ界”の、おどろおどろしい雰囲気がよく表現されていて、コツコツと響く敵の足音など、サウンド面も怖さを増幅させる。物語は先が気になるし、“破れたページ”を集めることで理解が深まるのもいいね。前作をプレイ済みだとより楽しめるけど、本作からでも支障はない。つぎにするべきことを随時確認可能で、地図に目的地や部屋の名前が書かれているのも便利で助かります。

週刊ファミ通1652号より

戸塚伎一
ファミ通公式 Switch
8

潜伏でのやり過ごしメインの流れの中に絶妙な頻度で入る、“敵”からの逃走シーケンスが、消費系アイテムの調達の簡単さなどから緩みがちな緊張感を引き締めます。前作をプレイしてこその面もありますが、不気味な世界の正体が徐々に判明していく物語展開もいいですね。最大体力値が減ることで主人公が痛々しい姿になるなど、特殊なフェティシズムを刺激する描写が充実している点も隠れた魅力です。

週刊ファミ通1652号より

くしだナム子
ファミ通公式 Switch
8

ホラーアドベンチャーとしてはオーソドックスなスタイルながら、特徴のあるフィールドや伝奇的な物語に興味が引っ張られます。とくに異国情緒溢れる猥雑な市場はムード満点。敵との遭遇頻度が適切で、探索の楽しみと息を潜めるスリルがバランスよく体験できるのがいい。ただ、ミスからのやり直しがそこまで気軽でないこともあり、敵をいったんかわしたら立て直すための時間的余裕が欲しいところ。

週刊ファミ通1652号より

卵を守る雨宮
ファミ通公式 Switch
7

複数の施設を行き来するためアウェイ感が強く、走りながら隠れる場所を探すときのハラハラを演出。ステルスよりも“逃げる”アクション寄りの作り。狭過ぎる視界、響く足音、アイテム数の制限が不安をかき立てる。探索に緊張感がともなうだけに、隠れる場所や収集要素を探すため、マップを最初にくまなく歩く派としては、フラグ立てしないと入手できないクラフトアイテムがあるのは、ちょっと面倒かな。

週刊ファミ通1652号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

7.8

ユーザー

スコア

;">
-
闇の住人が住む領域“コーマ界”に落ちた主人公ミナが、コーマ界と人間界の征服を目論む“凶姉妹”の魔の手から逃れつつ、さまざまな謎を解き明かしていくサバイバルホラー。
詳細を見る

ザ・コーマ2:ヴィシャスシスターズに関連

すべて見る

ザ・コーマ2:ヴィシャスシスターズに関連

すべて見る
  1. 1
    【コスプレ】『ガンダムSEED FREEDOM』『NIKKE』『ダンジョン飯』『FF9』『シスプリ』まで! ワンフェス2024[冬]コスプレイヤー30選
  2. 2
    『FF7 リバース』を77時間遊んだプレイレビュー。そこで感じた7つのポイントを動画とともにお届け。デートイベントでは思わず身を乗り出す展開も
  3. 3
    最大6人で遊べるハクスラRPG『ストーレンレルム』が3月8日に発売。300以上のスキルを組み合わせてキャラクターを作り、ランダム生成ダンジョンに挑む
  4. 4
    『エルデンリング』が発売された日。数々のゲームアワードに輝いたフロム・ソフトウェアの集大成とも言える作品。ギャグマンガも連載中【今日は何の日?】
  5. 5
    『アイマス ミリオンライブ!』10thライブツアーAct-4 1日目リポート。煌びやかな個別衣装を身にまとい、アイドルたちが横浜で舞い踊る