クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『魂斗羅』シリーズの完全新作。クリーチャーがはびこる絶望の世界で、ならず者となって欲望のままに銃器をぶっ放し、敵を倒しまくる。オンラインマルチプレイも可能。
発売日
2019年09月26日
価格
5000円 [税抜]
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
KONAMI
詳細を見る

CONTRA ROGUE CORPS(Switch)のレビュー・評価・感想情報

ローリング内沢
ファミ通公式 Switch
8

オリジナル版『魂斗羅』を彷彿させるさまざな演出は、当時プレイしていた人にとっては懐かしく、ニヤリとする作り。だが、単なる懐古趣味的なゲーム性にはなっておらず、アクションとしての目新しさや楽しさが詰め込まれている。これまでのシリーズ作品にはなかった、スキルやダッジによる攻防の駆け引きを筆頭に、フィニッシュムーブなどのユーザーを飽きさせない演出も多く、爽快感溢れる一作に。

週刊ファミ通1607号より

ウワーマン
ファミ通公式 Switch
8

ふたつのアナログスティックで移動とエイムを行うシューターで、シンプルに敵をぶっ倒していくのがスカッとします。キャラが濃く、B級映画みたいなノリのユーモアが満載で、好きな人にはタマラナイはず。ハクスラ要素があり、武器や主人公の強化に心惹かれます。昔の『ディアブロ』みたいな探索は、絶対に友だちと遊びたい。初期は武器がオーバーヒートしやすく、少々焦れったいですね。

週刊ファミ通1607号より

ジゴロ☆芦田
ファミ通公式 Switch
8

アクの強いキャラデザインや、臓器移植でキャラを強化するといった設定も含め、B級映画のようなぶっ飛んだ世界観が強烈。難しいことは考えず、派手にドンパチできるのが楽しいね。武器がすぐにオーバーヒートする点に注意しつつ、切り換えながら戦うのもゲーム性のうちなのだけど、ここは好みが分かれるところかな。“M.A.D”のセットによって、武器の多彩なカスタマイズを行えるのはグッド。

週刊ファミ通1607号より

本間ウララ
ファミ通公式 Switch
8

これまでの『魂斗羅』シリーズの代名詞だった横スクロールが見下ろし視点になり、ランボー的なビジュアルもサイバーパンクな世界に一新。B級映画のユーモア漂う主人公たちは、装備する武器によるが、操作にかなりクセがある。ハクスラ要素も加わり、大きく様変わりした印象だけど、クルクル回転するジャンプなどにシリーズの伝統が感じられるね。オフラインでの協力プレイが可能なのはうれしい。

週刊ファミ通1607号より

ファミ通公式レビューアーイラスト:荒井清和

ファミ通公式のレビュー文、レビューアーイラスト(画像)等の無断転載・複製をお断りしています。

クロスレビュー

平均

8.0

ユーザー

スコア

;">
-
『魂斗羅』シリーズの完全新作。クリーチャーがはびこる絶望の世界で、ならず者となって欲望のままに銃器をぶっ放し、敵を倒しまくる。オンラインマルチプレイも可能。
発売日
2019年09月26日
価格
5000円 [税抜]
ジャンル
アクションシューティング
メーカー
KONAMI
詳細を見る

CONTRA ROGUE CORPSに関連

すべて見る

CONTRA ROGUE CORPSに関連

すべて見る
  1. 1
    漫画『ジョジョの奇妙な冒険 クレイジー・Dの悪霊的失恋』の第1話が公開中。ホル・ホースと東方仗助、ふたりのスタンド使いが邂逅するスピンオフ作品
  2. 2
    任天堂旧本社の社屋を利用したホテル“丸福樓”が4月に開業決定。本日(1/20)より宿泊予約を開始。既存棟は当時の建築様式や内装を活かした空間に
  3. 3
    【ウマ娘】サクラチヨノオーはサクラ軍団の悲願を達成したダービー馬だった。現役時代の活躍やゲームの元ネタを紹介
  4. 4
    『MOTHER』モデルの“G-SHOCK”が本日(1/20)11時より抽選販売開始。文字盤に『MOTHER』のロゴと“SMAAAASH!!”のドット文字がプリント
  5. 5
    『TERA』が4月20日をもってサービス終了。スク水アバターブームを牽引した(?)MMORPGが11年近い歴史に幕